見出し画像

古巣へのご挨拶を通じて感じた【人の縁】

おはようございます。

【起業準備中から起業5年目までの経営ドクター】
税理士の村田佑樹です。

==================

■今日は朝2時起きで仕事してます。

 極端なほどの朝型ですが(笑)、
 朝(というより夜中・・・)は
 
 (私の場合ではありますが、)
 
 頭もスッキリさえて、
 夜の仕事よりすごく効率的です。
 
 
■さて、私は独立開業してから
 3年を迎えたこともあり、


 昨日は、

 約4年ほど勤務先として
 お世話になった会計事務所に
 ご挨拶に行って参りました。

 今から思い起こせば、

 本当にスタッフのことを
 考えてくださっていた所長であり、

 スタッフとの関わり合いのバランスも
 勤務させていただいている身としては
 すごく心地良く、本当に絶妙だったな

 という感じがしています。


 そして、
 
 会計事務所の経営の方向としても、

 当時の最先端を行っていましたし、

 その最先端を追っていく
 経営者としての姿を
 見せていただいたことに、
 本当に感謝をしています。

■昨日は
 
 久しぶりに
 ご挨拶に伺ったのですが、

 所長はもちろんのこと、
 奥様もすごくお話がしやすく、

 (奥様がまた、いつも素で接して
 くださってすっごく大好きな方)

 当時勤務していた頃を思い出し、
 すごく心が温かくなりました。


 先にも述べさせていただいたように、

 その所長は、

 スタッフの勤務時間や仕事の負担
 のことをすごく考えて下さっていて、
  
 それと同時に
 
 【スタッフとの関わり方】
 
 もまた、
 しっかり考えていただいていたのだろうな

 と今になって思っているところ。

 そしてこのことは、

 人間関係において
 かなり重要であることのように
 思ってなりません。

■と言うのも、


 人はその考え方などは
 様々なものであり、

 こちらが良かれと思って
 やっていることであっても、

 相手にとっては迷惑なことであったり、

 また、

 こちら側が良かれと思って
 あえて関わらないように
 している部分であっても、

 相手の感覚としては、

 もう少ししっかりと
 コミュニケーションを取りたいのにな…

 なんていうこともあるかもしれません。

■これは


 経営者とスタッフの
 労使関係はもちろんのこと、

 経営者とお客様に対しても
 言えることなんですよね。


 結局のところ、

 お客様にも様々なタイプがあり、

 とある行為が
 好意的に受け取られるケースも
 あるでしょうし、

 また、

 同じ行為であっても、

 人によっては
 それを不快に感じることも
 あるかもしれません。

■要は


 そのようなことを、

 的確に、かつ、細やかに
 しっかりと分析していって、

 【相手の立場に立って考えて】

 きめ細やかに
 対応していかないといけないわけです。

■もちろん、

 (対お客様のこととしてお話すると、)
 その前段階として、

 自分自身をブランド化し、

 そのブランドに合った
 お客様に付いてきていただくことも
 大切であることでしょう。

 とは言え、

 そのブランドに付いてきてくださった
 お客様であっても、

 その想いや考え方は様々であるため、

 結局のところ、

 【そのお客様の立場に立って】

 しっかりと最適化する解を
 見つけないといけないわけです。

画像1

■昨日は
 
 以前お世話になった
 勤務先へご挨拶に伺わせていただき、

 そのようなことを思った次第。


 経営者は孤独な存在であり、

 私ももちろん経営者であるため、

 知らず知らずに
 多少なりとも孤独感を
 感じていたのでしょうね。

 以前の勤務先の
 所長と奥様にお会いすると、

 何とも言えない
 ほっこりした気持ちになり、

 まるで家に帰ってきたような
 感覚になりました。

 今回は、
 3年経っての節目のご挨拶で
 伺わせていただいたのですが、

 今後もしっかりと

 感謝の気持ちを
 持ち続けたいと思っていますし、

 またこのようなご挨拶に伺えればと
 勝手ながら思っているところです。

■人生において、


 【人の縁】

 ほど繋がりが強く、
 
 信頼し得るものはないように
 思ってなりません。

 しっかりと

 経営者として、
 また一人の人間として、

 そのような
 【人の縁】を
 大切に紡いでいきたいものですね。


-------------------- 


《本日の微粒子企業の心構え》

・人生においての
 すべての人間関係において、

 相手の立場に立って考え、
 その相手の想いや考え方を
 しっかりと汲み取り、

 その相手との
 最適な関係を構築すべし。


・たとえ自分自身のブランドに
 共感してくださったお客様であっても、
 その想いや考え方は様々であるため、

 しっかりと可能な限り
 一人ひとりの相手の立場に立って考えて、
 その最適解を模索すべし。


・結局のところ
 人生においての財産は
 【人とのご縁】である。

 その時々の人との出会いを大切にし、
 常に【相手の立場に立って考える】
 ことを習慣化し、
 人生を送っていきたいもの。

-------------------- 


今日も最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました。


これまで書いてきた記事は、
バックナンバーとして、
私の公式HPの【ブログ】に
アップしていますので、
よかったらご覧くださいませ。^^

https://muratax.com/blog/

起業準備中から起業5年目までの経営ドクター
税理士 村田佑樹

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!感謝✨(^^)/
2
福岡にて、税理士として税務顧問はもちろんのこと、主にスタートアップの個人事業主や法人の【税金や会計・起業の垂直立ち上げ】のコンサルティングをしています。