見出し画像

TONES Live 2022 秋シーズン

村治 奏一|Soichi MURAJI

クラシックギタリスト、村治奏一が東京の下町・蔵前のギャラリーで定期的に開催しているライブ「TONES Live」。この秋は9月18日(日)10月15日(土)に開催します。チケットはそれぞれ下記リンクからお申し込みいただけます。

TONES Live 9.18 Sun

TONES Live 10.15 Sat

TONES Live 秋 シーズンPASS

※シーズンPASSは9月と10月の両公演に
ご入場頂けるお得なチケットです

※チケットについてはページ後方で
詳しくお伝えします

TONES Liveとは?

クラシックギターは爪で直接弦を弾くため、とても多くの音色を生み出すことが出来る楽器です。コンサートホールで演奏する際はその音色を会場の空間や反響板が増幅してくれる一方で、クラシックギターのボディから生まれる楽器本来の繊細な響きはエコーの中に埋もれてしまう事が多々あります。

TONES Liveはギターそのものの音色を隅々まで届けることにフォーカスし、コンサートホールとは一味違うライブ体験をお客様にご提供するべくスタートしたプロジェクトです。

gallery kissaについて

会場のgallery kissaは蔵前で2012年から営まれているアートギャラリー。アメリカでポピュラーな絵本『ねこのピート』の作者ジェームズ・ディーンさんの原画が常設展示されているほか、企画展示絵本作りシルクスクリーンのワークショップなども定期的に開催される、とても居心地のいいギャラリーです。

kissaの看板猫・コニちゃん(♀)

僕がニューヨークの音楽院に留学していた頃、ダウンタウンのギャラリーを色々と散策ましたが、中でも面白かったのが、ごく普通のマンションの一室をギャラリーにリノベーションしたものです。

gallery kissaも同じくリノベーションした古ビルの4階にあります。ニューヨークのギャラリーとの違いは靴を脱いで入ること。友人の家に遊びに行く感覚でアートに触れることができ、ひとときの非日常を体験できます。

オリジナル曲の楽譜や色々なグッズもお手に取っていただけます

プログラムについて

TONES Liveは約60分のプログラムでお届けしています。9月18日の回と10月15日の回は演奏曲が一部異なります

9月は村治奏一の定番レパートリーの中から、バラエティ豊かな様々なジャンルの楽曲をピックアップしお楽しみいただくプログラム。10月はギターの名曲から映画音楽を経て最新の現代音楽に至るまで、過去60年ほどの国内ギターレパートリーの変遷を辿るプログラムを奏でます。

チケットについて

チケットは下記のリンクより、かんたんにご予約いただけます。お支払いは当日ギャラリーにて現金クレジットカードまたは電子マネーで承ります。

チケット代は各回税込み5,000円です。また9月と10月の2ライブにご入場いただける「シーズンPASS」もご用意しました。こちらは税込み9,000円です。個別にチケットをお求めいただくよりも1,000円お安くご購入いただけます。

TONES Live 9.18 Sun

TONES Live 10.15 Sat

TONES Live 秋 シーズンPASS

皆さまの暮らしの中に、ほんのひとときの間でもギターの音色が寄り添うことができれば、これ以上嬉しいことはありません。

gallery kissaでお目にかかれる日を、楽しみにしています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
村治 奏一|Soichi MURAJI
クラシックギターを弾いています|http://www.soichi-muraji.otohako.jp