見出し画像

若手必見【社会人】上司からの評価を上げる方法5選

こんにちは!現役外資コンサルのMUMUです。

■この記事の内容

「上司からの評価を上げたい!同期より頭一つ抜きん出たい!」
そんな悩みを解決します。
これから新社会人になる方、いま若手社会人の方は特に活用して、
同期に差を付けてください!

■この記事の信頼性

画像1

では早速、上司からの評価を上げる方法5選を紹介していきます。


1.「どうしたらいいですか?」と聞かない。

仕事をしていると、どう進めたらいいか分からないことって多々ありますよね。

✔ お客様にどう返信したらいいのか分からない…
✔ 上司から依頼された資料をどう作ったらいいのか分からない…

そんな時、ストレートに「どうしたらいいですか?」と上司に聞くのは避けましょう。
その代わり、「こうしたらいいと私は思うのですが…いかがでしょうか?認識合っていますかね…?」と聞きましょう。

間違っていても良いので自分で何かしらの仮説を立てましょう。

理由:
「どうしたらいいですか?と聞く」=「自分の頭で何も考えていない」
と上司に思われてしまうからです。

ちょっと意地悪な上司だと、「あなたはどう思う?」とか切り返してきます。私もよく言われました。

わからないときの聞き方

まずは自分なりに考えてみましょう。
情報が少ない場合は、先輩にこっそり聞く、自分で調べる等しましょう。
自分の考えを上司に伝えた上で、軌道修正してもらいましょう。

どうしても、本当にわからない時は、
「考えてはみたのですが、◯◯が要因でちょっと行き詰まってしまっています」
と、自分で試行錯誤した上での質問だと伝えましょう。


2.意欲を見せる

若手のうちは、とにかく「やる気があると思われること」が大事です。
というのも、若手は専門スキルもマネジメントスキルもありません。
あるのは「やる気」だけ。

できることは全部やりましょう。

やる気を見せる

「こいつは成長したいんだな」「自分の価値を高めたいんだな」
と思われたらOKです。
上司もどんどん教育しようとしてくれるでしょう。

サラリーマンであれば、若手のうちは、
ちょっと無理してでも「組織に合わせる」ことは大切です。
初期投資と思いましょう。。
※外資、日系共に重要だと思います。外資はドライな社風で変な気遣いは要らないと思いがちですが、結局日系から転職してきた人が大多数ですので。


3.上司のイライラポイントを把握する

上司も人間ですから、感情で動いています。
常に論理で動ける人はほぼいないと思って良いでしょう。
もちろん、上司をイライラさせない方が良いですよね。

イライラポイントは人によって異なります。
「この人はどういう時にイライラするのか?」を注意深く観察しましょう。それによって上司への接し方を決めましょう。

例:
・待たされるとイライラする人(せっかちなタイプ)
・午前中話しかけられるとイライラする人(一人で集中したいタイプ)
・資料に誤字脱字があるとイライラする人(細かいタイプ)

✓せっかちなタイプであれば、どんな要求にもすぐ対応できるように、相手の要求を予測して準備する。返答・返信は素早く簡潔にする。

✓一人で集中したいタイプであれば、質問するタイミングを見計らう(一息ついている時など)。

✓細かいタイプであれば、資料レビュー前に誤字脱字は徹底チェック。

など柔軟に行動を変えていきましょう。
営業先のお客様に対しても、同じ戦法が使えます!


4."I agree, but~"の論法で話す

ちょっと仕事に慣れてくると、上司からの指示に対して
「いや、私はこうした方が良いと思うんだけどなぁ」と反論したくなる時もありますよね。

そんな時、「違うと思います!」「だめじゃないですか?」
とストレートに言ったら、いくら論理的に正しい提案でも、
ムッとされますよね。

人間、感情で動いてますから、否定されたら嫌なものです。

"I agree, but~" つまり、
「おっしゃる通りですね。良いと思います。ちなみに、こんなやり方もどうですか?」
と相手を一旦受け入れた上で、自分の意見を言いましょう。

提案

相手の感情を逆撫でしないよう、言葉選びには注意しましょう!
不要な対立を避け、「評価UP」&「やりたい方向に持っていく」を両立してください!

これも、お客様に対しても同様に使えます。


5.(セコ技)理解できていることを敢えて質問する

これは評価UPだけに特化したセコいやり方です。笑

仕事に関することであれば何でも良いのですが、
自分が100%理解出来ていることを、敢えて質問しましょう。

完全に理解できているので、上司から解説してもらった時、
瞬時に「あ、つまりこういうことですね!」と切り返せます。

上司は、「こいつ理解が早いな!頭がいい。あとは、俺の説明の仕方が上手かったんだな!」と思うでしょう。

自分の理解力アピールと、上司の自己肯定感アップ
一石二鳥ができるのです。

※もちろん、理解済みであることを上司に知られては駄目ですので、
そこは気をつけてください!


いかがでしたでしょうか。
組織の中で突出した存在になるのは、簡単ではないです。

でも、ちょっとした工夫で攻略が楽になることがあります。

今後も、社会人生活の色々な場面で活用できるヒントを発信していきますね。ではまた次回^^
————————— ✂ —————————

■Twitterリンク
社会人としての必須ノウハウ、転職情報などを発信しています♪
https://twitter.com/MUMU_info
■終わりに
いつもnoteを見て下さり、ありがとうございます!!
見ていただけることが私のモチベーションの源泉です!
投稿、少しでも共感いただけましたら
スキとフォローしてもらえると幸いです(^^)
スキを押していただけましたら、
そのつながりを大切にし、ぜひあなたのページも拝見いたします☺
フォローもさせていただきます。
フォローバックも必ずいたします!
#就活 #面接 #ES #説明会 #エントリーシート
#仕事 #社会人 #経営 #大手 #ベンチャー
#大学生 #働き方 #企業 #起業 #インターン
#人生 #就職活動 #独立 #生き方 #自己管理
#ワークライフバランス #転職 #毎日更新
#職業 #働く #ビジネス #スキル #ビジネススキル #お金
#コンテンツ #コラム #毎日note #日記
#面接 #外資系 #外資コンサル #転職 #コンサルティング
#コンサル #成功 #成功法則 #哲学 #成功哲学
#面接対策 #キャリア
————————— ✂ —————————





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!今後も全力で役立つ記事を投稿していきます(^^)
20
転職情報、副業情報などを発信しています。 【経歴】上智大学▷新卒でリクルート ▷ベンチャー▷ベンチャー経営破綻▷外資コンサル勤務(現在)