柳澤大介@株式会社マイノリティCEO

B2Bスタートアップのグロース一筋20年。 データを駆使した戦略設計、誰もが仕組みで売れ続ける営業組織構築が得意です。 新規事業のPMFやグロースはお任せあれ! 起業⇦スマニュー⇦メルペイ⇦キーエンス子会社 https://www.minority.works/

柳澤大介@株式会社マイノリティCEO

B2Bスタートアップのグロース一筋20年。 データを駆使した戦略設計、誰もが仕組みで売れ続ける営業組織構築が得意です。 新規事業のPMFやグロースはお任せあれ! 起業⇦スマニュー⇦メルペイ⇦キーエンス子会社 https://www.minority.works/

    マガジン

    • B2Bビジネスの伸ばし方

      B2BスタートアップがPMF〜グロースするために必要なことをまとめていきます。 フォローすると新規コンテンツ追加時にお知らせが届きます。

    最近の記事

    売上責任を持ちコストセンターから進化を遂げる!カスタマーサクセスの設計方法

    今回はカスタマーサクセスについてnoteにまとめていきたいと思います。 私がカスタマーサクセスに携わった経験は、10年近く前に遡ります。 当時勤めていた会社のビジネスモデルが大きく変わり、主力商品が単発契約から年間契約を前提とした月額課金モデルに移行することになりました。 このビジネスモデルの進化により、営業組織も大きく変化を強いられる事となり、その過程の取り組みの一つとしてカスタマーサクセスがありました。 当時は「SaaS」という言葉はあまり耳馴染みがなく、「クラウ

    スキ
    13
      • 10社にアカウントロック!1年かけて大型受注に繋げるエンタープライズセールス成功の秘訣はKPI

        今回のnoteでは、B2B営業の最高峰とも言えるエンタープライズセールスについて解説したいと思います。 近年、多くのB2B SaaS企業でエンタープライズセールスの争奪戦が繰り広げられています。 背景としては、これまで中小企業への営業を軸に売上を伸ばしてきた企業が、更なる成長を目指す上で大手企業の開拓は欠かせないからです。 どれ位の売上インパクトがあるかというと、 例えば私の支援先ではエンタープライズセールスチーム(3名)の売上がSMBセールスチーム(13名)の売上の2

        スキ
        20
        • インサイドセールスが5名を超えた時にぶつかる壁と乗り越え方

          最近では、多くのB2B企業でインサイドセールス組織を持つことが当たり前になりました。 私はというと、2014年にインサイドセールスを立ち上げ、翌年には30人のメンバーをマネジメントしていました。 インサイドセールスの増員は事業を急成長させるドライバーであることを確信できたからこそ大胆な投資をしたのです。 そこで、今回のnoteでは「インサイドセールスが増えてきた頃にぶつかる壁と乗り越え方」について解説いたします。 インサイドセールスとテレアポの違い毎週のように営業組織

          スキ
          39
          • 【10億使ってわかった】B2Bマーケティングの最もROIの良い投資方法(後編)

            マーケティングネタ、ずっと続いてきましたがいよいよ最後です! 「B2Bマーケティングのリード獲得施策の費用対効果」について解説する後編の記事となります。 前編・中編のnoteは以下になります。 ROIの計測方法多額のマーケティング投資をして獲得したリードからどれくらい売上に繋がったのか、皆さんは正確に捉えられていますか? 残念ながら、多くの企業では正確に捉えられていません。 例えば、イベントに参加して200件リード獲得 ⇨ 初回アプローチで10件商談創出 ⇨ 2件(

            スキ
            32

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • B2Bビジネスの伸ばし方
            柳澤大介@株式会社マイノリティCEO

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【10億使ってわかった】B2Bマーケティングの最もROIの良い投資方法(中編)

            今回のnoteは、B2Bマーケティングの中でもリード獲得施策の費用対効果について解説する中編の記事となります。 前編のnoteは以下になります。 3日で2,000件のリードを獲得する方法「出来るだけ短い期間でまとまったリードを獲得したい」というご相談を、毎週のように頂いております。 取り扱い商材によって効果的な施策は異なりますが、どの会社でも再現性高く成果が出る施策、それは展示会です。 展示会であればたった3日間で2,000件以上のリード獲得も可能です。 B2B関連

            スキ
            33

            【10億使ってわかった】B2Bマーケティングの最もROIの良い投資方法(前編)

            今回のnoteでは、B2Bマーケティングの中でもリード獲得施策の費用対効果について解説したいと思います。 今回は前編について解説し、中編は次回のnoteへと続きます。 私とマーケティングの出会いおよそ10年前、私は営業からマーケティングに初めてのジョブチェンジをしました。 ジョブチェンジというと聞こえは良いですが、当時の上司だった営業部長と折り合いが悪く異動させられたのです(苦笑) 営業として順調なキャリアを歩んでいた矢先、役職も外されてマーケティング部門への異動という

            スキ
            65

            20名のメンバーを1人でマネジメント!データドリブンな営業組織のつくり方

            今回のnoteでは、直販にスポットを当てた営業組織の立ち上げ方について解説しようと思います。 私がメルペイの営業組織を立ち上げた時は、1人のマネージャーが最大で20名のメンバーをマネジメントしていました。 しかし、一般的には1人のマネージャーがマネジメントできる最大の人数は8名と言われています。 今回はどのようにして20名のマネジメントを私が実現していたのかを大公開します。 急拡大する営業組織の立ち上げ方私がメルペイの営業組織を立ち上げた時は、毎月15人ペースで営業が入

            スキ
            34

            直販営業と代理店営業どちらを選ぶ?失敗しない営業組織の立ち上げ方

            今回のnoteでは、B2Bビジネスで欠かせない営業組織の立ち上げ方にスポットを当てて行こうと思います。 私自身は法人営業として、SMB〜Enterpriseの経験を10年積みました。そして後半10年はマネジメントや営業組織の立ち上げに携わっています。 私の経歴は以下のnoteにまとめているのでご参照下さい。 そして最近、B2Bスタートアップを中心に、自社プロダクトを直販すべきか代理店に売ってもらうべきかご相談頂くことが増えています。 私はどちらの経験もしてきたのですが、

            スキ
            37

            徹底的な競合調査と二番手戦略が要!スタートアップが大手に勝つための戦略とは

            今回のnoteでは、B2Bスタートアップがどのような戦略を描くと最速でPMFを実現できるのかをご紹介させて頂きます。 改めまして、株式会社マイノリティの代表の柳澤と申します。 私の簡単な経歴といたしましては、 大学卒業 → 株式会社イプロス → 株式会社メルペイ → スマートニュース株式会社 → 株式会社マイノリティという流れで、 20年もの間、新規事業の立ち上げ〜グロースにどっぷり使ってきました。 イプロスは会員数140万人、メルペイは売上63.9億に成長! かって

            スキ
            68

            Teams、Zoom、GoogleMeet、ベルフェイス、商談や会議にはどれが最適なのか解説

            リモートワークが普及し、既にTeamsやZoom、GoogleMeet、ベルフェイスといったツールを活用している企業は多いでしょう。最近では一社で複数ツールを利用する企業も増えています。 そこで本記事では、Teams、Zoom、GoogleMeet、ベルフェイスの特徴について徹底解説しました。 本記事を読むことであなたに必要なツールがどれなのか、今まで知らなかった利便性などを知る事ができます。 特に後半の記事は既にオンライン商談を行っておりメンバーの営業スキルを向上させ

            スキ
            39

            「元・大企業×異業種のセールス責任者が振り返る成功体験と高かった壁」参加レビュー

            今年初のオンラインイベントに参加しましたので、忘備録的にまとめてみようと思います。 私も登壇者と似たようなキャリアを歩んできたこともあり、大企業からスタートアップに転職した方々がどんな困難を乗り越えてきたのかにとても興味がありました。 また複数のスタートアップのご支援をする中で、ぶつかる壁って結構似てると思うことがあるんですよね。 今回どんなお話しが聞けるのか楽しみです! 二人の登壇者のキャリアについて株式会社クアンド 事業部長 梅田絢子さん 最近、元ワークスアプリケ

            スキ
            42

            【2022年版】ビジネスチャット市場規模と最新レビュー

            近年在宅ワークやテレワークが普及した影響で、様々なビジネスチャットを多くの企業やフリーランスの方が利用されています。 私は取引先と連絡を取る際、最初はメールやFacebook Messengerで行うことが多いのですが、連絡の頻度が増えてくるとお客様の環境に合わせて様々なビジネスチャットを利用しています。 そこで、今回はユーザー視点でよく使われているビジネスチャットの操作性や利便性を勝手にレビューしたいと思います。 ビジネスチャットの市場規模国内の潜在市場規模は6,45

            スキ
            24

            チームで大量のタスクをこなすのに最適なタスク管理SaaSレビュー

            弊社では毎月20社程のB2B企業のグロース支援をしているのですが、実務もこなすためタスクが膨大になります。 そこで今回は、そんな膨大なタスクをチームで遅延なく管理していくためのタスク管理SaaSを勝手にレビューしたいと思います。 どんなタスク管理ツールがあるの?タスク管理を行うのにあたって、直近半年で利用したツールは以下の4つです。 Slack Googleスプレッドシート Trello(トレロ) Backlog(バックログ) 早速、解説してみよう! 1.Sla

            スキ
            32

            アラフォー起業家が会社設立した時にやってよかったこと

            コロナ禍でリモートワークが追い風となり、私の周りでもこれから起業する人が増えています。 今回はそんな方々に向けて、私が会社設立した時に失敗したこと・やって良かったことの経験が少しでもお役に立てればと思い、まとめることにしました。 1.会社設立ってどうやるの?まず最初に躓くのが会社設立です。 ググるとたくさんの情報が出てくるわけですが、freeeのコンテンツマーケの秀逸さに感心します。私はfreee会社設立を使いました。 なんと、利用料無料で登記書類が作れます。 そしてfr

            スキ
            78

            BtoB企業がこれからマーケティングに取り組む時に知っておくと役立つナレッジ

            私はこれまで20年ほどBtoBの営業やマーケティングに携わってきました。 在籍した会社での営業先は飲食やIT、製造業など広範囲に渡り、長年営業やマーケティングに携わってきた中で改めて気づいたことがあります。 それは製造業を中心とした多くの中小企業では、未だに10年以上も同じやり方で営業活動を行っているということです。 そして2020年から世界中で感染拡大したコロナの影響を受け、今までのやり方から脱却できずに苦戦しています。 私はキーエンス子会社在籍時、およそ1,800社の

            スキ
            69

            自分を磨く働き方

            社会人になってから有難いことに出会う人にも恵まれ、当時の自分では想像できないような経験もしてきた。 今年は40歳になるということもあり、働き方そのものを大きく見直し、挑戦する年にしようと考えている。 かって大前研一氏は「人間が変わる方法は三つしかない」と語った。 1.時間配分を変える 2.付き合う人を変える 3.住む場所を変える もっとも無意味なのは「決意を新たにする」ことだそうだ。 私は時間配分を変え、付き合う人を変える選択をしようと思う。 そんな中、数年ぶりに読み

            スキ
            34