ロジェ・カイヨワから学ぶ自然と美学

曇り空を見上げると、ゆっくりと雲が流れていって、ちっぽけな自分の悩みなんてどうでもよくなってきます。

そんなわけで今回は、自然とその美しさについて少し考えてみます!

Roger Caillois

カイヨワはフランスの文芸批評家、社会学者、哲学者で、神話、戦争、遊び、夢など、多岐にわたる研究・著作をしました。

カイヨワがヨハン・ホイジンガ著『ホモ・ルーデンス』に影響を受けて書いた『遊びと人間』では、遊びの本質を追求しています。

ホモルーデンス (homo ludens) - 〔遊戯人の意〕 オランダの歴史学者ホイジンガの用語。遊戯が人間活動の本質であり,文化を生み出す根源だとする人間観。遊戯は生活維持を求める生物学的活動を超え、生活に意味を与えるものであると主張される[5]。
(Wikipedia、ヨハン・ホイジンガのページから抜粋)

カイヨワの著作の中では有名らしい! ちょっと難しそうだから読むの大変そうだけど、内容は面白そう…!

↓ある方が内容を要約して感想を書いているサイトです、ネタバレ注意!



『自然と美学(Esthétique généralisée)』

この本は『遊びと人間』の4年後に書かれました。

あなたは自然の情景を見て美しいと思ったことはありますか??

私は、夕焼け空を見るといつも神聖なイメージが湧いてきます。

この本では、「われわれ人間も、自然(の一部)である」

というテーマを示してくれています。


ところで、芸術作品や芸術活動には形(式)がありますが、自然は決まった形を持っていません。
芸術としての形式は例えば、オペラや歌舞伎などの動きの型や、音楽で言う曲の形式のことです。

ですが、自然の情景は時として、私たちになんとも言いがたい感動感を与えてくれます。

それはつまり、自然美が美的な感受性の根源としてあることで、形がなくても、美しいと感じることができる、ということをカイヨワは語っています。




そして私たちは、自然の大きさや美しさ、崇高さを感じることで自分の存在の小ささに気付くと同時に、「大いなる自然に包まれているという安心感」を得ることができるのです。


それでは、またお会いしましょう*°

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます♪
2
大学生。専攻は声楽。歌と読書と芸術鑑賞が趣味。基本的には好きなことを書いてアウトプットの練習してます。 将来的には歌だけでなく言葉で人の心を動かしたい!

コメント2件

おもしろいですね。またすごいところ勉強してますね。すごい!。読んでいて、ふと「梁塵秘抄」の<遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけん 遊ぶ子供の声聞けば わが身さへこそゆるがるれ>を思い出しました。根っこのところでは同じ感慨なのでしょうか。洋の東西問わず「遊び」には、人間の本質に迫る部分があると考えられていたのかもしれないですね。
West side Nod さん、こんばんは!
いえいえ、大学の講義の延長線上なので、大したことないです汗
「りょうじんひしょう」と読むんですね! いつか大河ドラマでその歌を歌っていたのを思い出しました!(何だったかは忘れてしまいました笑)
いつも新たな気づきのあるコメントをありがとうございます♪
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。