新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

リモートワークするなら自家焙煎コーヒーを飲もう

私のチームは今日からフルリモートになったのですが、みなさんはいかがでしょうか。

こんなニュースが話題になりましたが、私の周りは職種的に移行しやすいこともあり比較的リモートワークになっている方が多い印象です。

企業によっては自宅で環境を整えるために準備費用を渡したりして、みなさん椅子・ディスプレイ・ライト(超ごく一部は立て続けにマイク買ってましたね)など生産性を落とさないために様々な工夫をされています。

ちなみに私の環境はこんな感じでいたって普通です、特に買い足したものもないです。

画像1

色んな方の体験談を見てて椅子にこだわれ~、ディスプレイは~とたくさん書かれていますが、飲み物について書いている人がいませんでした。ということで私はリモートワークのお供コーヒーについて書きます。

ういた時間の10分の1、コーヒー豆を煎りませんか

仕事中の飲み物はコーヒーという方は多いと思います、どんなコーヒー飲んでますか?インスタント、レギュラー、カプセルタイプ、紙パックタイプ、いろんなコーヒーが売られています。その中になぜか名前があがらない自家焙煎コーヒー。

安くて美味しいのに名前があがらない。

単純に敷居が高いんだろうなと思います、というか私も思ってました。なんかコーヒーめっちゃ好きな人が行き着く境地みたいな。

↓みたいなのが必要なイメージ、でもこんなの必要ないです。(本気でこだわる人は必要)

時間も手間もかかりそうなイメージ持たれている方もいると思いますが、必要な時間は30分程度です。

通勤時間を仮に往復1時間30分としたら週に7時間以上うくわけです、その浮いた時間で本を読むのも良いのですが、30分だけコーヒー豆を煎る、美味しいコーヒーでリフレッシュして仕事が捗る。うん、控えめに言って最高だ。

初期投資も私が揃えた道具だと5千円くらい、ディスプレイの半額くらい、安い椅子だって買えない、アーロンチェアの左手の肘置きも買えない。(別売りしているかは不明)

では30分と5千円で美味しいコーヒーを自宅で飲み続けるにはどうするかです。

自家焙煎に必要なもの

画像2

生豆、これがないと始まりません。Amazonで1kg入って1,200円~1,800円くらいで買えます。今飲んでるのはグァテマラ産ですが、私はコロンビア産のほうが好みでした。

画像3

豆煎器。フライパンでもできるらしいですが、テフロン加工剥がれて1枚ダメにしますし、焙煎中に絶対に豆をこぼすから、フライパン1枚買ったと思ってこれを買うのが良いです。


画像4

コーヒーミル。写真のはニトリで買いましたがECに掲載ありませんでした。たしか1,800円くらいでした。カップが取り外せなくて周りが汚れがちなので↓を買おうか思案中。

あとはコーヒーメーカーが必要ですが、自家焙煎コーヒーにピンと来る方だったら家にあるでしょうから省きます。

ということで5,000円(+コーヒーメーカー)あれば始められます。

自家焙煎のやり方

※この記事は「手軽にやる」をテーマに書いているのでガチ勢の方からすると甘々な部分が多分にあると思いますがご容赦くださいませ。

画像5

まず生豆を豆煎器に敷き詰めます。110g~120g程度でちょうど良いです。

画像6

虫食いの豆や傷んでいる豆を取り除きます。

画像7

いよいよ焙煎を始めますが火加減は中火くらい、何回かやると自分好みの味が出る火加減がつかめます。

画像8

あとはひたすら均一に火が通るように、ふる!ふる!ふる!右腕が痛くなったら左腕で、ふる!ふる!ふる!ずっと座ってて運動不足だって言ってるなら、ふる!ふる!ふる!※撮影のためコンロの上に置いていますが置くと真ん中だけ焦げるので置かずにふってください。

画像9

5分くらいふり続けると少し色がついてきます。

画像10

8分~10分くらいでコーヒーっぽい色になってきます。このへんでパチッって弾ける音が聞こえてきます、酸味強いのが好きな方はこのあたりで止めるのも有りです。(ピンぼけすみません)

画像11

15分くらいでよく見る色になります。この色になるとパチパチッって音に変わります。私はパチパチッって聞こえてから1分くらい焙煎した味が好みだとわかりました。

画像12

焙煎が終わったあとに放置しておくと、豆の予熱で焙煎が進んでしまうので扇風機やドライヤー、涼しい日なら外に出して冷やします。冷やして適当な容器に入れたらおしまい。焙煎後3日くらいたったものが好みですが、日が経つごとに味が変わっていくので、その変化を楽しむのも良いです。

画像13

最後に。。。

豆煎器をふっているとチャフというコーヒー豆の皮が落ちてコンロが汚れますので掃除しましょう。忘れると大変なことになる家庭が多いと思うので。

あと美味しいからって飲みすぎは注意してくださいね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございますm(_ _)m
3