株式会社マネジメントサービスセンター(MSC) ストラテジック&マーケティング部 公式note

1966年に誕生したMSC。女性社員教育訓練養成講座の展開から始まり、1972年には米国の人材アセスメント手法を国内に取り入れ発展させてきました。上場企業を中心に述べ100万人を超えるリーダーの育成支援の実績がございます。https://www.msc-net.co.jp/

株式会社マネジメントサービスセンター(MSC) ストラテジック&マーケティング部 公式note

1966年に誕生したMSC。女性社員教育訓練養成講座の展開から始まり、1972年には米国の人材アセスメント手法を国内に取り入れ発展させてきました。上場企業を中心に述べ100万人を超えるリーダーの育成支援の実績がございます。https://www.msc-net.co.jp/

マガジン

  • MSCアセスメントソリューションのご紹介

    こちらのマガジンはマネジメントサービスセンター(MSC)のプログラムサービスガイドになります。本サービスガイドは組織の成⻑の原動力となる人材の能力開発上のさまざまな課題にお応えするために、MSC/DDIのソリューションサービスを紹介するガイドです。マネジメントサービスセンター(MSC)は即戦力になるリーダーの供給体制を確実に整え、ビジネス目標の達成をご支援いたします。

  • MSC/DDIのソリューションガイド

    本ガイドは、組織の成⻑の原動⼒となる⼈材の能⼒開発上のさまざまな課題にお応えするために、MSC/DDI のサービスを紹介するガイドです。 株式会社 マネジメント サービス センター(MSC)は、弊社のパートナー企業である DDI (Development Dimensions International, Inc.)とともに 50 年以上にわたり、リーダーシップ開発の先駆者として、あらゆ る業種、業界におけるリーディング・カンパニーのエグゼクティブやリーダーの能力開発、選抜と能力診断 に変革をもたらす支援をしています。 MSC/DDI では、一般社員から経営層まで全階層に対し、以下の 5 つの領域を網羅したサービスを提供して います。 ・ サクセス・プロフィール管理 ・ 選抜と能力診断 ・ リーダーシップ開発/人材育成 ・ サクセッション・マネジメント ・ パフォーマンス・マネジメント

  • DDIソリューションのご紹介

    DDIは、世界最大手の革新的なリーダーシップ・コンサルティング企業です。1970年の設立以来、この分野の先駆者として、リーダーのアセスメントや能力開発を専門としてきました。顧客の多くは、『フォーチュン500』に名を連ねる世界有数の多国籍企業や、『働きがいのある会社ベスト100』に選ばれている世界の優良企業です。 DDIでは、組織全体におよぶリーダーの採用、昇進昇格、能力開発手法に変革をもたらす支援をすることで、すべての階層において事業戦略を理解し、実行し、困難な課題に対処できるリーダーの輩出に貢献しています。 DDIのサービスは、現地事務所や提携先を通じて、多言語で93カ国に提供されています。また、同社の研究開発投資は業界平均の2倍であり、長年にわたる実績と科学的根拠に基づいた最新の手法を駆使して、組織の課題を解決しています

  • MSCの人材アセスメントお役立ち資料ダウンロードコーナー

    こちらのマガジンはマネジメントサービスセンター(MSC)の資料ダウンロードコーナーです。MSCは人材アセスメント分野において、あらゆるアセスメントソリューションを提供させていただきます。忙しいビジネスパーソンを支援するために、アセスメント調査レポートを集約しました。アセスメントレポートや調査データなどを活用することで、人材育成の課題解決にもつながると思っております、より効果的・効率的にソリューション提案をさせていただきます。

  • マネジメントサービスセンターMSCの人材アセスメントコラム

    こちらのマガジンはマネジメントサービスセンター(MSC)の人材アセスメントに関するコラムになります。MSCが様々な人材アセスメントソリューションサービス、リーダーシップ開発・アセスメント運営に関する秘訣、ノウハウ、経験談など、多く経営層・人事のお役に立てる有益な情報を皆さまにご提供いたします。ぜひ、ご覧ください!

MSCアセスメントソリューションのご紹介

こちらのマガジンはマネジメントサービスセンター(MSC)のプログラムサービスガイドになります。本サービスガイドは組織の成⻑の原動力となる人材の能力開発上のさまざまな課題にお応えするために、MSC/DDIのソリューションサービスを紹介するガイドです。マネジメントサービスセンター(MSC)は即戦力になるリーダーの供給体制を確実に整え、ビジネス目標の達成をご支援いたします。

すべて見る

【漫画研修】認知科学とマンガを活用した研修教材~insight-R4®

1.概要MSCのビジュアルメソッド insight-R4®(インサイト アールフォー)は、マンガと認知科学の考え方を融合させた研修教材です。一般的なマンガ教材によくある情報の『解説』や、読むことで知識を『取得』するような教材とは一線を画しています。 受講者を物語の中に引き込み、登場人物として問題の発見や解決に取り組むことで、課題解決のための知恵の定着化を図ります。How toではなく、知識や経験値を活用し、自分で解を見つけ出すプログラムです。 2.このようなお悩み・課題に

スキ
2

経験学習OJE®(オー・ジェー・イー)~仕事経験を軸に、職場で効果的に将来のリーダー人材を育成する

1.概要MSCが提供するOJE®トレーニングシリーズは、メンバーへの意図的な経験付与と内省支援に力点を置いた経験学習モデルに基づく人材育成プログラムです。OJE®は学習の質を高め、職場での人材育成を促進します。 2. このようなお悩み・課題に直面していませんか?3.経験学習OJE®ソリューションについてMSCのOJE®トレーニングは、Kolb(1984)の経験学習モデルをベースに、「人は仕事経験によって育つ」との考えのもと、管理職とメンバーが「仕事経験」を意図的に活用し、育

スキ
1

リーダーの創造力を引き出すアプローチソリューション

1.リーダーに創造力が求められる背景VUCAの時代、リーダーは過去の前例や経験に基づく意思決定だけでは立ち行かない VUCAとは、Volatility(変動性・不安定さ)、Uncertainty(不確実性・不確定さ)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性・不明確さ)という4つの頭文字から取った言葉で、現代のビジネスや経営環境を取り巻く状況を表現するキーワードとして広く使われている。一歩先も見えないビジネス環境の中では、過去の成功体験や前例など、定石通り

MSCコンサルティングサービス事例集

環境が変化する中での事業戦略の変更や人事制度の改定を背景にして、事業戦略と人事戦略との整合の必要性が高まりつつあります。そのためには、事業上の将来のゴールや計画に合わせた人事・人材開発を考案することが重要です。 事業上の取り組むべき課題は組織によって違いますが、マネジメントサービスセンター(MSC)では、事業戦略上の優先課題を合議によって特定し、事業を促進するビジネス・ドライバーを明確にします。それにより、それぞれの階層で必要な人材要件(サクセス・プロフィール)を洗い出し、

スキ
1

MSC/DDIのソリューションガイド

本ガイドは、組織の成⻑の原動⼒となる⼈材の能⼒開発上のさまざまな課題にお応えするために、MSC/DDI のサービスを紹介するガイドです。 株式会社 マネジメント サービス センター(MSC)は、弊社のパートナー企業である DDI (Development Dimensions International, Inc.)とともに 50 年以上にわたり、リーダーシップ開発の先駆者として、あらゆ る業種、業界におけるリーディング・カンパニーのエグゼクティブやリーダーの能力開発、選抜と能力診断 に変革をもたらす支援をしています。 MSC/DDI では、一般社員から経営層まで全階層に対し、以下の 5 つの領域を網羅したサービスを提供して います。 ・ サクセス・プロフィール管理 ・ 選抜と能力診断 ・ リーダーシップ開発/人材育成 ・ サクセッション・マネジメント ・ パフォーマンス・マネジメント

すべて見る

【漫画研修】認知科学とマンガを活用した研修教材~insight-R4®

1.概要MSCのビジュアルメソッド insight-R4®(インサイト アールフォー)は、マンガと認知科学の考え方を融合させた研修教材です。一般的なマンガ教材によくある情報の『解説』や、読むことで知識を『取得』するような教材とは一線を画しています。 受講者を物語の中に引き込み、登場人物として問題の発見や解決に取り組むことで、課題解決のための知恵の定着化を図ります。How toではなく、知識や経験値を活用し、自分で解を見つけ出すプログラムです。 2.このようなお悩み・課題に

スキ
2

経験学習OJE®(オー・ジェー・イー)~仕事経験を軸に、職場で効果的に将来のリーダー人材を育成する

1.概要MSCが提供するOJE®トレーニングシリーズは、メンバーへの意図的な経験付与と内省支援に力点を置いた経験学習モデルに基づく人材育成プログラムです。OJE®は学習の質を高め、職場での人材育成を促進します。 2. このようなお悩み・課題に直面していませんか?3.経験学習OJE®ソリューションについてMSCのOJE®トレーニングは、Kolb(1984)の経験学習モデルをベースに、「人は仕事経験によって育つ」との考えのもと、管理職とメンバーが「仕事経験」を意図的に活用し、育

スキ
1

後継者育成(サクセッション・マネジメント)~次世代リーダーの早期育成

1.概要将来の見通しも困難な昨今のビジネス環境において、自社のビジネスを率いる即戦力になるリーダーが不足しています。 適切なサクセッション・プランニングとマネジメント戦略を行うためのエネルギーを注ぐことにより、組織は即戦力になる次世代リーダーの育成を加速させることが可能となります。 MSC/DDIは、リーダー人材の需要を予測し、重要なデータを収集し、自社のビジネスに必要となるスキル構築を推進し、競争優位性を高めるためのサクセッション・マネジメントの実現に向けた支援をします

スキ
2

ファシリテータ認定プロセス ワークショップ

1.概要クラスルーム形式によるトレーニングの実施は以前よりも難しくなってきています。参加者が多忙を極め、トレーニングに専念しづらくなっているうえに、トレーニングに投じた時間の見返りとして、より大きな成果が求められるようになっています。 今日におけるファシリテータには、信頼性の高い環境を構築し、それを維持するスキルを身に付け、参加者がトレーニングで新たなスキルを実践するだけに限らず、実際の職場で適用できるように支援することが求められます。 有能なファシリテータは、社員が組織

DDIソリューションのご紹介

DDIは、世界最大手の革新的なリーダーシップ・コンサルティング企業です。1970年の設立以来、この分野の先駆者として、リーダーのアセスメントや能力開発を専門としてきました。顧客の多くは、『フォーチュン500』に名を連ねる世界有数の多国籍企業や、『働きがいのある会社ベスト100』に選ばれている世界の優良企業です。 DDIでは、組織全体におよぶリーダーの採用、昇進昇格、能力開発手法に変革をもたらす支援をすることで、すべての階層において事業戦略を理解し、実行し、困難な課題に対処できるリーダーの輩出に貢献しています。 DDIのサービスは、現地事務所や提携先を通じて、多言語で93カ国に提供されています。また、同社の研究開発投資は業界平均の2倍であり、長年にわたる実績と科学的根拠に基づいた最新の手法を駆使して、組織の課題を解決しています

すべて見る

後継者育成(サクセッション・マネジメント)~次世代リーダーの早期育成

1.概要将来の見通しも困難な昨今のビジネス環境において、自社のビジネスを率いる即戦力になるリーダーが不足しています。 適切なサクセッション・プランニングとマネジメント戦略を行うためのエネルギーを注ぐことにより、組織は即戦力になる次世代リーダーの育成を加速させることが可能となります。 MSC/DDIは、リーダー人材の需要を予測し、重要なデータを収集し、自社のビジネスに必要となるスキル構築を推進し、競争優位性を高めるためのサクセッション・マネジメントの実現に向けた支援をします

スキ
2

ファシリテータ認定プロセス ワークショップ

1.概要クラスルーム形式によるトレーニングの実施は以前よりも難しくなってきています。参加者が多忙を極め、トレーニングに専念しづらくなっているうえに、トレーニングに投じた時間の見返りとして、より大きな成果が求められるようになっています。 今日におけるファシリテータには、信頼性の高い環境を構築し、それを維持するスキルを身に付け、参加者がトレーニングで新たなスキルを実践するだけに限らず、実際の職場で適用できるように支援することが求められます。 有能なファシリテータは、社員が組織

【リーダーの能力開発】リーダーシップ強化マネジメント~卓越した成果を上げる変革リーダー~Interaction Management®: Exceptional Leaders... Extraordinary Results (IM: EX)

1.ソリューショの概要組織の中で戦略を実行しているのはどこでしょうか?経営幹部の策定した戦略を実際に動かしているのは誰でしょうか?それは刻々と変化するビジネスの現場でメンバーを率い、業績の推進に最も貢献しているリーダーです。 IM: EXシリーズは、今日の複雑で予測不能なビジネス環境において成功する、卓越したリーダーを育成することを目的に、DDI社の45年以上の経験と、世界中のあらゆる業種約5,000社の優秀なリーダー約300万人を対象とした調査結果を基に開発されました。

スキ
2

初級・中級管理職向けリーダーシップ開発プログラInteraction Management ®

1.実証されたリーダーシップ開発プログラム行動モデリングと演習を通じて、重要な対人スキルとリーダーシップ・スキルを構築することを目的に設計されたリーダーシップ開発プログラム「インタアクション・マネジメント」(IM)は、世界各国の 1,000万人以上のリー ダーに活用され、ビジネス成果に貢献してきました。 45年以上にわたる研究結果をまとめた新たな調査により、IMが組織に次のような良い影響を与えることが立証されました。 2.卓越したリーダーの育成受賞歴のあるコンピテンシーに基

スキ
1

MSCの人材アセスメントお役立ち資料ダウンロードコーナー

こちらのマガジンはマネジメントサービスセンター(MSC)の資料ダウンロードコーナーです。MSCは人材アセスメント分野において、あらゆるアセスメントソリューションを提供させていただきます。忙しいビジネスパーソンを支援するために、アセスメント調査レポートを集約しました。アセスメントレポートや調査データなどを活用することで、人材育成の課題解決にもつながると思っております、より効果的・効率的にソリューション提案をさせていただきます。

すべて見る

リーダーシップ・コンピテンシーとスキルとの違いを理解する

1.従業員に求められるスキルと現状の能力とのギャップに対する課題今日、人事関係者の間でスキル(コンピテンシーではなく、後ほど紹介するスキル)に関する議論がなされているのをよく耳にします。アップスキル(スキル向上を目指すこと)やリスキル(新しい能力や技術を習得すること)、将来的スキルの重要性、そして、従業員に求められるスキルと現状の能力とのギャップに対する切迫感などについてです。 実際に、多くの調査によると、あらゆるリーダーにとって無視することのできない差し迫った重要な課題で

スキ
1

ビジネス激変時代、経営戦略と採用戦略をいかに合致させるか~ビジネスを成功に導くビジネス・ドライバーとコンピテンシーを特定する~

今、ビジネスを取り巻く環境が大きく変化している。先行きの不透明さがますます強まり、企業にはこれからの時代に適した経営戦略と人材戦略の見直しが求められている。特に採用面では、経営戦略を実現できる人材ターゲットを再定義し、そうした人材の採用戦略も見直すことが急務である。 今回、企業の人材アセスメント・人材育成などに多くの知見を持つ株式会社マネジメントサービスセンター取締役 福田 俊夫氏、シニアコンサルタント宮島 寛之氏にインタビューを実施。ビジネス環境の変化が採用にどのような影

「大退職時代」に求められる先見型人事の役割~優れたリーダーシップ戦略を導き出す手法とは?

■概要世の中は不安定かつ先の見通しが立てにくい状況となり“大退職時代”という言葉も聞こえてくるほど、離職者は増加しています。 ▼記事のダウンロードはこちら! そうしたなか、人事は従業員が魅力を感じる組織文化の創出を求められながら現実は目の前の対応に精一杯で、人事戦略まで手が回らない現状があります。 変化に対応しながらも将来を見据え、優れたリーダーシップ戦略を策定するには、何が必要なのでしょうか。 ▼注目トピックス①、②のチラ見はこちら! 今回は世界規模のリーダー調査

スキ
1

これからの能力開発をどのようにデザインするか

1.はじめにコロナ禍の現在、組織で働く私たちは、自分自身の能力開発にどのように向き合っていけばよいのでしょうか。本稿は、そのような問題意識の下、多様な職場で働いておられる一人ひとりのビジネスパーソンの存在を念頭に置いて書き進めていきます。 「人間が適応できる唯一の方法は生涯を通じて学び続け、繰り返し自己改革することだ」。 『サピエンス全史』1)や『ホモ・デウス』2)などの著者で、イスラエルの歴史学者であるユヴァル・ノア・ハラリは上述のように主張 3)しています。 「学問

マネジメントサービスセンターMSCの人材アセスメントコラム

こちらのマガジンはマネジメントサービスセンター(MSC)の人材アセスメントに関するコラムになります。MSCが様々な人材アセスメントソリューションサービス、リーダーシップ開発・アセスメント運営に関する秘訣、ノウハウ、経験談など、多く経営層・人事のお役に立てる有益な情報を皆さまにご提供いたします。ぜひ、ご覧ください!

すべて見る

専門家の言葉から読み解く、ピープルアナリティクス導入と実践のヒント

企業内に蓄積された人材と組織に関する情報を詳細に分析し、戦略的な人事・経営の意思決定や業務効率化などに活かそうとする取り組み、「ピープルアナリティクス」。高度な人材マネジメントに有用なものとして、近年注目を集めている手法だ。が、なかなか導入が進んでいないのが現状である。そこで今回は、HRテクノロジー研究の第一人者である慶應義塾大学大学院経営管理研究科 特任教授の岩本隆氏に、ピープルアナリティクス導入の障壁となりうる問題、先進企業の活用事例、推進に向けたアドバイスなどをお聞きし

組織力強化の新たな礎「ウェルビーイング」とは

働き方改革の取り組みが進む中、従業員の「健康」が生産性や企業価値に影響を与えるという認識が浸透しつつある。その中で最近注目を集めている概念が、「ウェルビーイング」だ。身体的・精神的・社会的に満たされた状態であることを示す「ウェルビーイング」は、なぜ企業経営において重視されているのだろうか。また、人事は従業員の「ウェルビーイング」のためにどのような意識を持ち、何をすべきか。具体的な事例を交えながら解説していく。 1.「ウェルビーイング(well-being)」とは何か企業にと

スキ
1

人事マネジメントの過去、現在、未来 ~日本の人事コンサルタントの草分け

梅島みよ氏は、日本の人事コンサルタントの草分け的存在として戦後の日本企業の人材開発を常にリードし、米国の科学的アセスメント技法を日本に初めて導入し、普及させた女性経営者です。90代にして今なお現役で、株式会社マネジメント サービス センターの相談役として活躍される一方で、講演、執筆活動も行っています。本セッションでは、その梅島氏に、日本の人事マネジメントの過去と現在、そして、未来の人事マネジメントのあり方についてお話しいただきました。 1.戦後、米軍で管理者訓練トレーナーに

スキ
6

人材アセスメント研修用語集(MSC/DDI)

1.人材アセスメント「ヒューマン・アセスメント(HA)」用語の由来今日ではヒューマン・アセスメントの名称は、現代語辞典に収録されるほど人びとに広く知られている。創始者のプレイ博士は、アセスメント・センター・メソッドと呼んでいたが、日本に導入・紹介する際に、内容をより理解しやすくするため、MSCではではヒューマン・アセスメント(HA)と呼ぶことにした。 当時アセスメントといえば、テクノロジー・アセスメントが新聞紙上をにぎ わしており、混同を避け人的資源の活用を目的とすることを

スキ
1