マガジンのカバー画像

マネジメントサービスセンター(MSC)会社&イベントのご紹介

12
マネジメントサービスセンター(MSC)は企業の持続的な成長を目的としたリーダーシップ開発を専門とし、大手企業に対する人材アセスメントやトレーニングで豊富な実績とノウハウを持つ。長… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

組織の明暗を分ける後継者選抜~サクセッション・マネジメントの成功率を高める支援をします。

経営幹部の登用は組織が行う最もリスクの高い意思決定です。 しかし、2021年に発表された 「グローバル・リーダーシップ・フォーキャスト調査」によると、社内から登用された経営幹部の35% が期待を満たしていないことが明らかになっています。 経営人材の選抜では、 失敗したときの損失が膨大です。株式会社マネジメントサービスセンターが提供するエグゼクティブ・アセスメントでは、責任範囲が広く、複雑さが増す役割での成功の可能性を綿密に診断することができます。 私たちは、50年以上の

リテンション人材の早期発見と育成の加速化を支援いたします。(日本人材ニュースより)

2021年に発表されたグローバル・リーダーシップ・フォーキャスト調査*では人事の喫緊の課題として「優秀な人材をいかに引き留めるか」が上位となりました。​ ​私たちには、優秀な若手リーダー、およびそのポテンシャルを持つ人材(=リテンション人材)をいかに迅速かつ的確に発掘し、定着させるかがますます問われています。​ ​マネジメントサービスセンター(MSC)は、1966年の設立以来、お客さまのビジネス状況とその変化、およびそれに伴う人材上の課題を踏まえたうえで、リーダーやリーダ

スキ
1

貴社は事業戦略vs人事戦略ですか?事業戦略=人事戦略ですか?(日本人材ニュースより)

2021年に発表されたグローバル・リーダーシップ・フォーキャストによると、事業戦略と人事戦略を整合させることに長けた先見型人事のいる組織では、そうでない組織と比 べ 、変化に 対応する能力は1 . 4倍 、上位10%の高 業績組織になる確率は2倍、適切な人材を採用する確率は3倍高いことが明らかになっています。 人事は、絶え間ない変化の中で、経営と連携し、自社の戦略を実行する優れたリーダーの供給体制を全階層において、整える必要があります。 マネジメントサービスセンター(MS

スキ
3

ジョブ型採用!欲しい人材が採用できていますか?~事業戦略に基づく採用選定プロセスを効率化します!(日本人材ニュースより)

マネジメントサービスセンター(MSC)は、年間300社 、延べ80万人の アセスメント・データと、50年以上のノウハウを結集し、 効率的、かつ 的確な採用選定プロセスを確率しました! 私たちは、企業が抱える以下のような課題を解決します。 事業戦略を実行する人材が採用できていない 人事と事業部門との間で求められる人材像が一致していない 採用担当者のインタビュースキルが不足している 採用にかかる膨大な時間とコストを削減したい M S Cが提供する戦略的な採用システム

スキ
1

【リーダーの「創造力」を引き出す3つのアプローチ】~MSCの7月無料ウェビナー開催情報まとめ

1.【7/14開催】(前半)リーダーの「創造力」を引き出す3つのアプローチ~「経験学習モデル」を応用したアンラーニングリーダーに求められる能力の中でも「創造力」の重要性が年々高まっています。 実際に、創造力を能力開発の重点項目としてアセスメントの診断対象に加える企業や創造力を伸ばすための手法に関するご相談を受けることが増えています。 その背景には、多くの企業が一歩先も見えない不透明なビジネス環境から新たなアイディアで機会を切り開けるリーダーの育成を必要としていながらも、そ

スキ
1

2022年4月4日 グローバル・リーダーシップ・フォーキャスト(GLF)2023 調査開始

自社のリーダーシップ施策を世界中のリーディングカンパニーと比較する絶好の機会◆グローバル・リーダーシップ・フォーキャストとは MSCとパートナー企業であるDDI社が協働で実施している、リーダーシップに関する世界最大規模の動向調査です。 1999年から開始され、今回で10回目の調査となります。 前回の調査では、50カ国以上の1,742の組織から、15,787人のリーダーと2,102人の人事担当者の皆様にご参加いただきました。 ◆グローバル・リーダーシップ・フォーキャスト

スキ
2

MSCの5月無料ウェビナー開催情報まとめ【アーカイブ動画公開中】

1.戦略人事が今、経営に果たすべき3つの役割~世界の経営幹部のトップアジェンダ~経営幹部たちは、過去数十年で最も激動のビジネス状況に直面しています。 市場、競合、消費者行動、労働力の需要などの著しく速い変化に対処する中で、最大の課題は、この困難な状況下で組織の新たな未来を築くためのレジリエンスやアジリティを備えた人材を確保できているかという点です。 本ウェビナーでは、世界各国の経営幹部と人事担当者が参加した大規模調査から明らかになった経営幹部の最優先課題に焦点を当て、これ

組織文化の変革と、そこで求められるリーダー像とは「HRD Next 2021-2022 PROGRAM3 Day2_Session4」

経営環境の変化の中でも、他社との差別化を図り組織を継続的に成長させるための重要な要素は、“人”です。 世界のCEO・経営幹部に対する調査GLF(※)から得られた洞察をもとに、変化の時代に求められているリーダー像と、戦略を加速させる組織文化について、プラクティカルな事例を交えながら議論を進めていきます。 ※ GLF・・・グローバル・リーダーシップ・フォーキャスト MSC社のパートナー企業であり、世界中の組織に対して優れたリーダーの採用、選抜、育成を支援しているDDI社が、1

スキ
2

株式会社マネジメントサービスセンター(MSC)が日本人材ニュース社より人材・人事コンサル会社&サービス100選に選ばれました!

「戦略実行のために乗り越えるべき重要課題を特定し、最適なリーダーシップ開発とアセスメントを提供します」年間2万4000人以上に利用されているアセスメントで社員の能力を正確に把握 当社は1966年の設立以来、企業の人材育成、特にリーダーシップ開発において科学的な知見に基づく専門性の高いサービスを提供しています。 各業界のリーディングカンパニーや地域の有力企業を中心に年間取引企業は600社以上で、10年以上の継続的な関係を築いている企業が多くを占めています。 企業を取り巻く

スキ
3

代表(遠山 雅弘)のご挨拶~変化への挑戦を託せるリーダーの発見と育成の支援

マネジメント サービス センターは、1966 年の設立以来、多くのお客様と長年の関係を築いてきました。この間、企業を取り巻く環境には様々な変化が起きましたが、その変化は近年ますます加速化し、さらに複雑さも加わっています。 産業・経済のグローバル化とその反動に揺れ動く政治情勢、効率を高めながらも対応が迫られる購買ニーズの地域・組織・個人ごとの細分化、労働に対する価値観の世代間ギャップ、デジタル技術を含む新たなテクノロジーの活用可能性の広がりと限界の見極め等々、不確実さと混沌の

マネジメントサービスセンター(MSC)のヒューマンアセスメント(HA)とは

1.アセスメントとの出会いアセスメントとMSCの出会いは、全く幸せな偶然であった。1971年、 MSCは「米国産業界における女子社員育成と活用をさぐる」米国視察ツアーを企画、その一環としてAT&T社を訪問した。日本からの視察団を迎え、終日説明役を務めたのが、企業向けアセスメント技法を開発したプレイ博士その人であった。 今日でこそヒューマンアセスメントの用語は現代用語辞典に収録されるほど広く知られているが、当時の視察団のメンバーには全く未知のものであった。 プレイ博士のアセ

スキ
1

マネジメントサービスセンター(MSC)社-ヒューマンアセスメント(HA)の由来

第1話ーダグラス・ブレイ博士と出会った幸運 (1970年代)MSCの主力商品「ヒューマンアセスメント」 (HA) は、 1971年に米国企業訪問ツアーに 出かけ、 AT&T社でダグラス・ブレイ博士と出会ったのがきっかけで誕生しました。博士が語る人材 の能力発見と開発を目的とするアセスメント技法に梅島は興奮し感激して「日本に来てその話を」と依頼しました。 翌1972年の夏、ダグラス・ブレイ博士とバイアム博士は来日して、MSCのセミナーで、参加者にアセスメント技法の講義と演習の

スキ
2