見出し画像

【まーくんってこんなやつ】自己紹介+サロンに入った理由

はじめまして。

はあちゅうサロン 経営企画局で副局長を務めています、
榊原 正幸(さかきはら まさゆき)です。

ほんとはこの記事はもっと早く書く予定だったんですが、
毎日が嵐のようで、書く時間が取れず…。

一発目ということで、
素直に自己紹介でも書いてみます。

スタバ太郎さんやおきまゆさんの真似っこで。

名前:榊原 正幸
あだ名:まーくん / まー
出身地とか:鹿児島生まれ、福岡育ち、神奈川在住。身も心も川崎市民。
誕生日:1985年8月13日
趣味:旅行 / ゲーム / 繁華街ぶらぶら / 美味しいもの食べる / ビリヤード / ネット
特技:情報収集 / 人間観察
好きな食べ物:ペペロンチーノ / ローストビーフ / ステーキ / 納豆(おかめ納豆)
嫌いな食べ物:パクチー / セロリ / 骨が多い魚(のどにつまらせて死にかけた)
尊敬する人:GACKT
好きな場所:平日夜のみなとみらい / 二子玉の蔦屋書店 / 表参道 / 恵比寿ガーデンプレイス / お台場

リアルで会った後にTwitter見てもらうと、
見た目の印象と結構違うって言われます。

まぁ、ここはビジデザの副局長、
ノリオさんが見事に言い当ててます。流石っす、ノリオパイセン。

学校教育2.0を作りたい人なので、
・なめられないようにしたい
・こういう大人になりたい
という印象に繋げるプロフィール写真にしているのですが、
実際はもっとフランクだしパッション多めです、はい。

少し突っ込んだ話をすると、
高校と大学を中退した中卒だったり、
人間不信になって自殺しそうになったり、
ベンチャーで精神病みそうになって逃げだしたり
結構レールから外れた人生を生きてきましたが、
それが今の自分を作っているので
全く後悔しておりません。

ただ、このへんを書くと重たいので、
今回は、はあちゅうサロンに入ったキッカケを書いて終えることにします。

<サロンに入ったきっかけ>

自分を厳しく評価してくれる人と繋がりたかったから

これだけです。

実は昔、はあちゅうさんと経沢さんがやっていた
ちゅうつねサロンに入ってまして。

それが↑で書いたベンチャーで病む寸前まで行った後で、
その時から学校教育の仕事をやりたいと考えてました。

始めてみたはいいものの、
公教育なので利益をつくるまでの道筋が遠く、
かといって資金面に余裕はなく、
一人なのでリソースも限られる…

市場に晒されれば成長するって言葉がありますけど、
あれは半分本当で半分は違うなと。

会社員だと、上司や同僚が自分の仕事を評価してくれるじゃないですか。
自分がやった仕事に対して、
自分で気づけていないところのフィードバックだったり、
もっとこうしたらいい、
という次へ繋がるやり取りができるのは
組織に所属しているからこそのメリットです。

自営で仕事をする場合、相手はいちいちそんなことは言いません。
仕事が微妙であれば、次がないだけです。
相手にとっては、仕事を依頼する人を変えればいいだけなので。

それが一見「市場に晒されることで成長できる」に繋がりがちですが、
自営は、基本的に自分がやりたいことがやりやすいため
「会社員時代に比べれば成長している」と勘違いしがち。

だからこそ、今の自分を客観的に見てくれるだけでなく、
厳しく評価してくれる人、
環境に身を置くほうが成長できる
と思っています。

ちょうどそんなことを考えてる時に
はあちゅうさんが、オンラインサロン2.0の
コンセプトなものを作ると発表したんで
勢いで入りました。

実際入ってみると、
周りは優秀な人だらけで、
毎日危機感覚えてます、ほんとに。

嫉妬もするし劣等感も感じる。
だけど毎日が濃くて楽しい。
ぼくにとっては、そんな場所です。

<最後に>

ここまで詳細にサロンに入った理由を
話したことがなかったので、
書いてて良い整理になりました!

前にブログを365日連続更新したこともあるくらい
書くことは好きなので、
今後も定期的に書いていけたらなーと思ってます。

それでは今回はこのへんでー!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9
福岡出身 インターネット在住 / 学校教育エバンジェリスト / Rebirthink代表, Amazon Japan / 中卒でIT業界へ。学歴、社歴、コネ、カネなしの4なしから学校教育2.0を作る事業立ち上げ / GACKT敬愛 ブログ:http://rebirthink.jp

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。