見出し画像

連作短歌「わたしは夜夜中燃え殻を」

暮れなずむ街とかくれ鬼をする しじまに消えていくは劣情

吹き出しが連なる画面がやかましく呼び立てるからフリスク食べる

このままさ、一生始発が来ないとかないかな? ゴジラが来るとか、だめ?

恋蛍輝け季節が通り過ぎ道端佇む無色の君まで

何度でも何度でも何度でも言うけど許すよ、許してくれれば

もらうたびこれがわたしじゃないように願って吐き出すマルボロメンソ

結局はさけるチーズのように傾いてしまった愛だったんだよ

うたかたのシーソーゲームを楽しんでリンゴのガムだけゴミ箱行きです

スワイプで完結できる世の中は全部群青へ飽和して良し

とりあえず「デートしたい」を定義して。できたら最小公約数で。

薄煙たなびくシケモクかき集め桟橋作ればまな板のコイ

水玉を背負う覚悟決めたので正しく殺せよゼクシイの束

-----------

この短歌は小説「あなたは砂場でマルボロを」を基に作られた連作です。
BCCKSをはじめ、各種電子書籍媒体で購入できます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたお金は、美味しいお酒と新しい本に使い、書くためのエネルギーにしたいと思います。

5
1992生まれの詩人(仮)。貴方の心に致命傷を与えたい。 【連絡先】mrtriksty@gmail.com 【個人活動まとめ】http://aboutmrtrik.tumblr.com

こちらでもピックアップされています

NovelJam 2018秋 参戦 / 観戦記など
NovelJam 2018秋 参戦 / 観戦記など
  • 425本

このマガジンには「NovelJam 2018秋」の参戦記や観戦記などをまとめていきます。「NovelJam 2018秋」は、2018年11月23日から25日に大学セミナーハウス(東京都八王子市)にて2泊3日の合宿形式で開催します。「著者」16名と「編集者」8名と「デザイナー」8名が参加予定です。公式サイトはこちら。 http://www.noveljam.org/ #NovelJam #ノベルジャム

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。