75日で面白いくらい人生が動いた話
見出し画像

75日で面白いくらい人生が動いた話

今年2020年5月に前職をコロナ解雇されてから、紆余曲折あった末に、株式会社COTENに入社することになりました!

・COTENて何やってる会社?
・COTENで働こうと思った経緯は?
・代表深井さんの弟子って何やるの?
・今後の目標/ビジョン

みたいなことは下の記事に書いてあるのでご覧ください!

本記事は、COTENに入るまでの紆余曲折と、その時にとてもお世話になった、キャリアのパーソナルトレーニングサービス「POSIWILL CAREER」のお話です。とても素晴らしいサービスだったのでご紹介させてください💪

コテンとは直接は関係のない個人的な話ですが、自分がどうやって心の底から共感する理想の職場で働くに至ったかを共有することでキャリアに関して困っている誰かの役に立てればいいなと思っております。

こんな人に役立つ記事になっていると思います↓

・現状のキャリアに違和感を感じている人
・自分のやりたいことが分からない人
・POSIWILL CAREERを利用しようか迷っている人

前職を退職してからの話

2020年5月にエンジニア職を退職した後、「夢中になれないからもうエンジニアはやらない」と心に決めました。

前職は、完全に「自分の市場価値が一番高く評価される会社」という軸で選びました。というのも、自分は大学を経済的な事情で中途退学していて、復学するためにとにかくお金を稼ぐことが一番の目的だったからです。得意なことを仕事にしていたのでスキルもグングン伸びたし、上司からの評価もとても良かったです。

しかし、ある時から大学に復学するメリットをあまり感じなくなりました。そもそも大学で学べることは大体自分で学べるし、学歴を重視するのは旧体質の企業くらいで、自分はそういった企業に全く興味がなかったからです。

復学という目的がなくなってから、市場価値だけで決めた前職にあまりやりがいを感じなくなっていき、そんな時に、コロナによる業績悪化で解雇を言い渡されました。コロナ砲直撃です。

コロナ砲の話でいうと、コロナ破局とコロナショック(50万円が一瞬で溶ける)も経験しました。笑

そんな話はさておき、とにかくこれは「自分のやりたいことを仕事にする最高のタイミングだ!」と思いました。
しかし、「絶対にこれがやりたい」と思う仕事がなかったので、自分が何となく興味のある仕事を片っ端からやっていって、選択肢を潰していこう、と考えました。数撃ちゃあたる理論です。

ということでまずは、一番興味のあったコピーライターになろうと思い、176,000円という大金を支払い大手コピーライター養成講座に通い始めました。

養成講座では嬉しいことにトップレベルのコピーライターの方々から自分の書いたコピーを評価していただき、クラスの中でも成績が良い方だったので「結構向いてるかもな」と思いました。「絶対にこれをやりたい」という確信は相変わらず持てなかったけど、本格的にコピーライターへの転職を考えていました。

そんな時に、Twitterでキャリアのパーソナルトレーニングを提供している人生系スタートアップのポジウィルが無料キャリア相談を行なっているというツイートを発見したので、「未経験からコピーライターになるにはどうしたらいいか?」という旨を相談しようと思い、予約をしました。
当日は以下のような会話になりました。

「未経験からコピーライターになりたいんですけど、、」

「なぜコピーライターになりたいんですか?」

「自分のやりたいことが分からなかったので、とりあえず興味をひとつひとつ潰していこうと思ってて、中でも一番興味があったのがコピーライターだったので」

「なんでコピーライターに一番興味があったのですか?」

「(なんで、、?)うーん、表現が好きだからですかね、、?」

「なんで表現が好きなんでしょう?」

「なんでなんですかね、、人の心を動かすことに興味があるからだと思います、、」

「人の心を動かす、ということだったら、他にもそういう仕事は沢山あると思うんですけど、その中でもなぜコピーライターになりたいと思ったんでしょうか?」

「、、、」

このようにトレーナーさんは、自分が何を考えて次のキャリアを選択しようとしているかを深掘りしてくれました。最後には何も答えられなくなってしまい、「なぜ自分は自分のことを何も知らないんだ!!!」ととても悔しくなりました。(悔しすぎてちょっと泣きました。これは内緒)

僕は少年漫画と共に育って、ルフィやナルトのように夢に向かって一直線に進んで生きていく、そんな人生に憧れているのに、やりたいことの芯も通っていなくて、フラフラしている現状の自分とのギャップに落胆をしました。

その時のトレーナーさんに、「自分に対する理解や、軸が明らかになっていないまま意思決定をすると、今後もまた転職するってなった時に同じことで悩んでしまいますよ。」とご指摘いただき、深く納得しました。

そして「100%納得して確信を持った状態で次のキャリアを選びたい」と思い、その場でPOSIWILL CAREERの利用を決めました。

75日プランの価格は当時は一括で45万円程度。一括では払えなかったので、50万円強を分割で払っていくことに決めました。「超高い」というのが本音だけども、もし「100%納得して確信を持った状態でキャリアを選ぶ」状態になれるなら、人生目線でみたらものすごく安い買い物だ、と自分を納得させました。(ちなみにもっと安いプランもあります!)

もともと、信頼している友達が大手企業を蹴ってポジウィルに入社したことと、ポジウィルの社員の方々のTwitterを拝見していて、ユーザーに真摯に向き合っている姿を見ていたので、「サービスの質」という観点ではなんとなく信頼感がありました。

もし、サービスの質が心配、ということだったら、社員の方々のTwitterを覗いたり、体験談を見てみると良いかもしれません。こんなに熱量を持ってユーザーに向き合ってくれるサービスはないんじゃないかな、と思うはずです。

というわけで、ここからPOSIWILL CAREERというキャリアのパーソナルトレーニングを利用することになりました。

POSIWILL CAREER!激動の75日間

サービスがはじまると、まず担当のトレーナーの方が付いてくれます。これからの75日間を一緒に伴走してくれる方です。

75日プランでは1時間の面談×10回を好きなタイミングで利用できます。

人にもよりますが基本的には前半5回が自己分析、後半5回で実際に転職を進めて都度対策を練るようなイメージです。

大切な面談の約半分を自己分析にあてていることから、POSIWILL CAREERがいかに「自分を理解すること」に重きを置いていることが分かります。

自己分析では、自分の家庭環境や過去の経験から、どうやって今の自分が形成されているかを分析していきました。

自分では当たり前だと思っていた事柄や、些細な経験を基に、トレーナーの慶さん(@sasasakei1)が自分がどんな人間であるかを分析してくれました。この分析の精度が凄まじくて、自分では気が付かなかった自分のことを見事に言語化してくれます。

例えば、自分は「負けず嫌い」だという話をした時に、こんな分析をしてくれました。

「仮説なんですけど、、陽夏さんは、他人に負けたくない、というよりは、自分に負けたくないんじゃないですか?もし、他人に負けたくないなら、もっと話の中に他の人の話が出てくるはずなんですよ。ずっと自分と戦っているんです。部活動のランニングで、誰かが見ていなくても頑張れたのは、自分と戦っているから。多くの人は誰かに承認してもらいたくて頑張るから、人が見ていないところでは手を抜いたりしちゃうんです。」

この分析には本当に驚きました。「負けず嫌い」という言葉の更に奥を、きれいに言葉にして輪郭を与えてくれました。

また、「人生を通してやりたいと思うことがない」ことに悩んでいた自分に対して、「人生を通りしてやりたいことが明確な人なんてそれこそホリエモンと孫正義くらいしかいないと思いますよ。『やりたいこと』ではなくて、『自分がどうありたいか』を明確にして、自分の『できること』を増やしいく。やりたいことはその時々に仮置きしてやってみる。そういうやり方もあると思いますよ。」と、新しい考え方を提示してくれたりしました。

そしてそして、「夢中になれないからもうエンジニアはやらない」という気持ちは正確ではなくて、「『なぜ自分がこれをやるのか』が明確になっていない仕事はやらない」がより正確な気持ちだということを言語化してくれたりしました。

これらの自己分析が、POSIWILL CAREERの素晴らしいところだと思っていて、職業紹介を前提としていないため、転職、という枠だけではなく、ユーザーそれぞれの人生の成功を願って、徹底的に向き合ってくれます。

と、こんな感じで自己分析を進めて、「自分がどうありたいか、どんなミッションを持って生きたいか」が明確になり、私は起業をすることに決めました。←急展開

まさか、当初は起業を選択するなんて思ってもみなかったのですが、自分のことをちゃんと理解して、「自分がどうありたいか」が、明確になっていたので、起業という道を選ぶことに一切の迷いはありませんでした。

大体6回目くらいの面談が終わったときに、自分の意思が明確になった状態だったと思います。

そこから、トレーナーの慶さんが特別に、起業について学ぶ機会として、多忙であろうポジウィル代表の金井さんとの貴重な面談の場を設けてくれたり(本当に素晴らしいご対応をしていただきありがとうございました!)、起業プログラムに参加をしてメンターについてもらったりなど、本格的に自分の考えた事業の検証を進めていきました。

自分の意思に則って起業を進めてはいたけど、いきなり壁にぶち当たったりと少し不安な部分もあったので、残りの面談を使って、今後あるかもしれない転職の準備もやっておきたい、とトレーナーさんにお願いして、起業と同時進行で面接対策なども進めていきました。

転職対策の回で、自分が興味ある会社を20社リストアップしてくるという宿題があったのですが、自分が心のそこから共感できる会社はあまり多くなく、8社程度しかリストアップできませんでした。

しかも、その8社について調べれば調べるほど、「自分でやりたい事業を作り上げた方が良いな」という思いが強くなっていきました。

それほどに、自分の中の「どうありたいか」というミッションがぶれない明確なものになっていたのです。サービス開始当初のやりたいことブレブレ人間だった自分を考えると、とんでもない成長です。

「やっぱり起業だな」そう思っていた矢先、少し気になっていた企業の代表が本当に奇跡的なタイミングで求人を募集し始めました。

元々その会社に興味があったのですが、その時初めてその企業について色々と調べてみました。

今度は逆に、調べれば調べるほど「この会社で働きたい!」という思いが強くなっていきました。この会社の描く未来と、自分のミッションが完全に交わっていると確信したからです。

応募動機書として、A4の紙1枚半に、自分が心の底から思っていることを綴り、応募をしたらすぐに「面接をしたい」と返信をいただきました。

ちなみに、応募する前に応募動機書のチェックをトレーナーの慶さんにしていただいたら、「このままでいいと思いますよ!」とのことだったので、そこにもう少し自分の想いをのせて完成としました。心の底から思っていることって、伝わるんだなと、強く感じました。

面接はとても緊張したけど、自分が思っていることをそのまま全て伝えたら、現時点でスキルが無いにも関わらず、意志や熱量を本当に高く評価していただき、後日ランチでお会いして、その場で採用をしていただくことになりました。

後で聞いたことですが、「本当は採用しないつもりだったんだけど、会ったら一緒に働きたくなった」と仰ってくださいました。

う、、嬉しすぎる!!!!

ということで、明日2020/10/22から株式会社COTENという、それはもうめちゃくちゃ面白い会社で働くことになりました。


ブレブレの状態から始まり、自分を理解し、起業を決意し、奇跡的にCOTENに出会い、そこで働くことになった。

75日間での出来事です。

75日前の自分がした大きい買い物は、自分の想像を遥かに超える大きい買い物となりました。鯛を釣ろうと思ってたら、地球が釣れた、みたいな感覚。

COTEN代表で師匠の龍之介さん(@CotenFukai)も仰ってましたが、

意志の力の強さを知る。その原理を理解する。
意志が社会を動かしている現実を理解する。

これが本当に大切だなと感じています。

自分の心の中にぼんやりと眠っている意志に輪郭を持たせてあげること。

それができた時、人間はありえない力が出るし、その意志に共感してくれる人はどこかに必ずいる。

そして、意志を持つのに遅すぎることも、未熟すぎることもないんだなということ。忘れないでおきたいです。


長くなりましたがこんな感じで、人生が激変したというお話でした!


もし自分のやりたいことが分からなかったり、POSIWILL CAREERを使ってみたいけど決めきれずにいる方がいらっしゃったら相談のりますよ〜!自分を担当してくれたトレーナーさんもご紹介できます!

自分の経験ならいくらでも話せるので、お気軽にご連絡ください!

Twitter → @mr_hinatsu


最後までお読みいただきありがとうございました!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
草野陽夏

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートは成長のための勉強と経験に使わせていただきます!

次回の記事も待っててね!
ひなつと申します! 株式会社COTENにて世界史データベースのプロダクトマネージャーをやっています。 漫画とMr.Childrenが大好き。