sui

シャープペンシルについての概論と文房具に関するエッセイを書いていきます。
  • 使い手の観点から文房具について考えたり、気に入っている文房具や使っている文房具についてゆるく軽く話したりします。
    4フォロワー
  • このマガジンでは「シャープペンシル概論」として、シャープペンシルについてさまざまなテーマで論じていきます。ゆくゆくは書籍
    1フォロワー

ペンケース紹介

ペンケースの醍醐味は、ペンケース本体そのものだけではなく、好きな筆記具や文房具から中身の「メンバー」を選んで一つのセットにする点にもあります。人によっては、そこ…

『シャープペンシル概論』 第3回/芯を折らない工夫(1) スライドパイプ機構

はじめに 黒鉛芯は書くたびに表面を紙面に擦り付け、自らの一部を紙面に付着させることで先端の形を変える。鉛筆や芯ホルダーのような太い芯を尖らせて使用する場合、書き…

今日の文房具/エスディアイジャパン グランツ

肉厚でしっかりとしたメタル製の本体と、凝ったギミックを思わせる機構が気になり、購入してみました。やはり持ってみた感じでは、通常のカッターと違いずっしりしています…

今日の文房具/トンボ鉛筆二色ボールペン

文房具屋で古い商品なのかなと思い、何とはなしに買ってみたボールペンです。軸に赤と黒の「丸」があり、ノックボタンが一つしかないので、振り子式のボールペンだろうと思…

今日の文房具/ぺんてる「ケリー」の金属リングを変える

例のメモ帳と一緒に持ち歩くことが多いのが、ぺんてるの「ケリー」というキャップ付きシャープペンシルです。メモ帳と大体同じサイズで収まりがいいので、ゴムバンドで挟み…

今日の文房具/無印良品「ABS樹脂最後の1mmまで書けるシャープペン」

今回紹介するのは、その機能をあまりにも分かりやすく商品名に冠している、先端チャック機構のシャープペンシルです。 まず、この「最後の1mmまで書ける」先端チャック機…