「TechRepublic Japan」終了と今後の展開について
見出し画像

「TechRepublic Japan」終了と今後の展開について

私たちが運営するIT系媒体のひとつ「TechRepublic Japan」は、米国の権利元とのライセンス契約終了にともない、9月30日をもってサイトの運営を終了いたします。

TechRepublic Japanは、2015年9月に米国TechRepublicの日本語版としてスタートして以来、業務を改善するためのIT製品や活用事例の数々を、米国発の最新情報とともにお届けしてきました。

テレワーク、業務自動化、長時間労働是正など、実務の課題をいかにITで解決していくかを編集記事でまとめる一方で、読者のみなさまの関心が高い Raspberry Pi やプログラミング言語 といったテーマも積極的に取り上げました。

企業のテレワークが進んだ2020年以降は、とりわけウェブ会議システムの記事がよく読まれ、バーチャル背景を集めた記事は、多くの方にご覧いただいております。これらの記事は9月30日をもって閲覧ができなくなりますので、まだご覧になっていない方は、ぜひご覧ください。

スタート時からTechRepublic Japanに携わり、編集長を務める田中好伸のコメントです。

「TechRepublic Japanを終了することになりましたが、テレワークの普及とともに、業務デジタル化の話題は、ますます求められていくものと思います。さまざまな業務をデジタル化することで日本企業の効率性は高まると信じています。TechRepublic Japanで取り上げてきたテーマは、ZDNet Japanでこれまで以上に濃い内容でお伝えしていきます」

TechRepublic Japanの編集記事で取り扱ってきた話題、そして広告商材は今後、ZDNet Japanに引き継いで展開していきます。

従来よりカバー範囲を広げ、パワーアップするZDNet Japanにご期待ください。ブックマークやメールマガジンをご登録いただいている方は、ぜひ、ZDNet Japanの登録をお願いいたします。(メールマガジンのご登録はこちら

長らくTechRepublic Japanをご愛読いただいた読者のみなさま、ビジネスパートナーのみなさまに、厚く御礼を申し上げます。

この記事が参加している募集

オープン社内報

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
朝日インタラクティブの代表取締役社長。