見出し画像

ファクタリングと売掛債権担保融資制度の比較

関連書籍のご案内

このマガジンを再編集して電子書籍になりました!

事業戦略のプロが設計した事業計画の立て方で学ぶ、シナリオの策定方法:セカンド・シーズン

プロットごとにまとめているので実務と照らし合わせやすいメリットとダウンロードして落ち着いて読みたいのであればオススメです。

この記事も読んでみませんか?

事業計画の立て方がよくわかる資金調達成功のプログラム

前回は「ファクターへ売掛債権を売却する方法」と題して、ファクターへ売掛債権を売却して現金化することで、販売力が付いてきたベンチャーには何よりの味方となる話から売掛債権の売却方法について解説をしました。

今回はファクタリングと売掛債権担保融資制度について、その違いの比較をしてみて導入してみると積極的経営に転じることができるだけでなく、財務体質も強化されますし、ファクタリングはクライアント企業のバランスシート(貸借対照表)の構造ならびに財務構造そのものに変化を与えることについて共有させていただきます。

売掛債権を活用した資金調達の仕組みとして、ファクタリングと売掛債権担保融資がその両輪として普及を進めており、中小企業金融の本命として期待されていますが、システムとして双方を比較した場合には、ファクタリングの方が長い歴史の中で精錬されてきたシステムであり、多くの点で優れています。

以下の「ファクタリングと売掛金債権担保融資の比較表」でご確認ください。

ファクタリングと売掛金債権担保融資の比較表

ファクタリングと売掛金債権担保融資の比較表-1024x340

売掛債権の資金化が共通の目標

売掛債権担保融資制度を導入する必要があるかどうかは意見の分かれるところですが、個人的には銀行へファクタリングを取り扱わせて信用保証協会の保証をつけさせるだけでよかったように思います。

それではなぜ、売掛債権担保融資制度を新設したのかを推察するに、初年度に2兆円の取扱ボリュームを目標にしたことと、銀行に手形割引の延長として扱わせた方が導入が進むと目論んだ政策的な側面があったのだと思います。

これまでの日本において手形流通と債権譲渡という取引が一般的だったことによる抵抗感から、ファクタリングがイマイチ活用されてきませんでしたが、売掛債権担保融資制度が、それを緩和して抵抗感が少しでも減少するならば、その効果は大きいといえます。

したがって双方は競合関係にはなく、、売上債権担保融資制度に慣れたユーザーが、いずれファクタリングへ移行していくと考えられます。

オフバランス効果

下記の表は、ファクタリングの導入前と導入後のバランスシート(貸借対照表)の変化を一覧にしたものです。

前情報として、この会社は、ファクタリングの利用で売掛金を2000万円で売却し、ファクターは買取債権金額の10%を留保し、1800万円を支払います。

そして、この会社では手にした1800万円で買取金の決済に830万円を支払って、短期借入金を970万円を返済した結果、この会社のファクタリング前とファクタリング後でバランスシートの構造に大きな改善が現れました。

まず、短期債務の返済によって他人資本が減少した結果、自己資本比率が34%から50%に改善した上に、総資本は1800万円のシュリンクが実現し、効率性が高まると共に、収益性にも好影響を与えています。

投資資本の減少はオフバランス効果-1024x728

この記事のまとめ

この続きをみるには

この続き: 253文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンは地方で起業やキャリアを目指す人向けに、連載しております。一度購読していただければずっとお読みいただけます。電子書籍kindle版も用意させていただいております。

事業戦略のプロが設計した事業計画の立て方で学ぶ、シナリオの策定方法: 製品戦略、マーケティング戦略、財務戦略、組織戦略から 資金調…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポート頂けましたら幸甚に存じます。

よろしければシェアいただけましたら幸甚に存じます。
28
地方で農業生産法人を起業🚜、食品加工場、外食事業🍽、宿泊施設♨️、酒蔵🍶、海外合弁会社の経営をして現在は売却、学校法人の経営、PEファンドの運営やキャリアコンサルをしています😊

こちらでもピックアップされています

事業戦略のプロが設計した事業計画の立て方とシナリオの策定
事業戦略のプロが設計した事業計画の立て方とシナリオの策定
  • 65本
  • ¥800

事業戦略のプロが設計した事業計画の立て方で学ぶ、シナリオの策定方法: 製品戦略、マーケティング戦略、財務戦略、組織戦略から 資金調達計画と株式公開(IPO)への戦略を公開!