ワインと私の休暇と冬のパリ

ワインと私の休暇と冬のパリ

筆者はこれまで夏はパリ、冬はパリにはまっていた時期がありました。

仕事では世界中を飛んでいるのですが休暇には決まってパリへと通っていました。

夏と冬、どちらにもいえるのは何の目的も持たずに、ただボーッと過ごす休暇であり、今回はそんなパリでのワインの思い出について書いてみようと思います。

私はフライング・ファーマーとしてワイン用ぶどう栽培については一応プロとして携わっていますが、ワイン通といえるほどの知識は持ち合わせていないので専門的なことを書くつもりはありません。

ただ私がこのnoteを通じてお伝えしたいことは「ワインのない食事は味気ない」ということ。

アルコール離れが加速している現代ではありますが、ワインに限らずお酒がないとやはり寂しいと思います。

そういった考えを持った筆者はパリでの食事にはワインを欠かさなかったエピソードをいくつか紹介してみたいと思います。

冬のパリで必ず訪れたのが、まずフォーブルサントノーレにある魚屋さんです。

店先には新鮮な魚介類が所狭しとされど美味しそうに並べられていて、入り口から奥に進むと簡単な椅子とテーブルが雑然と数セット置かれているイートインスペースがあります。

そこで食す真冬の牡蠣にはキリッと冷えた辛口の白ワインをオーダーして、そのあとはひたすら牡蠣と白ワインのマリアージュを楽しんでいました。

フォーブルサントノーレ

日本の牡蠣とは違ってあまりクリーミーではない小粒の牡蠣は、薄くスライスしたバケットとの相性が素晴らしく、いくらでもワインが進んでしまうのでボトルを空けたところでご馳走様。

お次はマドレーヌ地区にあるポトフ専門店、日本語に直訳すると「ポトフの王様」という名前の老舗のお店には赤いチェックのテーブルクロスが可愛いとてもカジュアルな雰囲気のお店があります。

パリっ子や観光客から愛され皆アツアツのポトフをフゥフゥ言いながら美味しそうに食べています。

ポトフの王様

カラフに入った赤のハウスワインがこの店のポトフと完全なマリアージュを実現させていました。

この店の思い出はもちろん、このポトフと赤ワインであることは間違い無いですが、もっと印象的な出来事が、隣の席の白髪のマダムたちが、美味しそうに牛の髄煮込みをペロリと平らげていたことでした。

そして、もちろんテーブルには赤ワインがあって、何故だかパリの成熟した大人の魅力を感じた瞬間でした。

最後は、サンジェルマン・デ・ブレのステーキハウスはとてもカジュアルなお店で、メニューはステーキとフレンチフライと実にシンプル。

サンジェルマン・デ・ブレのステーキハウス

大きなステーキは冷めてしまわないようにお皿に取り分けられて、残った分は保温しながらキープしてくれて、絶妙なタイミングでサーブしてくれます。

筆者はこれをわんこそばならぬワンコステーキでは無いかと心で小躍りしながら楽しんでいました。

おともにチョイスしたのがしっかりめの赤ワイン。

エスニック料理とロゼワインやスイーツとシャンパーニュなどまだまだご紹介したのですが、またいつかの機会に譲りたいと思います。

このように冬のパリ休暇ではワインの銘柄もソムリエやお店のお任せで飲んでいましたが、どれも食事とのマリアージュは素晴らしかったです。

食事を華やかにしてくれるワイン。

食事とワインのマリアージュとは絶妙なワードセンス。

お互いを引き立てあえる素敵なパートナーなんです。

ああ、パリがまた私を呼んでいる。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポート頂けましたら幸甚に存じます。

よろしければシェアいただけましたら幸甚に存じます。
74
地方で農業生産法人を起業、HACCP食品加工場、外食事業や宿泊施設、酒蔵 、学校法人、貿易、物流会社やデザイン事務所の経営をしてきましたが売却してセミリタイア!のつもりが、、現在はファンドマネージャーとして活動しつつ、副業として知財・環境・醸造・栽培のコンサルタントをしています。