見出し画像

ピートモスと鹿沼土の混合用土を作り込む

前回は「ブルーベリー栽培の休眠枝挿しの手順とポイント」と題して、ブルーベリー栽培のために充実した1年生枝を用いる休眠枝挿しの手順とポイントを図解で説明させていただきました。

今回は、ピートモスと鹿沼土の混合用土について解説させていただきたいと思います。

ブルーベリーの挿し木でポイントとなるのは、用土にピートモスと鹿沼土を用いることであることはすでにお伝えしてきましたが、ピートモスだけの用土に挿し木をすると、発根後に根が絡み合って鉢上げする時に移植しにくいですし、挿し木床が多湿になって発根も劣る傾向にあります。

挿し木用土のpHは4.5~5.5の範囲が望ましく、pHがこの近似値を示す素材のピートモスと鹿沼土の混合用土が最も適しています。

それでは混合用土の割合は?

ピートモスと鹿沼土の混合割合は、ピートモスが50~70%、鹿沼土が50~30%程度となりますが、ピートモスも多くなり過ぎると過失になりやすく、鹿沼土が多すぎると乾燥しやすくなります。

発根しにくい品種であるスパルタンやブルークロップなどでは、鹿沼土の割合をやや多めにして通気性を高める方が望ましく、鹿沼土の代わりにパーライト、砂、バーミキュライトなどを用いても良いのですが生のおが屑だったり籾殻などは適しません。

ピートは湿らせてから混合しよう

ピートモスは乾燥状態で輸入して販売されているのですが、鹿沼土と混合する場合は、ピートモスを容器に入れて水を加えて手で攪拌しながら十分吸水させたものを用います。

この続きをみるには

この続き: 451文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンを購読すると、ブルーベリー栽培で成功するための方法を毎週土曜日にお届けいたします。

このマガジンはブルーベリー栽培を軸に地方創生事業を請負った時に得たナレッジや実際の経営手法などを毎週土曜日に公開していきます。観光農園事業…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポート頂けましたら幸甚に存じます。

よろしければシェアいただけましたら幸甚に存じます。
26
地方で農業生産法人を起業、HACCP食品加工場、外食事業や宿泊施設、酒蔵、貿易、海外合弁会社、物流会社やデザイン事務所の経営をしてきましたが売却して、学校法人の経営や地方創生のファンドマネージャーしていました。現在は経験を生かしてキャリアコンサルに従事しています。

こちらでもピックアップされています

必ず成功するブルーベリー栽培の秘密
必ず成功するブルーベリー栽培の秘密
  • 24本
  • ¥250

このマガジンはブルーベリー栽培を軸に地方創生事業を請負った時に得たナレッジや実際の経営手法などを毎週土曜日に公開していきます。観光農園事業については滋賀県の守山市で取り組んできました。こちらの農園からは比叡山を見ることができて、最高のロケーションでした。「必ず成功するブルーベリー栽培の秘密」では栽培方法に始まり、観光事業の組み立てから、地域の巻き込み方まで事例を交えながら解説させていただいています。