あなたの会社の株式価値を最大化する方法

あなたの会社の株式価値を最大化する方法

前回は「安定した株主構成を目指すことがファーストステップ」と題して、「会社が目指すべき5つの目標」について、資本政策の観点から考えると経営の根幹を成すものであるので、1〜2までを解説しました。

今回は残り3〜5までの解説に入りたいと思います。

会社が目指すべき目標の3つ目、「株式の流動性」

資金調達を有利に進めていくためには、株価の維持向上が不可欠であり、株主は皆、自分が投資した会社が将来的に成長し、株価が上がって、配当も出せるようになることを期待しています。

しかし、逆に株価が下がって明らかに損をするような会社に投資してくれるはずはないのです。

特に株式上場後は、株価の上昇が、経営上の重要な目標の一つになりますので、業績の向上によって株式価値を向上させていくことが基本となりますが、株式の流動性の確保を目指す資本政策のテクニックを活用して、資本市場において株式の売買を活発化させる必要もあります。

例えば、株式分割を実施して、1株当たりの金額を下げて投資家が買いやすい株価にするなどの手立てを講じることが考えられます。

また、自社株買いをして1株当たりの利益を一気に高めて、株式上昇要因を意図的に演出し、現在よりも投資家が買いたくなるような株式銘柄にする方法もあります。

株式価値の試算方法

これは資本政策上は自社の株価に発行済み株式数を乗じた金額であり、株式市場では時価総額と呼びます。

事業計画をもとに将来のフリーキャッシュフローを予測して、それを資本コストで現在価値に割引計算をおこなって、事業外価値(遊休資産)の処分価値を見積もって加算して、有利子負債を控除して算出と、4段回のフローを持って株主価値を試算します。

会社が目指すべき目標の4つ目、「インセンティブの付与」

働き方改革など社内でもやるべき施策は多いのですが、帰属意識を定着させるためにも、役員や従業員に対してインセンティブ制度を検討して、実行していきましょう。

資本政策上では、株式やストックオプション(新株予約権)に付与、従業員持株会の設立などが考えられます。

株式やストックオプションを受け取った役員や従業員は、株価が上がると、多くの利益を得ることができるので、株価を上げることに意識を向けます。

つまり株価を上げるためには業績の安定した上昇が一番効くので、健全なインセンティブだといえるでしょう。

したがって、こういった施策も経営戦略から財務戦略に落とし込み事前に設計しておくと良いでしょう。

会社が目指すべき目標の5つ目、「上場審査ルールをクリアする」

株式上場審査では、上場を受け付ける入り口の基準である「形式基準」をクリアしなければならないので、この形式基準がわかっていないと、どんなに管理体制が整備されて、業績が良くても上場することは叶いません。

そこで、この形式基準を満たすために必要な株式数・株主数・利益・時価総額などをクリアできるように、資本政策を立案していくことが肝要になります。

いまさら聞けないっ!時価総額ってなぁ〜に?

株価×発行済み株式数で計算した結果数値を指し、現在の株価を基準にすると、この会社の全ての株式を買い取るのにどれだけの金額が必要かがわかります。

資本市場が判断した企業の買取に必要な価格となり、資本市場で銘柄を評価する場合、株価の高低ではなく、時価総額の大小が重要であることが、この数式で判断できます。

株式上場

それでは経営者が目指す目標について、次回4つの視点からまとめてみたいと思います。

関連書籍のご案内

その過程で「資金調達成功のプログラム」や「事業戦略のプロが設計した事業計画の立て方で学ぶ、シナリオの策定方法」という電子書籍で、法人の設立から資金調達まで、詳しく解説しておりますので、是非お読みいただけましたら幸甚に存じます。


この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポート頂けましたら幸甚に存じます。

よろしければシェアいただけましたら幸甚に存じます。
81
地方で農業生産法人を起業、HACCP食品加工場、外食事業や宿泊施設、酒蔵 、学校法人、貿易、海外合弁会社、物流会社やデザイン事務所の経営をしてきましたが売却して、地方創生のファンドマネージャーしていました。コロナ渦に思うところあり、新しくアグリビジネスを立ち上げました!

こちらでもピックアップされています

上場を成功させるのための資本政策
上場を成功させるのための資本政策
  • 10本

本マガジンはIPOを視野に入れた資本政策について解説しております。資本政策においてキャッシュフロー計画を立案して、機動的な資金調達を実行しながら、敵対的買収を防ぐための経営支配権をどのように確保するかを設定することで企業の安定的な成長を演出することにつながります。