見出し画像

地方では「本当の百姓」が求められている

百姓という言葉を「農民」という意味だと思っている人は多いが、この言葉の語源は「百人の姓を持つ人たち」ってことで一般市民全員を表す言葉だったそうです。

したがって、昔の百姓は、医者だったり大工だったり、ある時は僧侶でした。

働き方改革なんていわれている昨今ですが、正社員が優遇されてきた時代は終わりを迎えつつあります。

これからの私達は、昔の百姓のように「自分で自分の飯をまかなえる」ことを常識としなければならない。

それでは昔の百姓はどのように生計を立てていたのでしょうか。

いまと同じように、専業農家として生計を立てていた人々もいましたが、ほとんどは兼業農家として農業に従事していたことがわかっています。

大工や鍛冶は、職人あるいは百姓が営んでいましたが、木挽、屋根屋、左官、髪結い、畳屋は、ほとんどの場合において専門の職人などいなかったそうです。

宗教者については、寺は僧侶だったが、神職については「百姓神主」の割合がかなり高かったとされています。現在でも田舎ではそんな感じですよね。

また、医者、商人、漁民も百姓が営むことが基本のようでした。このことからも百姓は1つの仕事にとらわれず、臨機応変に世の中から必要とされる仕事を兼業していたことが分かります。

これから百姓が元気な時代がやってきます!
現代においては就業規則に兼業禁止が記載されている会社も多く、1つの会社に勤務して、その会社へ時間を切り売りした上で、安定したサラリーを得ることが常識となっています。

しかし、この就業形態は戦後に欧米より持たされたもので、まだ歴史の浅いシステムとなっています。

この続きをみるには

この続き: 447文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンは地方で起業やキャリアを目指す人向けに、全11話で連載しておりました。一度購読していただければずっとお読みいただけます。電子書籍kindleでも同じ価格でお読みいただけます。

新連載「農業するならアグリハックで増収増益を目指そう!」と題して、儲かる農業のアプローチについて私のやってきた方法をシェアしていきたいと思…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポート頂けましたら幸甚に存じます。

よろしければシェアいただけましたら幸甚に存じます。
34
地方で農業生産法人を起業、HACCP食品加工場、外食事業や宿泊施設、酒蔵、貿易、海外合弁会社、物流会社やデザイン事務所の経営をしてきましたが売却して、学校法人の経営や地方創生のファンドマネージャーしていました。現在は経験を生かしてキャリアコンサルに従事しています。

こちらでもピックアップされています

農業するならアグリハックで増収増益を目指そう!~シーズン④完
農業するならアグリハックで増収増益を目指そう!~シーズン④完
  • 11本
  • ¥250

新連載「農業するならアグリハックで増収増益を目指そう!」と題して、儲かる農業のアプローチについて私のやってきた方法をシェアしていきたいと思います。