見出し画像

キャッシュフローには3つの概念ある

関連書籍のご案内

このマガジンを再編集して電子書籍になりました!

事業戦略のプロが設計した事業計画の立て方で学ぶ、シナリオの策定方法:セカンド・シーズン

プロットごとにまとめているので実務と照らし合わせやすいメリットとダウンロードして落ち着いて読みたいのであればオススメです。

この記事も読んでみませんか?

事業計画の立て方がよくわかる資金調達成功のプログラム

前回までは全4回にわたって設備投資計画の立て方と判断方法を連載してきました。

設備投資計画の策定方法と投資価値の判断基準について
投資価値はNPVで投資判断してみよう
設備投資における収益予測の評価方法
減価償却の回収は費用化させる

今回からは、資金計画の実行とキャッシュフローの考え方についての連載を始めさせていただきます。

第一回目は、資金の調達と運用をスムーズに進めるためには、入念に練られた資金計画の実行が必要であり、そのためには持続可能な企業運営に必要な資金を確保して利益を生み出し運用する為のメソッドから紹介しましょう。

 これまでは、株主意識を優先するあまり単年度ごとの利益を重視してきましたが、資金調達に伴うキャッシュの有効活用が軽視されがちだったことが問題とされてきました。

また、金融機関の貸し出しの姿勢が固定担保などに重点を置いている為、流動性担保を軽視していたことも要因といえるでしょう。

企業の資金繰りは利益が出ていることが前提ですが、利益が出ていても、一方で売掛金や在庫が急増してしまえば、ネットキャッシュフローは増加しないので資金繰りが厳しくなってしまいます。

 このようにネットキャッシュフローが重視されるようになったのは、一般投資家からの評価などの外的要因だけではなく、主には財務体質の強化を図りたいという経営サイドの内的要因が原因ではないでしょうか。

もちろん、一般投資家の企業を見る目が厳しくなってきて、さらに金融機関の貸し渋りなど、外部からの資金調達が容易ではなくなったこともキャッシュフロー重視になった流れとしては間違ってはいません。

これらのように中小企業では、資金繰りとの関連でキャッシュフローを捉えることが多くなりましたが経営管理会計の面からも実益があります。

したがって、キャッシュフロー重視の経営において、キャッシュフローの概念には3つあることを理解していただいたと思いますので、以下に項目ごとに仕分けをします。

利益目標としてのキャッシュフロー

減価償却前・税引後利益のプラスをキャッシュフローと呼び、経営管理会計上からも有益な指標として、投資収益計算をはじめとして、非常に多く使用されます。

資金運用表におけるキャッシュフロー

資金運用表において、キャッシュフローは資金の調達と運用の妥当性を検討する目的のものです。

資金繰り表におけるキャッシュフロー

資金繰り表においては、現金収支を表すものをキャッシュフローを呼びますが連結決算において必須とされるキャッシュフロー計算書は、決算期単位の財務諸表として作成されます。

一方で資金繰り表は月次単位など短期的に作成されるところが異なります。

関連書籍のご案内

このブログのカテゴリー「事業戦略のプロが設計した事業計画の立て方」を電子書籍化しました。

プロジェクトごとにまとめているので実務と照らし合わせやすいメリットとダウンロードして落ち着いて読みたいのであればオススメです。

この記事のまとめ

この続きをみるには

この続き: 137文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンは地方で起業やキャリアを目指す人向けに、全60話で連載しておりました。一度購読していただければずっとお読みいただけます。電子書籍kindleでも同じ価格でお読みいただけます。

事業戦略のプロが設計した事業計画の立て方で学ぶ、シナリオの策定方法: 製品戦略、マーケティング戦略、財務戦略、組織戦略から 資金調…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポート頂けましたら幸甚に存じます。

よろしければシェアいただけましたら幸甚に存じます。
21
地方で農業生産法人を起業🚜、食品加工場、外食事業🍽、宿泊施設♨️、酒蔵🍶、海外合弁会社の経営をして現在は売却、学校法人の経営、PEファンドの運営やキャリアコンサルをしています😊

こちらでもピックアップされています

事業戦略のプロが設計した事業計画の立て方とシナリオの策定
事業戦略のプロが設計した事業計画の立て方とシナリオの策定
  • 45本
  • ¥800

事業戦略のプロが設計した事業計画の立て方で学ぶ、シナリオの策定方法: 製品戦略、マーケティング戦略、財務戦略、組織戦略から 資金調達計画と株式公開(IPO)への戦略を公開!