見出し画像

これでコンバージョン率UP!デモ動画に必須な5つの要素


コロナの影響で多くの企業がZOOMなどを使ったオンラインツールに注目していますね。

これらのWEBツール、アプリケーションはとても便利なものです。

しかし、何ができるのか、自分にどんなメリットがあるのか、ツールの概要を理解するのに時間がかかるのが欠点だと言えます。

しかも、写真と文章で説明されても分かりにくい。

そう思ったことありませんか?

もしかしたら、あなたのホームページを見ているユーザーも同じように感じているかもしれません。

しかし、そんな問題を簡単に解決してくれるものがあります。

それがデモ動画です。

デモ動画はWEBツールやアプリケーションの概要、使用方法を分かりやすく説明するのに最適です。

事実、wyzowlの調査によると96%の人がソフトウェアの詳細を理解するためにデモ動画を見たと言っています。

また、Video marketing trends for 2019のレポートによると、57%の消費者はデモ動画を見ると、オンラインで購入する気持ちが高まったと語っているそうです。

このデモ動画をホームページに設置するだけで、コンバージョン率のアップにつながるだけでなく、SEOにも良い影響を与えてくれます。

そこで、今回はコンバージョン率アップに役立つデモ動画を作る時に、必須となる5つの要素について解説させて頂こうと思います。



そもそもデモ動画って何?

デモ動画とはデモンストレーション動画の略で実際に商品サービスを使っているところを実演している動画のことです。

まあ、このように説明するよりも実際に見てもらう方が早いですよね。

そこで、今回はProject.coのプロジェクト管理ツールを紹介しているデモ動画を見て頂こうと思います。

注:設定から日本語訳を出すことができます。


この動画はProject.coのホームページにも当然掲載されています。

トップページからproduct tour(製品ツアー)タブをクリックすると、ユーザーがWEBツールの概要を一目で理解できるように動画が組み込まれています。

スクリーンショット 2020-05-05 8.45.04


なぜ、動画が好まれるのか?

その理由は、1分の動画は180万語の価値、情報量があると言われているので短時間で理解できるからでしょう。

現代人は忙しく、せっかちですからね。

事実、ある調査では65%の人は製品サービスの詳細を学ぶために動画を選ぶと答えています。

また、企業にとっても動画を使うことでコンバージョンが最大180%もアップしたとの報告もあるくらいですから、もはや動画は必須と言っても良いでしょう。


デモ動画に必須な5つの要素

デモ動画とは何か、なぜそれが重要なのかを理解して頂けたと思います。

そこで次はコンバージョン率アップにつながる魅力的なデモ動画を製作するために必須となる5つの要素について解説いたします。



1、 見込み客の悩みを知る

見込み客が抱える最も深刻な悩みは何ですか?

これは最も重要な質問です。

もしかしたら、あなたもこの質問を知っているようで知らないかもしれませんね。

事実、既存ユーザーなどにヒアリングしてみると、意外な問題を抱えていたり、使い方をしている場合があるものです。

そこで、デモ動画を制作する前に、きちんとリサーチしてみるのをオススメします。

やり方は簡単です。

SurveyMonkeyなどを使う方法もありますし、優良顧客に実際にヒアリングしてみる方法もあります。

もし、あなたがリサーチを怠り、この質問に対する答えが的外れなものだとしたら、コンバージョン率をアップさせることはできません。

それは、つまり売上のアップにつながらないことを意味します。


2、 WEBツールがその問題をどのように解決するのかを示す

あなたの製品を使っているユーザーが抱える問題が分かったら、その問題を解決できることを示しましょう。

もし、あなたの製品があらゆる問題に対応できる優秀なWEBツールだったとしても、それを1つか2つに絞り込みます。

なぜなら、多くの人は1度に色々と言われても頭に残らないからです。

もう一つの理由はデモ動画に最適な時間は2分、長くても3分以内だと言われているからです。

WISTAの調査を見て頂ければ分かるのですが、動画の時間が2分を超えるとエンゲージメントが急激に下がっているのが分かると思います。

スクリーンショット 2020-05-05 8.55.13


出典:WISTA

そのような短い時間で多くのことを伝えようとしても無理があるのが分かって頂けると思います。



3、 ストーリーボードを作成する

問題と解決策のリストが作成できたら、次は何をどの順番で伝えるかのストーリーボードを作成します。

私が何十ものデモ動画、商品サービス紹介動画を見てきた結果、ほとんどの動画の構成は次の通りになっています。


問題→解決→ベネフィット(ユーザーが得られるメリットのこと)


この構成は問題解決型と言われるものですが、見込み客から顧客に転換するには有効な型の一つです。

この型に沿って動画を構成し、ナレーションなどのトークスクリプトを用意しましょう。



4、 WEBツールの動作を実演する

次は実際にWEBツールを使っているところを実演し、収録します。

全てをアニメーション動画で作ることも可能ですが、それにはAfterEffectなどの専門的なアプリケーションを使わなくてはならず、高度な知識やスキルを要します。

それよりもCamtasiaやマックユーザーであればQuickTimePlayerなどを使えばパソコン画面を収録できるので簡単です。

この部分がデモ動画の核となるのですが、全ての機能を紹介するのではなく、見込み客が抱える悩みにフォーカスしたものでなくてはいけません。

ですから、リサーチが重要なのですね。



5、 行動を促す文言を用意する

デモ動画は見てもらうのが目的ではなく、WEBツールの概要を知ってもらい、実際に使ってもらえなければ意味がありません。

そこで動画の最後には明確なCTA(行動への促し)を設置しておく必要があります。

冒頭の動画でも

「今日無料アカウントを作成すれば、すぐに始めることができます」

とアカウントを作成し、すぐに始めてくださいと最後に言っています。


まとめ

ホームページから何かを販売する企業にとってデモ動画は強力な武器になります。

それはWEBツールやアプリケーションを開発するソフトウェア業界に限ったことではありません。

動画はあなたの商品サービスの概要を簡潔、かつ魅力的に伝えることができます。

また、多くの人が実際にそれを求めています。

この記事を読んで頂いたあなたも動画の導入を今から検討することは良い選択だと思います。

それにより、ライバルよりも1歩先に行くことができるかもしれませんね。

ではデモ動画を制作する上で必須な要素5つは下記の通りです。

1、 見込み客の悩みを知る
2、 WEBツールがその問題をどのように解決するのかを示す
3、 ストーリーボードを作成する
4、 WEBツールの動作を実演する
5、 行動を促す文言を用意する



▼YOUTUBEチャンネル・ツイッター・noteのフォローお願いします!

【YOUTUBEチャンネル】  

売上アップに役立つ動画マーケティング情報を発信

MOVIE RAIZE (ムービーライズ)

【ツイッター】

https://twitter.com/yama_mikihiro

【note】

https://note.com/movie_raize


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」ありがとうございます。
3
ホームページやLPの滞在率、購入率アップに役立つ商品サービス紹介動画や動画広告などを専門に製作する動画クリエイター/マーケティング最先端の海外情報に精通しており有益な情報を発信します!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。