見出し画像

心で考えてることが100%伝わるわけじゃない

私は大学1年生の終わりからミュージカルを始めたのですが

歌えない
踊れない
芝居初心者

というまさに役者3重苦でした。

それまでは、正直なところ

私歌うまいかもしれな~い♪カラオケ大好きだし、よく褒められるし☆
ダンスはやったことないけど、なんかたのしそーう☆
お芝居??あ、小学校の学芸会で主役とかやってたよ!!

・・という、今から考えると頭を壁に打ち付けた後に
タイムマシンに乗り込んで、ひたすら過去の自分に説教をしたい。

そんな脳内お花畑ちゃんでした。

いざ、ミュージカルの稽古を始めてみると

まず

演出家「歩き方が変」

・・・はい?
私は日常的に歩いているわけで、それをあなたは全否定するわけですか?

演出家「なんか音痴」

・・・んん?
あの、合唱の時はお手本としてみんなの前で歌ったりしてた私ですよ?
音痴って、おんち、あのジャイアンの代名詞の音痴のことですか?
ちょっとお兄さん言葉の使い方が間違ってるかあなたの耳がおかしいんじゃないですかね。

演出家「泣いてる顔が笑ってるようにみえる」

・・それはもはや顔のつくりでしょうよ!!悪口か!!


と、何をするにしても怒られていたわけです。

今日はこの3重苦の中の、お芝居について。

「仕事で怒られても人格を否定されたわけじゃないからへこむな」
というありがたいお言葉がありますが

私は役者に関しては、
怒られたこと=今までの人生のすべて
だと言っても過言ではないと思っています。

冒頭に上げた歩き方なんてまさにその代表。

そりゃあ人前だから、緊張してうまく歩けないってこともあるかもしれませんが
普段できないことは、舞台上でもできないんですよ。

つまり、私は普段からちょっと変な歩き方をしていたんです。
さらに、人前で「歩く」という動作を見せようと意識するあまり、
もっと変になっていただけ。

でも、

舞台上で自然に歩く、走る、話すということは実はかなり難易度が高いです。

ふだん舞台を観ない方でも、ドラマや映画で感じたことはありませんか?

「なんかこの役者さんわざとらしいな〜」
「普通こんなリアクションするかな??ちょっと違和感」

芝居が「へたくそ」って思われるのは、
わざとらしいから、というのが一番多いと思います。

・自分がどう感じているかよりも、人(観客)にどう見せたいかを考えすぎている。

・ふつうに考えたらそんな大きいリアクションしないのに、舞台だからという先入観が先走り、オーバーリアクション。


かといって、自分の自然の状態で
感じるがままに動けばいいのかというとそういうわけでもない。

綿矢りささんの「夢を与える」という小説にとても分かりやすいシーンがあります。

主人公の女優は、ドラマの撮影中、カメラの前で
「ただひたすら恋をしていて相手を好きな気持ち」を心で感じます。
でも、どんなに一生懸命思っても、見ている人には伝わらない。演出家には「ただぼーっと立っているだけ」にしか見えず、怒られる。
主人公は、私はこんなに心の中で思っているのに、好きなのに、なんで伝わらないんだろう?と不思議に思う

私は、このシーンを読んだ時に

「うおおおお!!わかるわかる!!」と超興奮しました。

舞台上で集中が切れて、「あ、あそこにお母さんいる」なんて思ってしまった瞬間の表情を

「あの遠くを見つめながらも自分の運命を憂いてる様子が、すっごくよくて泣いてしまった」

と言われたり

お腹が痛すぎて、ああもうはやくおわってください神様・・
なんて演技に全く集中できなかった時に限って

「ものすごい集中力で、素晴らしい演技だった」

なんてアンケートに書かれたり・・

おおお!違うんです!!ごめんなさい!!

と思わず土下座したくなりますが、
よくあるケースです。

自分が感じてること、心で思ってることが
必ずしも100%の状態で観ている人に届くわけではない。
だからこそ、分かりやすくするための動きや演技を考えたり客観的に外からみてもらう必要がある。

これが、今の時点で私が考えていることです。

でも、正直
演技への考えは日々コロコロ変わっていくから、ファイナルアンサーではありません。

大学1年生からやってても、わからないことだらけ。
毎回、試行錯誤です。

自分の演技論を確立されていて、演技ワークショップを開いていたり
本を出版されている役者さんは、本当にすごいなあと思います。

私は役者を仕事にしているわけではないけど、
自分なりにずっと追求していきたい。







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
とても嬉しいです!!頑張って書きます。
4
ホテルのマーケティングを中心に、個人でお仕事をしています。うつ病やストレスが原因の体調不良の経験から、休み方が分からない方へお休みの方法をご紹介するメディア「休もう。」を運営しています。https://yasumou.com/ その他:30歳からチェロを弾いています。