見出し画像

私の故郷「東京」は、私が知っている東京

引っ越しもしたから「故郷」と明言できる場所はないのだけれど、
小さい頃過ごした思い出の街は、2つある。

1つ目は、麻布十番。
麻布はもともとはおばあちゃんの家なのだけれど、私の父が転勤族で
一家でオーストラリアに移住することが決まっていて
先に父がシドニーへ旅立ち、私と母がおばあちゃんの家においてもらう形で住んでいた。

今は「港区女子」とかいう単語もあるくらいだから、もしかすると
一般的には麻布十番はきらきらしたイメージがあるのかもしれない。
でも、私が思い浮かべる麻布はいつものんびりとした素朴な街で
今でもお墓まいりに訪れると、抱く印象は変わらないなあと思う。
新しいスイーツのお店とか、こだわりのお塩の店ができていて
人はたくさんいるけれど
昔からある有名な焼き鳥屋さんも、そんなに流行っているわけではないのに
ずーっと同じところで営んでいる今川焼きのお店も、
昔と同じような顔をして佇んでいる。

おばあちゃんの家の近くにあったタバコ屋さん。もう潰れちゃったっけな。
大きな毛虫が道の真ん中にうじゃうじゃいて、とっても気持ち悪かった裏通り、今でも春すぎになると虫の死体でいっぱいになるのかな。

私が思う麻布十番は、のどかで、ちょっと田舎なイメージ。
人もせかせかしてなくて、優しくて、ご近所付き合いが濃密だった。

2つ目は、広尾。
10年くらいは住む予定だったシドニー移住が、なぜか1年で終了して
私が東京に帰ってきたのは幼稚園生の頃。
広尾に引っ越してきて最初に感じたのは、外国の人がたくさんいるなあということだった。

広尾も、今はおしゃれな街として認識されていて、住みたいという人も
たくさんいる。いわゆる、憧れの街。

私の父母も、もしかしたらそんな思いで住んでいたのかもしれないけれど、
私から見た広尾は、特別おしゃれでも高級でもない。
と言うより、お金持ちの人やおハイソな場所もあるんだけれど、一方で
都営住宅があったり、昔からずーっと続いている小さなおもちゃ屋さんが
商店街にあったりして、いろんな価値観が混ざっている街のように感じていた。

赤っぽいアスファルトの小学校の校庭や、昔は地元の人に人気のパン屋さんがあった大通り。ちょっと歩くと恵比寿にいけるから、卒業式は仲良しの子と親たちと一緒に恵比寿ガーデンプレイスまで遊びに行った。あの頃は特別おしゃれな場所っていう感じじゃなかったし、緊張もしなかったけど、なぜか今行く方がちょっとかしこまってしまう気がする。

そんな思い出の中にある私の故郷は、すなわち私の東京へのイメージと結びついている。

人がぎゅうぎゅう詰めに押し込まれた満員電車
タワーマンションが並ぶベイエリア
真夜中までギラギラしてる六本木や池袋

「東京」というとそういうものをイメージする人が多いことには、驚きだ。

私が故郷と思っている東京は、多分その人たちが思う「田舎」にとても近い場所。

今住んでいる街も、住みたい街ランキングとかに上がっていたり
お金持ちマダムがいるような場所に思われていて、
THE東京だね〜みたいな表現をされることもあるのだけれど

正直なところ、私が一時期住んでいた三鷹と、ほとんど同じ感じがする。

三鷹に対して抱くイメージは
・自然が多い、のどか
・ファミリーが多いから平和な感じ

こんな感じだと思うのだけれど、実際に三鷹は自然が多くて
田んぼも普通にあって、あんまり高いビルもなくて。
毎日自転車で畑の横を通ると、向こう側に真っ赤な夕焼けがおりていくのが
見えて、いつもそれが幸せだった。
雪が降ればバスが動かなくて駅にもいけないし、帰り道に大きなカエルが
真ん中に寝そべっていて、踏んでしまいそうになったこともある。
夜ともなると本当に静かで、遠くに虫の鳴き声とか、車の通る音が聞こえてきていた。

ああ田舎だなあって感じる瞬間なのだけれど、
でも、今私が住んでいるところだって、正直大差ない。

さすがに田んぼはないし、収穫したブルーベリーとか野菜を売っている無人販売機とかもないけど。

あんまり高いビルもないし、電波塔が並ぶ風景に映える夕陽はとても美しいし、夜は静かで、今だって虫の鳴き声しか聞こえない。
ちょっと遅い時間に帰るとあんまり人もいないし、別におしゃれなカフェもない。

ああのんびりしてるな、って思う。

なんだけれど、ニュースとか文章とかで語られる「東京」のイメージは
どうもこういう感じではないんだな。

もっとがさつで、華やかで、騒がしくて。排気ガスが漂っているような
歩く人の目が死んでいるような、冷たい場所。

そんな印象を受けるんだな。

それ、私が知ってる東京じゃない。
正確にはそういう場所も知っているけど、でも、それが全てじゃない。
私の故郷の「東京」は、もっとずっと違う場所。

だからいつもね、違和感がある。

私は、私の知っている「東京」が、好き。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
57
不登校&うつ病→高校中退、でも今は元気に生きてます。ホテルを愛し、ホテルマーケターとして働いております。21歳から31歳まで演劇で役者を、30歳からチェロを弾いています。旅行のブログ:http://mousoutrip-marco.blog.jp

こちらでもピックアップされています

日常エッセイ part2
日常エッセイ part2
  • 28本
コメント (5)
いつきんぐさん映画で視覚的にみたイメージはのこりますよね(*´-`)実際あんな感じの人たちはあまりみませんが、、笑
地方の人にとっては東京と言えば華やかなイメージで渋谷や池袋はとても賑やかな街だと思います。
南青山や麻布十番や赤坂は華やかで、自由が丘や代官山はオシャレなイメージを持ちます。確かに、クリエイターやそこに住むプロが集まれば、そのような街になりますが、実際に日本に住んでればどこも変わらないものってあると思います。
メディアでその土地のイメージをつけることもありますが、ありのままの姿はやっぱり十人十色だと感じました。
ナズミロジックさん
初めまして、noteを読んで頂きありがとうございます。

華やかで賑やかに見える街も多いですが、おっしゃるとおり変わらないものがありますよね。メディアでの印象も大きいですね。

日本だけでなく海外の国で感じることもあり、表側のイメージの内側にあるものをちゃんと感じていたいなと思いました。
たしかに東京って、住んでみるとどこでも以外と普通な街なんですよね、、
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。