見出し画像

にしむらもとこ について

画像1

私のオフィスへは、つらい生き方を変えていきたい方、望む人生を歩みたい方など様々な方がお越しになられています。お子さんとの関係性・パートナーとの関係性に悩む方や、仕事関係の悩み、仕事を成功させたい悩み。そして人生の道に悩む10代の方もおみえになっております。

また、メンタルトレーニングを必要とするプロコーチや治療家、医師、占い師など多数の専門家の方々にセッションを行っています。

シータヒーリング講師 最高峰講師 『サイエンス』

米国補完医療大学認定 アーユルヴェーダ医学専門家
約700時間の本科を修了
アーユルヴェーダ歴18年(2020年現在)

ヨーガスクールにてアーユルヴェーダ講師養成クラスを担当
エステサロンでのアーユルヴェーダ導入
医療法人ハタイクリニック アーユルヴェーダセラピスト勤務
アーユルヴェーダ専門サロン・スクールにて経験を積む
インド人医師のコンサルテーションのサポートスタッフ


ホリスティック医学「アーユルヴェーダ」との出会い


中学生の頃「ホリスティック(体・心・気・霊性一体という考え)」という世界を知り衝撃を受け、私はこのことを学んでいくんだなと知りました。
そして、ホリスティック医学の起源ともいえる「アーユルヴェーダ」と運命的に出会い、夢中で学びました。
アーユルヴェーダは私が探していた「普遍的な生命の哲学」を教えてくれました。

病院やサロン、スクールにて貴重な臨床経験をたくさんさせていただきながら、施術や講師を経験してきました。​
自然の摂理に沿った最も体に優しいこの医学が「日常生活に溶け込むように」みなさんにお伝えしていけたらこんなに素晴らしいことはないと思っています。

潜在意識から心身をクリーニングする「シータヒーリング」との出会い
シータヒーリングは、わたしが求めていたスピリチュアリズムの全てを伝えにきてくれました。
子供の頃から目を背けてきた「つらいトラウマ」や「避けてきた現実」を子供を通して直面していた時、友人を通してそれはやってきました。
以前から、「私は『大丈夫だよ。』といってあげる仕事をこれからするんだな」と感じ続けてきたところへの出会いでしたので、それは必然でした。

その頃直面していたわが子との問題は、箱にずっとしまっておいた私の闇を映し出していました。
わが子をとおしてみる写し鏡の私は「怒りや悲しみを最大限にエネルギーにかえて生きている自分」でした。
わが子が「事件」を起こしたとき、やっと逃げずに解決できる心の中の箱をあけられる・・・とどこかホッとして、やっと、闇ともいえる自分の内面に向き合える時がきたのを喜んでいた自分がいました。(「事件」についてはクラスでお話しさせていただきますね。)

そして、自分の内面と向き合い、シータヒーリングのクラスを受講しながら、セルフワークをたくさんして、とことん「直視しないことで生きてこれた箱にしまった自分」と向き合い、そして解放していきました。
シータヒーリングは一言でいうと「愛」です。
解放してすっきりしていくわたしの中には「愛」がたくさん流れ込んできました。
自分を無条件に許していくと、自分への強制や修行好きの感覚、ど根性こそ美しいという感覚、「~ねばならない」と自分をしめつける選択法をどんどんと忘れていきました。

すると、わたしの人生はみるみる変わっていきました。
夫婦関係、子供との関係、出会う人や出会う環境、すべてがとても変わりました。
本当に世界が変わったものもあれば、私が勝手に色眼鏡でみていただけだった既存の世界もたっくさんありました。
私の心がオープンしはじめると、古くからの友人からお誘いをまたもらうようになったり、思いもよらぬところから信頼を受けご紹介を頂きはじめました。
世界がどんどん安心なままに広がっていっているのです。
するとお仕事もプライベートも、とてもスムーズに簡単に思いが叶う生活になってきたのです。

シータヒーリングはサイキックで幽霊が見える様な「特別な人がするスピリチュアルではありません。」
私の様に、どちらかというと左脳型の方でも、どんな方でも導かれていい「本来の人の道」ともいえるスピリチュアリズムです。

SHINY DAYS(シャイニーデイズ)では
アーユルヴェーダの「普遍的で最高の生命科学」と、シータヒーリングの「許しと慈愛を感じる、普通のスピリチュアリズム」を皆さんにお伝えしています。
そして癒しと変容のムーブメントを、 人生に、そしてこの世の中に、皆さんと一緒に起こしていきたいと思っております。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
スピリチュアルカウンセラー/米国補完医療大学アーユルヴェーダ専門家/シータヒーリング®︎サイエンス講師/HP http://shiny-days.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。