スタッフまりこの北京日記

10
Vol.10 学校での約束事って明文化されていますか?

Vol.10 学校での約束事って明文化されていますか?

こんにちは、マザークエストスタッフのまりこです。 子ども達がインター校に通っていた時、新学年の始めや、修学旅行や野外キャンプに参加する際など、いろいろと誓約書みたいな文書にサインをすることがありました。 日本だと、守って欲しいことやルールが通知されるというスタンスで、特に親がサインをして出すようなことはあまりないと思います。少なくとも、我が子が通う学校では、宿泊研修に参加することに対する同意書くらいな気がします。 北京で通っていたインター校では、ICTの使い方や、学校や課

スキ
2
Vol.9 好きなことをみんなと共有する

Vol.9 好きなことをみんなと共有する

娘がインター校に通っていた頃、英語がまだほとんど話せない娘がとても楽しみにしている時間がありました。それは、シェアの時間。 週に1回自分が発表できる時間が決まっていて、今自分がはまっていることを発表したり、家で作った工作を披露したり、頑張って練習したピアノやダンスをみんなに聞いてもらったり、何でも好きなことを発表できる時間でした。 娘は話せないながらも何か伝えたいと思ったようで、マジックをみんなに見てもらいたくて、マジックを練習し、台本を一緒に考えて覚えて、忘れちゃった時

スキ
2
Vol.8 先生方の職場としても魅力的な場所

Vol.8 先生方の職場としても魅力的な場所

こんにちは。マザークエストスタッフのまりこです。北京から帰国してから感じることを綴っていきます。 最近話題になっている「#教師のバトン」。教師という職業の素晴らしさを伝えてほしいという意図から始まったこの企画で、教師という職業の大変さが伝えられていることがニュースになっていますね。我が子の入学式や卒業式に出席できない、我が子が風邪を引いても休暇が取りにくい、と教師をする友人から聞いたことがあります。個人的には、子どもたちに愛情を注いでくれる先生だからこそ、我が子の晴れ舞台に

スキ
5
Vol.7 体育でもPDCA

Vol.7 体育でもPDCA

こんにちは。マザークエストスタッフのまりこです。 昨年まで子ども達が通っていた北京のインター校で、とても驚いたことの1つが「体育でもPDCAを回している!」ことでした。 中学部では、各単元毎に目標を決め、練習やトレーニングをして、その成果を測り振り返りをする、というまさにPDCAのサイクルを回していました。 例えば、バスケットボールの時には、目標として「○○の場所からシュートが入るようになる」を決め、そのための練習として上腕部と下半身の筋力アップのためのトレーニングのメニ

スキ
2
Vol.6 「みんな違ってみんないい」と感じた先生の朝の挨拶

Vol.6 「みんな違ってみんないい」と感じた先生の朝の挨拶

こんにちは。マザークエストスタッフのまりこです。 マザークエストでは、10月に学校教育に関するアンケートを行いました。たくさんの方に回答いただき、とても感謝しております。皆さんからのアンケートを拝見して強く感じたことは… 教育の内容そのものよりも 先生と生徒、あるいは先生と保護者との信頼関係があるかどうかが保護者の満足度に影響する ということでした。 こんな時期だからこそ、というのもあると思いますが、子どもも親も密で丁寧なコミュニケーションを求めているように思います。ア

スキ
4
Vol.4 休校中のオンライン学習 その2

Vol.4 休校中のオンライン学習 その2

前回は、小2の娘のオンライン学習についてお伝えしましたので、今回は中2の息子のオンライン学習についてお伝えしていきます。 中学部では、元々自分用のMacBookを毎日学校に持参することになっていて、学校で使っているグループウェアがあります。そこに課題が配信され、終わった課題をアップロードするのは、オンライン学習に入る前と同じです。このため、使い方などは既にわかっていたので、割とスムーズにオンライン学習に入れた気がします。毎日担任の先生からメールが届き、今日の時間割(通常と同

スキ
5
Vol.5 休校中のオンライン学習を終えて思う事

Vol.5 休校中のオンライン学習を終えて思う事

子ども達が北京で通っていたインターナショナルスクールは、4か月半に渡るオンライン学習を終え、6月中旬から夏休みに入りました。学校は高3は4月末から、中3は5月中旬から、それ以外の中高生は6月1日から、4年生以上は6月8日からと徐々に再開されましたが、先生方も生徒も半数近くが中国外にいたため、ソーシャルディスタンスを守れる程度の人数で再開となったようです。我が家を含め国外にいた人達は、後期は学校に通えないまま終業式となりました。 日本での休校中の対応を耳にすることもありました

スキ
5
Vol.3 休校中のオンライン学習 その1

Vol.3 休校中のオンライン学習 その1

前回の投稿からしばらく間があいてしまいました。 1月末に旧正月のお休みで日本に一時帰国していたら、その間に新型コロナウイルスの影響で学校が2週間休校になり、オンライン学習になると通知がありました。1月の間は、2週間後に帰れるつもりでいたのですが、まだ学校は再開のめどが立たず、子ども達と私も日本にいます。オンライン学習ももう8週目となりました。その内容を少し紹介したいと思います。 オンライン学習になると連絡があった時、マインドセットについて紹介されました。画像を最後に添付しま

スキ
4
Vol.2 「今日はどんな質問をした?」

Vol.2 「今日はどんな質問をした?」

明けましておめでとうございます。今年も充実した1年でありますように。 スタッフまりこの北京日記のVol.1では、子ども達が通う学校はとても楽しいらしい、とお伝えしました。今回は、先生方からよく聞く言葉や質問をお伝えします。 最初の保護者会で先生から言われたのが、「ご家庭で『今日はどんなことをした?』という質問の代わりに『今日はどんな質問をした?』と聞いてください」でした。授業中に質問をすることは内容の理解を高めるために大事だし、どんな質問をしたかでその子の今の興味がわかる

スキ
3
Vol.1 何話してるか全くわからないのに、楽しい学校

Vol.1 何話してるか全くわからないのに、楽しい学校

2019年8月から北京に来て、子ども達がインターナショナルスクールに通い始めました。子ども達にとっても、私にとっても初めてのインターで、勝手がわからないことばかりです。 子ども達が通う学校が特殊なのか、インターとはそういうものなのかも、私にはわからないの部分が多いのですが、面白いなと思うことを綴っていきたいと思います。 最初に思ったことは、 「言葉がほとんど全く理解できないのに、子ども達は楽しいと感じる学校ってすごい!」 です。 うちの子ども達は、中2息子と小2娘です。

スキ
2