見出し画像

元体育会学生だった僕が体育会学生の就活の流れを教えます!

「これから本格的に就活をしようと思うけど、何をしたらいいの?」
「部活しかしてこなかったから、内定がもらえるか不安」

こういった悩みを持った体育会学生が多いと思います。

実際に僕も就活を始めるときに何をしたらいいのかわかりませんでした。


少し僕のことを紹介すると...

小学3年生から大学4年生まで部活でサッカーを続けてきました。
就活と部活を両立し、数十社から内定をいただきました。
現在は、IT企業に勤めています。

この記事で紹介する就活の流れをしっかり守れば志望企業から内定をいただく方法がわかります。


なぜ、志望企業から内定をいただく方法がわかるかというと、理由は2つあります。

過去の体育会学生の就活のデータをもとにした方法だから。
元体育会学生だった僕が、実践し志望企業から内定をいただいた方法だから。


この記事を読み終えると、自信を持って就活を始めることができます。

記事の前半では、「体育会学生の就活の現状」を紹介し、後半では「体育会学生の就活の流れ」を紹介します。

それでは、早速本題にいきましょう!


体育会学生の就活の現状

これから出てくる調査データは、株式会社ディスコ キャリタスリサーチが2017年卒業予定の体育会学生283 人に行った調査結果です。

この調査でわかった結果が体育会学生にとって有益なデータなので紹介します!


6月中旬の内定の有無

内定

このデータは、「6月時点の体育会学生と一般学生の内定の有無」を表したものです。

体育会学生の方が、一般学生に比べて2.8%多く内定をもらっている学生が多いことがわかります。

このデータから多くの企業が体育会学生の採用を積極的に行っていると推察することができます。

あと、体育会学生の就活の特徴で2,3ヶ月の短期間の就活で就職先企業を決めます。

早く部活に専念したいから就活を短期間で終わらすという考えを持った体育会学生が多いですね。


就職決定企業の株式上場の有無

株式上場

このデータは、「就職決定企業の株式上場の有無」を表したものです。

体育会学生は、一般学生に比べて20.6%も株式上場企業(大手企業)に就職していることがわかります。

ちなみに、僕の友達も大手企業に就職している割合が高いです。


以上の「6月中旬の内定の有無」「就職決定企業の株式上場の有無」の2つのデータを見てわかる通り、企業は体育会学生を積極的に採用していることがわかります。

自信を持って就活に望めますね!


体育会学生の就活の流れ

体育会学生の就活の流れを以下の5つに分けます。

①自己分析
②就活エージェントに登録
③ES対策
④面接対策

一つずつ詳しく説明していきます。


1.自己分析

「就活を本格的に始める時期」のところでも自己分析が重要と話しましたが、就活で最も大切なのが「自己分析」です。

なぜ、自己分析が就活で最も大切かというと、

「自分がどう生きたいか?」

を決めるからです。

「自分がどう生きたいのか?」が決まることで、その生き方を叶えるためには「どの業界・企業に行きどんなスキルを身に付けるのか?」が決まっていきます。

こうやって、逆算していくことで自然と自分に合う企業は見つかります。


2.就活エージェントに登録

自分にあった企業探しの方法がわからない学生が多いと思います。

僕がおすすめするのは、就活のプロである"就活エージェント"に登録することです。

就活エージェントをおすすめする理由は、3つあります。

①カウンセリングから各個人にあった企業を探してくれる
②企業と学生のミスマッチが起こりにくい
③効率的に就活を行える

僕は、就活エージェントに登録する前は自分で企業探しをしていましたが、企業説明会に参加してみると思っていたような企業ではないという経験を何度もしました。

就活エージェントに登録してからは興味の湧く企業ばかりを紹介していただきました。

就活エージェントでは、カウンセリングを行うことで各個人にあった企業を探していただけます。

企業の紹介だけでなく、面接対策まで行っていただきました。

担当の方から1社1社丁寧に企業説明をしていただき、僕の将来を本気で考えてくださってくれている気持ちを感じ、100%信頼することができました。

様々な就活エージェントがありますが、僕がおすすめしたいのが“体育会学生特化の就活エージェント”です。

「体育会特化の就活エージェントってなに?」と疑問を持った方のために詳しく紹介した記事があるので確認してみてください!

「体育会特化の就活エージェントってなに?」


3.ES対策

ES対策なんですが、あなたは企業から評価されるESのポイントを知っていますか?

企業から評価されるESのポイントを知ることがES対策の1ステップ目です。

企業から評価されるESのポイントは3つあるます。

経験・実績が人事の印象に残るか?
論理的思考ができているか?
企業で活かせる学びを得ているか?

各ポイントを詳しく説明していきます。


1.経験・実績が人事の印象に残るか?

人事の方は、説明会、面接を合わせると1日に50人以上の学生と会います。

だから、学生1人1人を覚えるのはなかなか難しいです。

印象的な経験・実績があれば、人事の方の印象に起こりやすいです。


2.論理的思考ができているか?

企業に入社すると、常に論理的に考え仕事を進めていかないといけないです。

論理的に仕事を進める理由の一つとして、

仕事を早く進めることができるから

論理的に仕事を進めることで必要な作業のみを行い効率的に仕事を行うことができます。


3.企業で活かせる学びを得ているか?

学生生活で、学んできたことは学生によって異なりますよね。

企業は、“学生生活でなにも学んで来なかった学生”よりも”意欲的に何かを学ぼうとした学生”を採用したいと思います。

理由は、

「企業に入社しても意欲的に学ぼうとして企業を大きく成長させてくれる」

と、思うからです。

だから、学生生活で学んだことを企業にしっかり伝えることが重要です。

以上がES対策についてです。

ES対策についてもっと詳しく知りたいという学生は、"評価されるESの書き方"についてまとめたので参考にしてみては?

"評価されるESの書き方とは?"


4.面接対策

「面接対策を、大学の先生や友達同士でしようと思っていませんか?」

僕がおすすめする効率的に面接対策を行う方法は、

「実際に企業で働いている方に面接対策を行う」

です。

理由は、

企業が欲しい学生像を理解している

人事の方は、今企業の成長に必要な人材を見つけるために採用をします。

企業の成長に必要な人材像は、実際に働いている社会人の方しか知らないです。

だから、必ず企業で働いている社会人の方に面接してもらってください。

以上で体育会学生の就活の流れですが、さらに就活を有利に進めたいという方は、"3つのことをしたら就活強者になれる方法"をまとめたのでチェックしてみては?

「就活強者になる3つのこととは?」


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
小学3年生から大学4年生まで部活でサッカーを続けてきました。 就活と部活を両立し、50社ほど企業を見て数十社から内定をいただきました。 現在は、IT企業で働いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。