見出し画像

【体育会就活】体育会学生の"強み"と"弱み"

「企業から評価される体育会の強みと弱みってなに?」

体育会学生で就活のときにこの悩みを抱きませんか?

僕も就活をしているときに、客観的に見たときの体育会学生の強みと弱みを知りたいと思いました。

強みを知ることで、さらに強みをアピールするようにし弱みを改善する必要があります。


数十社から内定をいただいた僕が体育会学生の強みと弱みを紹介します。


体育会学生の"強み"

画像1

僕は、就活のときに体育会学生が企業から高く評価される2つの強みを見つけました。

企業から高く評価させる2つの強みは、


1.挫折経験
2.コミュニケーション能力


以上の2つが体育会学生の強みになります。

具体的に一つ一つに強みについて説明していきます。


1.挫折経験


体育会学生の1つ目の強みは、「挫折経験」です。

現在、僕はIT企業で働いています。

企業で働いて思うことを正直に言います。


挫折の連続です。


初めてのことばかりで何もできいない自分に情けなくなったり、

少し仕事ができるようになった!と思ってもすぐにまたできない仕事がやってくる。

挫折の連続です。

でも、出来ない仕事がどんどん出来てくるようになるときが仕事をしていて楽しいと思えることの1つです。


少し話しが逸れましたが、就活をしているときにこの強みが企業から求められる強みなのかなと感じていました。

実際に企業で働いていることで確信に変わりました。


企業から求められる強みは、「挫折を乗り越える力」です。


体育会学生は、多くの挫折をしてきて多くの挫折を乗り越えてきました。

「挫折のまま人生が進んでいる。」なんてことはないですよね。

「挫折を乗り越える力」は、企業は高く評価してくれます。


2.コミュニケーション能力


体育会学生の2つ目の強みは、「コミュニケーション能力」です。

コミュニケーション能力が体育会学生の強みだと思う理由は、


「部活」が、コニュニケーション能力を育てる最高の環境だからです。


どいうことかというと...

毎年、新しい先輩ができたり、後輩ができたり、監督・コーチが変わったりと「人」が常に入れ替わる環境にあります。

新しく出会った人と話し「どういう人なのか」を知っていきますよね。

この繰り返しで体育会学生のコニュニケーション能力はどんどん育っていきます。


だから、就活の選考の一つのグループディスカッションでもうまくグループに馴染み会話をスムーズに進めることができます。


以上の2つが体育会学生の強みになります。

次に、体育会学生の弱みを見ていきましょう。


体育会学生の弱み

画像2

体育会学生の弱みは、2つあります。


・言語化能力

・時間


一つづつ具体的に説明します。


1.言語化能力

言語化能力を簡単に説明すると...


自分の価値観・考え・気持ちを言葉にして説明する能力です。


体育会学生は、価値観とか考えを言葉にして説明していると思っていても相手が理解できていないことが多いです。

「なぜ、相手に自分の価値観・考えを説明しても理解されにくいのか」というと、部活が大きく関わっています。


試合中のある場面を例で説明します。

相手にプレーの改善を伝えるために

「もっとこうして欲しい」

って、相手に自分のしたいプレーを伝えます。

このときに、「なんでそのプレーを改善しないといけないのか?」っていう根拠は説明しません。


理由は、共通理解があるからです。


この場面のプレーを改善しないといけないという共通理解があるから、根拠を話さずにその次に

「自分はどうしたいのか?」

という話しをします。


だから、体育会学生は共通理解がある前提で話すから根拠がわからず相手に自分が伝えたいことが伝わらないということになります。


2.時間

体育会学生は、どうしても部活があるから就活にかける時間が少なくなります。

僕が就活をしているときに時間がないなと感じたときは、


「選考を受けた企業数」です。


僕は、まだ3社ほどしか面接やグループディスカッションを経験したことがないのに選考を一緒に受けた学生はすでに数十社の選考を経験していました。

数十社の選考を受けている学生は、選考中緊張しているようには見えず人事の方からも高い評価をいただいていたと思います。


以上が体育会学生の"強み"と"弱み"でした。


体育会学生の強みと弱みを理解しただけでは意味がありません。

強みは伸ばし、弱みは改善しないと選考中に他の学生と比較されたら負けてしまいます。


体育会学生の強みは伸ばし、弱みは改善する方法を記事にしました。

「体育会学生が3つのことをしたら就活強者になる!!」という記事を書いたのでぜひ、見て実践してください!




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
小学3年生から大学4年生まで部活でサッカーを続けてきました。 就活と部活を両立し、50社ほど企業を見て数十社から内定をいただきました。 現在は、IT企業で働いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。