ぢーこのつぶやき

81

「前提が大事」とはこのことだったのか!と気づいた話

さをり布を手芸材料として売るお店、コースタ814 を開店してから今日で四日目です。

おかげさまで布たちは順調に売れていき、
「これは絶対売れますから! 売らせてください!」
と勢いこんで段ボールごと買い取ってしまった「可愛いさをり織りの布」たちは、日本全国に旅立って行きました。

昨日と今日は初日に発送した布が届いたお客様から、
「届きましたよ!」
というご連絡とともに素敵な写真をたくさん送って

もっとみる
励みになります。嬉しい😆
23

麒麟がくる 勇者は泣きながら魔王を退治した

昨夜リアルタイムで見られなかった「麒麟がくる」を今見終わり、突如として滂沱と嗚咽が止まらなくなった。

「こんな丸顔で撫で肩の信長なんて絶対嫌だ」と思っていたのに途中から

「こんな孤独と狂気で人を魅せる信長は他にいないかも」に変わり

最終回はもう信長オンステージだった。

唯一信長を手放しで褒めてくれた帰蝶にも愛想を尽かされ、戦続きで夜も眠れず、誰が心を開ける味方なのかわからず疑心暗鬼になり、

もっとみる
励みになります。嬉しい😆
6

マストどんのこと

マストドンという古生物がいる。

最初にこの名前を聞いた時、「西郷どん」のニュアンスで「マストどん」なのだろうと頭が誤変換した。

「MUSTどん」
あれもこれも「やるべき」「やらねば」と強制してくる、私の頭の中の支配者の名前にぴったりだ、と思った。

こいつは、受験勉強みたいなクソつまんないことをするには、いてくれた方がいいのだけれど、それ以外の場面では邪魔でしかない。

私が無邪気に楽しんでい

もっとみる
やったあ!ありがとう😊
9

受け取っているのは「刺激」なのか「不思議」なのか?

 スマホやタブレットがポピュラーになってから「子どもにyoutubeを見せるな、スマホを触らせるな」VS.「小さいうちからデジタルデバイスに慣れておく方が先々有利」という議論をあちこちで見聞きします。

 持論ですが、前提が全員違うのにどちらかに決めろというのは乱暴すぎると思います。子どもも家庭もバリエーションがあるのに、答えがどちらか一つしかないのは不自然。

 それぞれのご家庭での様子を見なが

もっとみる
ありがとうございます😊私も大好き❤
26

COVID-19と逃げ恥スペシャルとヒトの多様性について

年始に話題になった「逃げ恥スペシャル」をようやく見ることができた。

平匡さんの安定の可愛さにやられっぱなしだったが、後半には違和感しかなかった。

私が鈍いからなのかな?

今回のCOVID-19大流行で

「2度と生きて会えないかもしれない」

みたいな悲壮感を感じた人は、そんなにいたんだろうか?と思ってしまったのだ。

(日本国内限定の話です。他国では死亡者数も桁が違うので、日々の恐怖も日本

もっとみる
励みになります。嬉しい😆
10

企業の採用担当者の仕事は未来ある若者に勘違いさせることである

※この投稿は、天狼院書店が主催するライターズ倶楽部での課題投稿において、ボツになったものを掲載してみる試みです。面白ければ天狼院書店のWEB天狼院に掲載され、面白くなければボツになります。私は面白いと思って書いてるので、どこかで日の目を見せてやりたいと思っていた文章です。

=====

「いやあ、いいねえ!君みたいな人と仕事がしたいんだよ、僕は。ぜひ名古屋においで!」
日焼けした健康そうな

もっとみる
やったあ!ありがとう😊
11

「死ぬのが怖い」はなし

過去に息子と話したことの記録。
18歳の彼が感じていたことです。

-----

受験生くりさん、煮詰まると部屋から出て話しに来る。

今日のお話は、「死に向き合う人が、希望を持って生きるには」というテーマ。

なんでまた、そんな深遠な話題なのか、と思ったら、いま現国の授業でやってる題材なんだそうで。

その前に、前提として
昔からくりくんと私の死に対する感覚は全然違う。

くりは、死んで自分の意

もっとみる
スキって言われると好きになっちゃう〜!
13

応用行動分析(ABA)の好きなところ

「罪を憎んで人を憎まず」ということばがありますよね。

やっちゃったことは、悪い。
でも、あなたが悪いわけじゃない。

したことが悪いだけで、あなた自身がダメな人間じゃないんだよ。

子育てにおいても、そんなふうに言ってもらえたら、子どもは嬉しいし、安心できると思うんですけど、

実際には、やっちゃったことは、大抵、その子の性格に起因することだと思われて責められます。

たとえば、忘れ物が多ければ

もっとみる
ありがとうございます😊私も大好き❤
4

鍼灸マッサージ師 五十嵐いつえ……恐ろしい子

※しばらくの間、タイトルの意味が全く分からない展開が続きます。
私の体がどのように辛い状態にあったのかを書かないと、五十嵐いつえ(通称いっちゃん)のすごさがわからないと思うから。
引っ越しと、娘の手術と、講座の課題と、急な発熱と頭痛。
これらのプレッシャーと闘いながらぼろぼろになった私の体を、いっちゃんのゴッドハンドというか、ゴッドお灸というか、が治癒につないでくれた話を書きたいのです。
辛気臭い

もっとみる
励みになります。嬉しい😆
18

病院にはホストが必要なんじゃないか?と思った話

この一週間ほど、熱と頭痛が続いており、かかりつけ医で検査したが、インフルエンザでも新型コロナでもなかった。

そこで今日は紹介状を手に近隣の大きな病院へ。
大きな病院の外来は大抵午前で終わるので、ちょっと焦った。

受付を済ませ、採血と採尿とCTの順番待ちをしていると、何やらトラブルっぽい声が聞こえてくる。

診療時間が過ぎてしまい、もうこれ以上受付できないと看護師さんが説明しているのに、どうして

もっとみる
スキって言われると好きになっちゃう〜!
15