日記6月19日(水)

「人身事故につき電車が遅延しています。」
かつての僕は、いらだち怒っていただろう。

でも、いつからか、その言葉を聞くたびに、
もしかしたらそれは自分だったかもしれない、
と思うようになった。

電車にはねられて、ものすごく怖くて、痛い思いをして、
その上たくさんの人が非難するだろう。

きっとわかっている。
それでも、そうするしかなかったのだ。

僕は、事故で電車が遅れるたびに、
胸がきゅーっと苦しくなる。
イライラして文句を垂れている人たちを
一人ずつ殴り飛ばしてやりたいとさえ思う。

今日は、そんな一日だった。
僕は電車の中で目を瞑り、そっと祈った。


この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?