見出し画像

日記6月17日(月)

自分の機嫌の取り方をストックしておかなければ梅雨は乗り切れない。
そう思ったので、部屋の中でできるたのしいことをリストアップすることにした。

・マンガをはじめから読み返す。
僕は長いマンガは苦手で、いつも途中で離脱してしまうのですが、今のところ『スキップとローファー』と『ひらやすみ』は面白いので、買って読んでいる。おすすめだ。(スは10巻、ひは7巻)

・ゲームをする。
トライアングルストラテジーとユニコーンオーバーロードが途中なので早くクリアしたい。
ペルソナ5や、オクトパストラベラー2をもう一度はじめからやるのもありだと思っている。(この2作品は僕の中でNintendo Switch作品の殿堂入りをしている。あとはゼルダ。ゼルダは、何も考えずにひたすらフィールドを歩いて山を登るのが結構好き。

・コーヒー豆の焙煎をする
これは無心になれるので、ほぼ瞑想。焚き火とおなじ。
網ををひたすら振り続けるので運動効果も期待できる。

・読書する。
まあ、これは平常運転である。
でもあまり最近は集中できていない。悲しい。

・旅行の計画を立てる。
頭の中で旅するだけでも結構楽しい。計画を立てるところが楽しさのピーク、ということもしばしば。これは僕が旅行2日目が結構体力的にしんどいのが主な要因、もういい帰ろう、となる。一人なので自由なのが良い。
これ複数人と旅行だったら申し訳ないな、といつも思ってしまう。

・掃除する
気分が暗くなったらとりあえず掃除するに限る。

・会話する
梅雨時って、誰かに会いたいけれど、会うのがめんどくさくなる。
その狭間で格闘している気がする。
スペースとかしようかなまた。でもへたっぴなんだよなあ…ファシリテーターをやってくれる人がいればなあ。

・詩を書く
実はこれが今一番やりたいことかもしれない。
言葉そのものと思いっきりぶつかりたい。という欲求が意欲を駆り立てる。
でも詩の書き方なんてわからない。
詩を読んでいるんだけど、なんかすごいなあ、わあ、みたいなバカみたいなかんじで終わってしまう。勘所みたいなのがわかるようになりたい。


この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?