見出し画像

日記6月10日(月)

なぜ、こんなにも、眠いのか。
薬か、体力の低下か、睡眠か、もしくは全てか。

夜は少し文章を書いた。
意外と文字数というものは増えないものである。文字数が多ければ良いわけではないけれど、さらりとよめる文章の量とは一体どれくらいか。
文学フリマで出したものは4万字だった。
4万は読み慣れている人にとっては1時間ちょいで読める量。多いと感じる人もいる。

値段とのバランスもあるだろう。
300円で、さらっと読める量ならちょうどよいけど、
1000円であまりにも早く終わったら、なんだかなと思う。
もちろん文字数と値段は必ずしも比例するわけではない。
校長の話が長いからといって、それだけの価値があるとは限らないのだ。

わからなくなってきたので、散歩して、コンビニに寄った。夜のコンビニが好きだ。

毎日日記を書いていて思う。
なんて平凡な暮らしなことか。
だけどその平凡が
僕を僕たらしめているのだ。

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?