見出し画像

日記6月15日(土)

人混みに同化してみようと思い、土曜日の京都の街へとくりだした。

電車では本を読んでいた。 
カフカの日記は30ページくらいしか進まない。
読んでも読んでも、先に進めない。
これは僕の読解力に問題があるのかもしれない。ただ、本は読み続けていればいつか必ず読み終える、読み終わらない本、というのは原則存在しない。そこが良い所でもある。

京都駅からあるいて5分くらいのところにある鴨葱書店に初めていった。
とても良い本屋だと思った。
向坂くじらさんのエッセイを買って、カフェですぐに読む。
夫婦って、なんじゃろ、と一人で考える。
こういう距離感っていいなって思う。

そのあとは、ビールを飲んで良い気分になったので満足して帰った。
あと祇園祭の囃子の練習が聞こえてきた。

ものすごく日記的な一日だった。

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?