見出し画像

仲間を探したい

起き抜けいちばんに気付いたことがある。とても鬱な気分だ。何をする気にもなれないし、出来ることもないし、外に出る気力もない。ずっとベッドの中で過ごした(もうこういう生活も慣れた)。

新年を迎えたからといって、過去の全ての行いが清算される訳ではない。絶対に許さないと思っている人間も数人ながら居る。カメラロールの画像、消そうかな。見る度にフラッシュバックしてはしんどくなる。「もう何とでもしてくれ」半ばそんな気持ちだ。けれども、許せなくなる程に僕の一極集中型なやり方とそれこそ躁状態が被っていたりしたら、それは恐らく僕でも付き合っていくのは難しいだろう。

「法律が時代に全く追い付いていない」みたいな問題はずっと昔から言われてきたことだし、それを人間としての最適解として法律が存在するのだ。決して完全ではないが、最適解なのだ。

自分の中に二人の自分が居るような気がする。人格解離とか、そういうものじゃなくて、「やれる人」と「やれない人」。そして、どちらの自分もメリット・デメリットを兼ね備えて、僕の中で息衝いていることも。

今日はやれない人が僕の当番だ。明日こそ、やれる人が当番になって、どうか僕を何らしかの方法で衝き動かしてほしい。去年からの積ん読にも手を伸ばせていない、ギターも弾く気にもならない、好きなことぐらい自由にやらせてほしい。生きるだけで毎日必死なんだからさあ。niwの活動範囲を少しだけ広げようと思っている。仲間を探したい。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
niw : Vocal, Guitar, Songwriter
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。