見出し画像

Monday morning sickness

ほとんどの人は人生を仕事をして暮らしている。僕はというと、毎日が日曜日だ。「楽でいいね」「何でもどこでも行けるじゃん」みたいなことを言われると、とても耐えられない。孤独は人を狂わせる。ただ残念ながら、僕は引きこもりにかなり向いているので、このままの生活を楽しみたい。「ワーク・ライフ・バランス」じゃなくて、「ライフ・ワーク・バランス」だろとか思ったり。

今日は新年を迎えて、また再び社会へと飛び出していく人たちへ、ささやかな報告がある。以前にも書いたのだが、せっかくひとりで動きやすいのだから、アルバムを作りたいなあ、とか考えていた。けれど、やっぱりあの曲やこの曲は僕だけの力でなんとかなる訳でもないし、そもそもそれを僕の名義でやってしまうのも…とかを悩みだして、結局シングルをまず作ってみることにした。タイトルは変わらずに『贖罪の羊』。因みに今日のnoteの画像はそれのアートワークのラフ画をもらったやつだ。本当に自分だけでは出来ないことが色んな人の力を借りることが出来て完成していく。負けないようにと僕も一応全力を出す。多分また入院しちゃうんだろうなあ…。懲りない。

1st Single 『贖罪の羊』
1.カナリア
2.スケープ・ゴート
3.彗星が落ちた夜に

「あれ?ブックレットと曲、重複してね?」と思った方、御名答。この三曲をさらにお金を掛けてレコーディング・ミックス・マスタリングをする。値段をどうしようか、とかミュージック・ビデオは2と3であえて、アルバムの時だけ入る曲にしようか、みたいな完全な独裁妄想が頭の中で駆け巡っている。とにかく、人と力を合わせて何か一つのことを完成出来た瞬間というのは、何にも代えられないものがある。僕の場合は文章や音楽だったけれど、別に他に何かあれば、きっと構わない。そして無かったとしてもそれはそれで構わない。生きているだけで十分だと思っている。頑張ろうっと。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
niw : Vocal, Guitar, Songwriter

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。