見出し画像

【旅窓と一頁】杜の書棚から。「ナイン・ストーリーズ」

「両手を叩く音は知る、
 ならば片手を叩く音は?」
         禅の公案

初めてこの本を読んだのはいつの頃だっただろうか?
高校の時だったかな?卒業後だったかな?
訳者も違ったはずだし、内容もよく覚えていないが、最初に短編の「バナナフィッシュに最適の日」(「バナナフィッシュ日和」ではなかったと思う)のバナナフィッシュという言葉が印象に残っていて、そのあと吉田秋生作の「BANANA FISH」を面白く読んだ。そっちの方がよく覚えている。

最初に有名な公案「隻手音声」が書かれていた。
昔読んだ本にもあったかどうかはまったく覚えていない。
短編を読み進めていっても、この公案が頭の中で繰り返し出てきて、気になってしようがが無い。

旅は独りでもできるが、宿は旅人がいて初めて宿になる。
旅人がいない宿はただの建物だ。
案外旅人も宿それがの道端での野宿であっても夜を明かす場所がなければ、旅にはならないのかもしれない。

旅の電車の中で、そんなことを思いながら読んでしまった為に物語の内容が今ひとつ入ってこなかった。また改めて読み直そう。

#ナインストーリーズ #サリンジャー #今日の一頁 #杜の書棚 #morinoki

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Thanks!
5
The Otaornai Backpackers' Hostel MorinoKi 「おたるないバックパッカーズホステル杜の樹」より 小樽 北海道で最も古いゲストハウスのひとつです。1999年オープン。