見出し画像

「今朝の旅窓と一頁」杜の書棚から

雨にも負けずも、銀河鉄道もココロの底のさらにその下の暗渠には、黒く激しく無音で流れる怒りがある。と、小学校の頃、初めて彼の本を読んだ時に感じた。
基本は怒りなのかもしれない。
どうにもならない自然のことや理不尽な扱いや横柄な偉そうな人やこの世の中や。。。

彼の詩の中でこの詩に最も惹かれるのはその辺りのことなのかもしれない。

#宮沢賢治 #詩ノート集 #今朝の一頁 #杜の書棚

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。
The Otaornai Backpackers' Hostel MorinoKi 「おたるないバックパッカーズホステル杜の樹」より 小樽 北海道で最も古いゲストハウスのひとつです。1999年オープン。