見出し画像

NovelJam奮闘記~番外編・チームKOSMOSの一員としてできること


知恵熱出てるんですが、脳みそがドライブ状態なので、忘れないうちに書いておこうと思い、いまPCを立ち上げました。
森きいこです。
NovelJamももう大詰めですね。あっという間。
実は11月から体調を崩しまくりで、かなり自分の考えていたスケジュール感を守れず販促はほぼチームメイトに任せまくっていました。
JAMJAM~も言い出しっぺのくせに半分死んでいましたが、なんとか更新できてよかったです。後夜祭なんでのんびりやりましょう。

販促の報告はKatoさんや澤さんにまかせきり。わたしは今回「スピンオフを書く」と言ったものの、体調不良による大スランプに陥り、書けないというスパイラル。
仕事をこなすことが精一杯で、折角直した生活リズムもぐっだぐだに……

そんな中、スピンオフをひねり出しては、澤さんが電子書籍にしてくださったり、こばじさんが黙々とグッズを出してくれたり、katoさんに「生きてる?」って言われてりしていたんですよね。
んで、スピンオフは澤さんがんがんやって結果出してくれている、(幸運にも)天籟日記自身はわたしが寝込んでいる間にみなさんが余白に書き足してくれたりして、ちょっとずつ進んでいっていました。
ある程度落ち着いた今、わたしの出来ることを考えたんです。

①katoさん:賢いおじさん、ちょっと怖い。ネコチャンじゃなくなった。
②澤さん:仕事早い、色々知恵をくれる。
③こばじさん:アイドル、絵がうまい。グッズ担当大臣。
④わたし:寝込んでる人……

寝込んでいる人……ができること。
それはゲームシナリオ……
ゲーム……
シナリオ……

じゃあ、ゲーム作ればいいんじゃない???

澤さんの小説をゲームシナリオに改変する許可をいただき、
ゲーム化のプランを共有、実際にシナリオ化しました。
はじめはエンディングまで別のシナリオ(正規のメンドリと少し違うエンディング)を書いていたのですが、澤さんの御意向で修整。


で、地獄はここからです。
仕事と違い、ゲームのシステムなんてないわけです。
無料ソフトを使用しましたが、まぁ、準備は全部自分なわけですよね。

1)背景素材の用意――これはビルダーに備え付けの背景、無料素材を探し回って用意
2)キャラクターの透過画像の用意――(ここでまずわたしが「わかんない!」と関係のないkatoさんに噛みつく)(本当は「表情差分がほしい」とわがまま言っていたけど、こばじさんが死んじゃうので諦めました)
3)システムにシナリオを流し込む

地獄。
体調は戻りつつあるも、元々そんなに賢くない脳みそでは理解を超えることがたくさんあるんです。
すったもんだの末システムに入れる。
分量としては、一般的なノベルゲームのミニシナリオくらい。
登場人物出します、ひっこめます、背景変えます……ウワァー! こばじさんの絵を入れるだけでめっちゃ戦闘力あがるーぅ!……そういう指示をしていき、なんとか出来た……よし、問題なく作動する……書き出してあとは全部katoさんに押し付けちゃえ!!

(知恵熱で熱い額に保冷剤を巻き付け、katoさんにファイルを送り付けて寝ようとした、そのとき)


katoさん「動かないんだけど」
森「???????? え、ローカルじゃ動かないんじゃないですか?」
katoさん「いや、ローカルで動かないのネットでも動かないから」
森「???????????????」


謎のエラー。
森の思考完全停止。
ブラウザ版をどうしても出したかったのですが、どうしても修正できず、現時点ではダウンロード版のみです;;
ふがいない……

https://twitter.com/sd_tricks_kato/status/1204663054484377600?s=20


そうして出来たのはこのゲームです。
無事エラー原因を突き止めましたら、ブラウザで遊べるようになります。
(それをチームKOSMOSの5番目の戦士と呼んでいる方に縋っている女です)

チームメイトのために頑張ろうとしてちょっとトホホとなってしまった森きいこでした。トホホ。

だったのですが!!!

こんな感じでブラウザ版も天籟日記に参加して下さっている空乃木さんのご助力で成功! すごい! 人の力を借りまくって完成しました;;

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
ライターです。好き勝手書き散らかしたり、観劇の記録だったり、いろいろです。
コメント (5)
ネコ魔法の効力は時間限定だ
そしてこんなやさしいおじさんはいないはず
もりたさんありがと~;; のんびりがんばる! 来週会えるお楽しみに生きる
(しらんぷり)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。