*nao*

システム開発者 兼 大学講師。AI、ノートテイク、要約筆記、音声認識、字幕、マイコン、地域協働、ももいろクローバーZに関心あり。

考えてみたシリーズ

ノートの中で、考えたり、まとめたりしてみたものを マガジンにしてみました。

すべて見る
  • 13本

リアルタイム翻訳字幕の特性と向き合い方

序章ゆかりねっとコネクターという音声認識型の翻訳システムをつくっています。500人以上の方に支援をしていただきながら3年以上運用を続けています。 認知が広がるにつれ、製作者側が驚くような素晴らしい使い方もあれば、「もっと使い方の工夫ができればもっとよくなるのに…」もあります。 たまに「つかえねーよ、こんなもん」と直接連絡をくださる方もいますが、まぁ、それも1つの個人の感想でしょう。そこを含め、いろいろかきつづってみます。 前提として(意訳も含めた)完ぺきは翻訳を望むなら

スキ
6

デジタル・トランスフォーメーション(DX)

いわゆる全体最適のようなもの。「デジタルやITをはじめ、いろんな手段をつかいながら、より良いありたい姿へシフトする」 その昔、ドラッカーが「労働集約型から、知的労働型へ」というのにも、トランスフォーメーションの雰囲気を感じる。 全体最適といえば、それぞれのセクションだけで「最適な方法を取り入れよう」みたいな、部分最適の塊みたいなことをやっても、結局うまくいかないんだろう。 あと、DXするためには理念・信条・ポリシーってのも大事なんだろうね。最初からこの辺りに自信があれば

スキ
1

私はなぜ配信をみるのか?

家に居る人が増えてなのか…ゲーム実況をはじめとした配信が増えてます。まぁ、きっかけがなければ、進んで見に行こうとはならないかもしれませんね。でも、あえて一歩踏み込んでみると人生観が変わる、というお話。 1.配信といえば…メジャーなところでいけば、Youtuber、Vtuber みたいなところですかね。 Youtubeだと、割とテーマを決めた配信をしていたり、もう有名どころの人も多いですね。 日本ではまだまだ有名ではありませんが、ゲームを中心とした動画配信プラットフォームと

スキ
9

この世のスピードは思ったより速い。

世の中のスピードっていうのは、ものすごく速い。 アーリーアダプターが反応し始めるころには、 もうかなり先を行く人たちが道を切り開いている。 そこに、グローバル化が相まって、 同じ土台に立つ人が何億人もいる。 ウェブサービスを使えば情報がはいってきて、 翻訳エンジンをつかえば 大体の言いたいことがわかる。 オープンソースはどんどん生まれ、Qiitaみたいなところでは どんどん技術情報が文章化され、皆に共有される。 StackOverflowみたいなサイトで国籍関係なく

スキ
3

字幕・音声認識関連

ノートテイク、音声認識、文字通訳など、文字で音声を伝える関連の記事です。

すべて見る
  • 48本

リアルタイム翻訳字幕の特性と向き合い方

序章ゆかりねっとコネクターという音声認識型の翻訳システムをつくっています。500人以上の方に支援をしていただきながら3年以上運用を続けています。 認知が広がるにつれ、製作者側が驚くような素晴らしい使い方もあれば、「もっと使い方の工夫ができればもっとよくなるのに…」もあります。 たまに「つかえねーよ、こんなもん」と直接連絡をくださる方もいますが、まぁ、それも1つの個人の感想でしょう。そこを含め、いろいろかきつづってみます。 前提として(意訳も含めた)完ぺきは翻訳を望むなら

スキ
6

新アプリ「テロップアシスタント」とは

テロップアシスタントって何?イメージとしては、配信ソフト「OBS Studio」などと合わせて使う「リモコンアプリ」みたいなもので、OBSの外から表示内容を書き換えられるツールです。 これ使うと何がうれしいの?たとえば、5人の選手が順番にでる配信をやるとしましょう。その場合、名前を埋め込んだレイアウトを5つ作るわけですよね。まぁ、5個ぐらいなら 何とか作れるかもしれませんが、これが毎回増えてきたら大変ですよね。 そして、レイアウトを1枚弄るとしたら、残りの4枚も同じように

スキ
11

2周年記念!イベントのおしらせ

ゆかりねっとコネクターが支援運用をはじめて、もうすぐ2年になります。 こんな暗い世の中だけど、もっと楽しく明るくしたいなぁ、なんていうのもあり、ちょっとイベントをしてみようとおもいます。 イベント概要ゆかりねっとコネクターをつかった動画をコメント付きでツイートしてください。 <参加条件>  ・ゆかりねっとコネクターをつかっていること  ・ツイートに動画のリンクが載っていること   (クリップや、Youtube/TwitchのアーカイブでもOK)  ・ハッシュタグ :下記

スキ
3

調整について。

たまにツールを使ってくれている情報を得ると、唐突にみたりするんだけど、いろいろためしてくれた動画をみつけたので、今日は設定に関するコメントを返してみようと思う。 ほんと、ゆかりねっとコネクターをつかってもらえてうれしかったです。 設定についてのコメント たくさんしゃべると文字が上に行っちゃう件。まず文字が伸びてきたときにどちら側に文字をスライドしていくか。 ここにチェックをいれると、上に伸びていきます。チェックを外すと、下に伸びていきます。まずスクロールアウトするのが

スキ
3

マイコンやってみたシリーズ

すべて見る
  • 4本

M5StickV での QRコード認識

1.すごいデバイスが手に入ったAIoTと呼ばれる、AIとIoTを推進するデバイスがどんどんふえつつあります。 このM5StickVは、無線機能はついていないけれど、AIコアがついているので、畳み込みニューラルネットワーク(CNN)を比較的高速に処理できるマイコン(K210)が載っています。 まぁ、日本ではまだまだ入手困難で、タイミングを逃すとなかなか手に入りません。スイッチサイエンスか、共立電子エレショップから入手するのが無難でいいとおもいます。 こんなに小さいデバイス

スキ
13

M5StackでWiFiプローブを作る

Wi-Fiを触り始めると、「ほんとにデータ飛んでるのかな?」とか気になりだしますよね。ってことで、それを解析できる環境をちょこっとつくってみましょう。 1.そういうアプリがある昔は、AirPCapなどのハード(なんだかんだで10万ぐらいしたやつ)を使えば、すぐに測定できるわけですが、AirPCapも販売が終わっています。 で、いろいろ探してみたら、すでにそういうアプリを書いていた方がいるので、これをベースに環境を作ってみます。 2.使いやすくするために公開されているプロ

スキ
1

技術書典6

4/14に、池袋で行われた技術の祭典、「技術書典6」。いろんな情報をもった作家さんが本や基板などを売る、かなり熱いイベントでした。 自分の興味にヒットすればかなりアツいわたしも、仕事柄いろんな技術に触れて、使えるようになっていきたいなとおもっています。自分だけではあまり理解が進まない分野を「誰かがすでにトライして、失敗や成功を繰り返し、かみ砕いた」という点でも、こういう作品・技術書が手に入る環境ってとっても大きいのです。 会場はとっても混んでいた! 会場は、文化会館ビル

スキ
2

OBSをM5Stackでコントロールする

自作シリーズ!noteには、M5Stackで遊んでる様子を何個かあげてました。 今回は、OBS Stduio のシーンスイッチャーにしてみましょう。 WebSocketでのやりとりOBS Studio は、映像録画/配信ソフトです。そして、遠隔操作するにはWebSocketプラグインを追加しましょう。 これをいれたら、あとは決められたシーケンスに従ってデータを送っておけば、遠隔操作が完了します。 ちょっとだけ解説{ "request-type":"SetCurr

スキ
4

フォト共有(β)にアップしたくていれてみたシリーズ

すべて見る
  • 5本

フォト共有(β)にアップしたくて入れてみた#1

スキ
7

フォト共有(β)にアップしたくて入れてみた#2

スキ
5

フォト共有(β)にアップしたくていれてみた#3

スキ
5

フォト共有(β)にアップしたくていれてみた#5

スキ
3