見出し画像

たまに、ミシン

プロフィールに載せていることを少しずつ書いていこうと思っている。(詳細プロフィール更新中)
今回は「たまにミシン」について。

長女を出産する数か月前に退職し、数年間専業主婦だった時代がある。
その時に古くて年季の入ったミシンを実家から持ってきた。
そもそも母は一切裁縫をしない。ミシンどころか、裾上げやボタン付けすらしない。針と糸は持たない主義の人だった。
姉や私はまだしも、当時家庭科を習うことのなかった弟ですら、とれたボタンは自分なりに付けていた。
なので何のためにミシンがあったのかは不明である。
たぶん私たち娘のために買ったのだろう。高校生の頃、スカートを作った記憶がある。そのくらい…。

母が処分しようとしていたミシンを引きとり、まだ幼かった娘たちの昼寝時間を利用して私はミシンと向き合った。
作り始めると楽しくて、あの頃は暇を見つけては何か作っていた。
最初は直線縫いの巾着やクッションカバーなどから入り、
慣れてくると娘の洋服を作るようになった。

スカート、ワンピース、パンツ、ジャンパー、帽子
作り始めると止まらず、またそれを姉妹お揃いで着せて「可愛い」と自己満足に浸っていた。
ボタンホールが苦手で、そして小さい頃からさせられていたせいかボタンを縫い付ける作業が好きではなく、ブラウスシャツだけは作らなかった。

そして仕事復帰とともにミシンと向き合う時間は激減する。

それとともに完全に洋服作りは終了した。
以来、作っていない。成長とともに親の作った服なんて着なくなっていくし。
保育園バックや学校で使うものも手作りはしていたが、ミシンを取り出す行為すら面倒になった。


今もどちらかというと面倒なのである。



最近作るものはインテリア小物や、ポーチ、ランチバックなどがほとんどだ。
たまに娘からもオーダーが入る。
このくらいの大きさで中にポケットが2つ欲しいんだよね、とか。

手作りのいいところは、この痒い所に手が届く感じ。

普段はミシンを出すのも面倒なので、出来る限り市販品を とりあえずは探してみる。
なかなか気に入ったのが見つからない。
仕方ない、作るか、そんな気乗り薄な理由でミシンを取り出す覚悟を決める。

しかし作り始めると、この気持ちは変貌する。
やはり楽しいのだ。もう夢中で作る。
布1枚が形になる嬉しさ。
作り終えて自己満足に浸り、次に作るものがないのに、作るものを探す。
この端切れでポーチを作ろうか、なんてことになり、
しばらくはリビング中央にミシンを出したまま、何か作りたい病を発症し、そこから動かなくなる私。

そして無駄にポーチやバッグが増える。

こうして肩や首が凝り、疲れきるまでミシンをかける。

以前はお昼寝タイムと言う時間制限の中で作っていたので、やり過ぎることはなかった。日がな作れる今は、「たまに」が適切な時間なのだ。なので存分にミシンと向き合い満足したら、面倒になるような場所へと収納し、ほどほどの距離を保つくらいでちょうどいい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しい!その優しさに乾杯😊
71
北海道在住/看護師/ライター/シングル/娘2人 ☆詩とエッセイを書きます ☆心象風景や自分の日常、子育て回顧など ☆些細な幸せと小さな迷いを大切に ☆読書/海外ドラマ観賞/書く/歩く/ 整理収納/ たまにミシン/そして旅 ☆初めましての方へ、詳細プロフィール入れました

コメント10件

でも そっちの方が個人的に 価値があると思います😌
ふゆほたるさん✨
価値があるとは到底思えませんが🤣🤣
ありがとうございます😉
そんなマイナスなこと言わないの!笑
私には 十二分にありますから😉
ふゆほたるさん✨
了解😁 感謝💕
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。