紫 りえ♪

ゆるめ日常エッセイと詩を書く人☆旅する日本語2019/2020連続入賞/他 賞関連は名刺用マガジン「mycloset」に収納 ☆アイコンは猫野サラさん作 ☆普段は重点医療機関で働く看護師☆ミルクティーとビールをこよなく愛す☆大江千里さんファン

とりとめもなく備忘録のように ②

先月から引越しでバタつく中、書く幅を広げすぎて首を締めていました。 そのぶん、言葉とひたすら向き合っていて、脳が溶けてしまったのではと思うほど脱力したり。 訂正…

さつき半ばに遅咲きの桜便りを

通勤経路の車窓から視界に入っていたピンク色は、いつの間にか散ったのか新緑に変化していた。 それでも大丈夫。 蕾でスタンバイしていた八重桜が、バトンを渡されたよう…

ダブル引越し中~逃避したり戻ったりしながら~

先月卒業した次女が戻ってくることになったので、休みのたびに車で少しずつ荷物を運び出している。同時に、昨秋一度戻ってきていた長女が家を出るための引越し準備をすすめ…

強い雨が降っていたから

きっと雨音で目覚めたのだろう 強い雨が降っていた まだ朝になるまえのころ そっと目頭を指先で押さえると 薄闇の色が深くなり 雨音が近づいてくる その音に追い立てられ…

ようやく蕾

明るくなるのが随分早くなり 朝活しやすくなりました 青空ですが気温は急降下中 今晩からは冷えた雨が降って 明日には雪になるようです 冬靴は既に洗って仕舞い済み 冬コ…

次女と絵本制作~卒業によせて~

講堂に集う卒業式は中止になった。 三月下旬、娘は教室で卒業証書を受け取り、通っていたデザイン学校を無事に卒業したと連絡がきた。 その2週間ほど前、広い校舎を利用し…