見出し画像

2020年11月11日(水)Libfulに参加

今日はポッキーの日、個人的には「チンアナゴの日」の方が好きかも(笑)

祖母の葬儀も含め、このひと月はバタバタだった。縁あってこういうプロジェクトにも参加した。

「Libful|疲れている、悩んでいるパパ、ママが頼れる場所を創りたい」

以下、Twitterアカウントから引用

【過去の誰かの経験が、いまの誰かの支えになる。】/メンバーの実体験(弟がダウン症持ち。両親の頑張り、苦労をみてきた)から、いろんな保護者さんをサポートしたいと思い活動している名古屋の大学生4人組です! /子どもの発達が気になる方にも当たり前に支援が行き届くようにしたい。「いいね」は、共感、応援、気づきの意味です。

きょうだい児さんが立ち上げたこのプロジェクト。経験したことを伝える、それが、今しんどい思いをしている人の支えになったら、いいなということ。私が次男のことを発信し始めたのも、最初はそういう思いからだった(と、思い出した笑)まあ、ほぼ親ばか丸出しかな。どの子もどんな人も、にこにこ笑顔で過ごせるように、暮らせるように願って参加させてもらった次第です。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
お読みいただき、ありがとうございます。
3
「笑顔が人を幸せにする」が座右の銘。日々の記録・自身の人生録・実証録。長女、長男、次男の3人の子どもたちとパピヨン2匹と共同生活しています。次男はT21のダウン症、次男を含むすべての人が生きやすい世の中になるよう、発信します。