凪由ハイル

何処かで生きている私が、何処かで生きているあなたと繋がる場所。趣味でイラスト練習中。楽しい。 本/映画/アニメ/歌/森/公園/カフェ/歩くこと/書くこと/踊ること/人を笑わせること/可愛い人 が好き。コメントも気軽にしてください、新しい価値観と出会えたらそれだけで嬉しいから🎐
固定された記事

自分の価値は自分が決めるんだよ。

慰めるでもない 励ますでもない ただ あなたなら大丈夫と 心から信じてくれているだけで それだけで十分だ 人を強くするのは いつだって信頼と愛 くさい言葉かもしれな…

「今、ここ」を感じて、それがすべてだと安心して。

雨の音 聞こえなかった 画面に夢中で 外で何が起きているかなんて 気づかなかった これでは駄目だ 私たちには 今しかなくて 未来だと思っている存在も 今だと感じ…

本当の自分でいる勇気

私はずるい。 言いたいこと、感じたこと、やりたいこと、 全部目の前の人が欲しいものを選ぼうとする。 自分が望むことがあっても、それを他の人が嫌がる未来が予想できて…

指が進まない。書きたいのに私の頭で表せる程簡単な問題でもなく、3行進んで2行消しての繰り返し。疲れてしまった。書くことで誰かを傷つけるようなことはしたくない。でも自分の痛みから学んだことを書くときにどうしても「何故」が必要になってしまう。表現力のなさをどう乗り越えようか。。

女の子と男の子か最初に決めずに書くことが多い。下手だから途中で「あれ、この子男の子の方がいいな」なんてことがザラだから。。この子はハク様を書こうとしたら逸れて出来上がってしまった美少年(のつもり)。

中島みゆきの「宙船」が自分軸を究極にわかりやすくかっこよく歌った曲だということに気づいた夜。なんてかっこいいんだ。「おまえが消えて喜ぶ者におまえのオールをまかせるな」…鳥肌なんてもんじゃない。もはや鳥になる。本当にカッコいい。中島みゆきの全歌集、絶対に手に入れよう。