見出し画像

病欠でも仕事を可能にしたもの(メールの転送)

テキスト更新が滞りまして申し訳ございませんでした。

ようやく熱もある程度まで下がりまして、だいぶ楽になりました。
ただ昨日ソファの上であぐらをかいたら、腰にピシッと電気が走り、ややギックリ腰も抱えてしまった状態になりましたが、快復に向かっているような気がします。

さて、今日を含めて3日間休むことになり、準備していて良かったもの、どうしようもできなかったものに関してテキストを書いていきたいと思います。



まず準備していて良かったものとして「会社PCから携帯電話へのメール転送」です。何が良かったかというと、会社のPCに入ってくるメールを携帯電話で確認が取れたのは勿論のこと、緊急を要する案件に関しては携帯電話のメールアドレス(Gmail)から返信が出来たので、顧客が感じる不憫を少しでも軽減出来たのではないかと思います。現にこの休みの間で先方から預かりたいもの、納品希望のもののやり取りが出来ただけでなく、そのやり取りをCC、BCCを利用して社内の人間にも伝えることが出来て、ある程度連携がスムーズに進めることが出来ました。

ただこの「会社PCから携帯電話へのメール転送」もいくつか弱点がありました。私の転送の仕組みへの理解が浅いため、どういう理屈でメール転送が行われているか厳密には分からないのですが、弱点として会社PC及びメールソフトが起動していないと携帯電話(Gmail)へのメール転送が発生しないということでした。たぶんサーバー上で自動的にメール転送をするわけではなく、メールソフトを介して転送する仕組みないしは設定になっているようで、会社PC及びメールソフトが起動してないと何も届かない状態になるようです。そのためメールソフトを閉じられたり、スリープモードや電源を落とされてしまうと何も転送されなくなってしまいました。

今後はスリープモードに成らない設定に加えて、画面だけブラックになるように設定を行い、休んだ際は会社の人にPC及びメールソフトの立ち上げだけを依頼すれば済むようにしておこうと思います。


次に準備出来ていれば良かったことに関して書きたいと思います。私が準備出来ていればと思ったのは「リモートコントロール」です。以前の会社の際には同僚から進められて TeamViewer というソフトを介して、会社のPCへ遠隔操作(他のPCやスマートフォンで会社PCの操作をする)をして仕事を出来る状況にしていたのですが、現職場ではあまりそういったことに知識がないため使っていないのですが、これが出来たらもう少しやれることの幅も広がり、ただ横になっているだけの不便を感じずに済んだように思います。(まぁ、そんなことをせずに快復に努めなさいという気もしますが)

(TeamViewerの使い方や設定の仕方等は、今後導入することがあればテキストにも起こしたいと考えていますが、未定なことなので、ご要望の声があれば別途準備を考えています)


自分が休んでも業務や会社は回るとは言いますし、事実そうなのでしょうが、どうしても自分がやらなくてはならないと思う方が無理を押して出勤せずに自宅からでも、それを実現できる何かの参考になれたら嬉しいです。

ご拝読ありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

物語を書いたり、自分の考えを書いたり、いろいろな試行錯誤をこれからもゆっくりでもしていこうと思ってます。その私の試行錯誤が皆様のお役に立てれば何より嬉しいです。

ありがとうございます!
4
私は中小企業の営業として働いている30代の人間です。noteを始めたのは、物語を書いたり、自分の考えを書いたり、いろいろな試行錯誤をしていく予定です。温かい目で見て貰えると助かります。私の試行錯誤が皆様のお役に立てれば嬉しいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。