田浦さんimage002コピー

モノタロウが世界を変える!海外事業部門長インタビュー ‐ How MonotaRO's Global Business Department Changes The World

田浦秀俊(Hidetoshi Taura)
海外事業部門 部門長
東京大学工学部機械工学科卒業、同大学大学院新領域創成科学研究科修了。2009年、ボストン・コンサルティング・グループ入社。中部・関西の製造業を中心に、戦略策定・オペレーション改善・コスト削減・営業改革等の幅広いテーマでのコンサルティングに従事。18年3月モノタロウに参画、6月、海外事業部門設立とともに部門長に就任。19年執行役就任。韓国・中国・インドネシアでの子会社展開及び輸出事業を推進。

(English follows Japanese)

海外事業部門長の田浦さんに部門の発足から現状、そして今後の展開についてインタビュー形式でお話を伺いました。本稿ではその内容をお届けします。

まず海外事業部門について教えてください。発足の目的、発足当時に集めた人材についてもお願いします。

海外事業部は発足してからまだ2年経っていません。モノタロウのビジネスを世界の国々に広めていくことを目的として発足しました。
国が違えば、状況、環境、お客様の動向も変わります。必然的に私たちが提供するサービスも変わります。その中で、それぞれの国のお客様に謙虚に対応することができ、業務を進める中で自分を進化させていけるメンバーを集めました。

この2年未満の間に随分メンバーも増えたと思いますが、現状はどのような構成ですか?

海外事業部はマーケティング、商品採用、ITシステム開発、(実際に海外に販売するための)物流の4チームで構成されています。10人弱でスタートしましたが、今では30人を超えています。その内半分以上が外国人で、それぞれが各チームで活躍しています。

海外事業部門は今後どのように発展していくとお考えですか?

初めに全体的なことを言うと、海外事業部門はモノタロウの成長の3本目の柱として捉えています。1本目は国内向けEC、2本目は大企業向けEC、そして3本目が海外向けECです。各国のお客様に貢献することで、大企業向けECと並ぶ規模に成長させたいと考えています。

それを進めて行く上で、日本のやり方、既存のやり方を押し付ける気はありません。輸出ビジネスに携わっている人、現地で実際にビジネスを行っている人、それぞれが主役となり、モノタロウが国内で培ってきたノウハウを融合し、さらに進化させてより良いサービスを提供していきたいと考えます。


基本的に現地の方は、その国で力を発揮していただきたいと考えているので、子会社を置いて最前線に現地の方を配置してビジネスを展開するということも念頭に置いています。もちろん日本からの後方支援は大事なので、連携してやっていかなければなりません。実はこの形は現状でも機能しています。例えば韓国の子会社などでは既にこの形ができていて、実際に売り上げも伸びています。


今もいいチームでいいサイクルで仕事ができているので、これを加速して続けていきたいですね。

今後の発展に向けて、どのような人材を求めますか?また、求める資質やスキルはありますか?

採用基準として明確に明言するものはありません。私は面接時にはバックグラウンド、功績、国など、一切気にせず、余計な先入観を持たずに、相手と接します。資質で言えば、謙虚に事実を受け止め、その上で何をやるべきかを的確に判断できる人、相手に謙虚に対応できる人を求めます。この仕事はいろんな国の方々に多くのことを教えてもらわなければできないビジネスですから。

私自身もこの会社に来るまではECに接点はありませんでした。新しいこと、知らないことにチャレンジするとき、一番努力しなければならないのは自分自身です。知らないことは勉強する、その時に周りから助けてもらえるように自分を高める、得た知識は幅広く展開してチームに力を付ける、ということを続けてきました。そういうことを継続的に謙虚に努力していける人を求めます。

田浦さんimage003

最後に海外事業部門の魅力を教えてください。

海外事業部門には面白いと思っていることが2つあります。
1つ目はチャレンジです。日本よりもアジアの方が進んでいることはたくさんあります。多くの優秀な人材もいます。そういった場に、モノタロウの海外事業部は純粋にチャレンジしていっています。ターゲットはもちろん現地顧客なので、日本と同じものをただ売ればいいというのではなく、市場リサーチから始め、現地に則したビジネスを展開する必要があります。自分たちがそこに純粋にチャレンジできているということにワクワクします。

2つ目はチームメンバーです。メンバーの半分は外国人なのですが、バックグラウンドに捉われずに、自分たちがチャレンジする場で活躍できる人を採用しています。同じ方向を目指せる多様なメンバーと仕事ができるのは面白いです。

基本的に立場によってやれることに制限はしません。チャレンジしたいことに手をあげてもらえれば、常にチャンスは与えたいと考えています。
また、ワークバランスはしっかりしているのでそこはご安心ください。

モノタロウでは共に働く仲間を募集しています!

(English)

We interviewed Mr. Taura, general manager of global business division, in the form of an interview about the current status of the division since inception and future development. 

First of all, please let us know about the Global Business Dept. as well as the purpose of the dept. and initial team members 

It’s been less than two years since the Global Business Dept. has started. The purpose of the dept. is to expand the MonotaRO’s business globally.
Conditions, environment, and customers’ trend are all different in different countries. Then services we provide will naturally become different. The starting members of the Global Business Dept. are persons who can work for overseas customers honestly and improve themselves in such circumstances.

Team members have increased a lot until now. What is the current structure of the dept. like?

The Global Business Dept. consists of four teams; Marketing, Merchandising, IT System Development, and Logistics (for exporting). First we’ve started with less than 10 members. Now we have over 30 members in the dept. and more than half of the members are non-Japanese people from various countries. They are all active in each team.

How do you expect the Global Business Dept. will develop near future?

The Global Business Dept. is considered as the third main business of MonotaRO. The first one is domestic e-commerce in Japan, the second one is e-commerce for enterprises in Japan, and the third one is the B-to-B e-commerce in overseas. I would like the overseas B-to-B e-commerce to grow as much as e-commerce for Japanese enterprises.
On the way to achieve this goal, I don’t say we will “have to” adopt the Japanese style of business or our business style experienced in Japan. People who have been involved with the export business or people who actually run their businesses in their countries, I would like them to be active in their field applying the know-how we obtained in the Japanese business. I expect that we develop and improve further and provide the service that can satisfy overseas customers. 

I basically think that if we employ a person in a country, then that person can be active locally in that country. To make this work effectively, placing overseas subsidiary is always in my mind, so we can run and expand our businesses locally. In this case, cooperative relationship between local side and Japan side is quite important. Of course we can always support from Japan. This style of business, in fact, is working successfully already. We have built this style with one of our overseas subsidiary in Korea and actually the sales have been increasing. We currently have a good working cycle with good team members. I would like to accelerate and continue the current good working style.

To achieve the ideal development, what type of person would you like to work with?

I have no clear recruitment standard. I always interview an applicant with an open mind leaving aside the given information such as background, achievement, country, and so on. 

However, the personality I may require is clearly determined. I would like to have the person who can accept the fact humbly, determine what to do considering the fact, and then work for customers honestly. This is very important since our business cannot run without learning a lot of things from people in various countries.

I myself haven’t had any experiences in EC business. When challenging a new thing, I am the one who has to really work hard. I make a lot of effort to learn things which I don’t know and try to improve myself to be a person who can be supported by team members, and then I pass my knowledge obtained to team members to enhance the team. This is what I have been doing and I would like a person who can make ongoing efforts to do this.

田浦さんimage003

Finally, please tell us attractive points in the Global Business Dept.

I think there are two interesting points in this dept.

One is “challenging”. There are so many things which are ahead of Japan in Asian countries and there are so many competent people. Now MonotaRO’s Global Business Dept. genuinely challenges in these countries. The target is of course local customers. Then we cannot just sell the same products as we do in Japan. We have to start from the market research in the target county so that we can run the business following that country’s manners and rules, and respond to demands properly. I am very excited about this challenging.

Another is team members. Our team members, i.e., half of our team members are non-Japanese, are employed regardless of the background and recognized as members who all can be active in the assigned tasks in each team. Working with such various team members who are facing in the same direction is fun. 

 
If a member wants to challenge a thing, I basically would like to give a chance equally regardless of the positon. And the important thing when working, our company has a good work balance. So please enjoy challenging in our good work environment.

We are Hiring!


スキありがとうござます!よろしければフォローもお願いします!!
7
モノタロウ~♪ のCMでおなじみの事業者向けECサイトを運営するモノタロウのnote公式アカウント。 メンバーの取り組み、日々の様子を発信しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。