鉄道趣味論

63

知ったような者の夢から

 どこかの知らない街を歩いている。ひとりで歩いているのだが、これは休みの日の旅行ではない。仕事で来たのか、誰かに呼ばれたのか。

 その街には高架があって、電車が走っている。ちょっとその電車を見たのだが、これはどんな電車だったか忘れてしまう。

 そのうち今度は吊り掛け電車(感じとしては江ノ電の元王子電車に近いかな?)の2連が通りすぎて行くのを見た。

 あれ撮れないかなと俯瞰できる丘のような地形

もっとみる
ありがとうございます。
1

模索、まだ答えは出ない

 こういうのは人それぞれなんだけど。

 自分は鉄道に興味を持って、ブルートレインとか荷物列車とか好きになった。
 小学生の頃は九州にDF50を見に行きたいと思ったし、それから加悦鉄道、別府鉄道などという渋い存在も知り、日本海金属八森や松本製材に至っては、自分の好きな鉄道というやつは、こんなに幅が広いのかと思ったりしたものだ。

 地方私鉄は今でも好きだし、一時ハマった遊覧鉄道訪問も、面白い所があ

もっとみる
はげみになります。

またまた架空国電について

 国鉄のいわゆる「80系電車」、「湘南電車」だけど、その最初にデビューしたものは、「湘南タイプ」の前面2枚窓ではなく、3枚窓で、モハ(クモハ)51辺りを少しスマートにして非貫通にした感じだった。

 2枚窓になってからも、窓枠のあるタイプからHゴム支持になったりと変化がある。最初の3枚窓のタイプも結局Hゴム支持になったり。

 で、これが80系の一族である荷電のクモユニ81に採用されていたらという

もっとみる
ありがとうございます。
1