見出し画像

『勇気と元気とやる気とパワーが湧いてくる筆文字シリーズ Vol.555』

何をするでも、まず自分がやるって決めること。
それがものすごく大切なんだと思っています。

自分すらやれるって思っていないことを、誰が一緒にやれるって思ってくれるのでしょうか。

だからまずは自分がやれるって思えないと、チャレンジは成功しません。

その光景が目の当たりに出来た場面がありました。

防災訓練で、壁の下に人形が挟まっています。
子どもたちには、
「これがパパだと思って助けてね!!」
って伝えました。

そのときに2人とも盛り上がっていたのですが、その盛り上がり方が長男坊と次男坊では違います。

長男にはいつも、
「パパがいないときに、おうちを守るのは誰だ?ママか?違うよな。お兄ちゃんだぞ!!」
と言っています。

それが入っているのか、困ったときにはオレがやるっていう気持ちを持ってくれています。

ですから消防士の方々の話も、前のめりで聞いています。

そして次男坊はその姿勢を見習って、聞いています。

消防士からの指示にすぐに動けるのも長男坊です。
次男坊も何が出来るのかを探ります。

無事にパパ役の人形が壁の下から引き出されました。

本当に長男坊は真剣に取り組んでいました。
だからジャッキの使い方も、小学6年生で体験できました。

やはり自分がやろうって決めたヒトは強いです。
周囲に仲間が出来ます。

そしたら一人で持ち上がらないと思う石も、2人なら持ち上がるのです。

けれど自分が特にやる気もなかったら、周りだってやる気は起きません。

そりゃ石も持ち上がりませんよね。

何をするでも自分次第。
そして自分次第で結果が変わるっていうことを、肌で体験できました。

長男坊も次男坊もしっかりと成長しています。
ボクも成長を継続しなければ…。

身が引き締まりますが、日々必死こいていきたいと思います。

あなたが今、持ち上げようとしている石は何でしょうか。

まずはあなたが全力で持ち上げようとしましょうね。

今日も最後までご覧になって下さり、どうも有り難うございました。

あなたとのご縁に感謝いたします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただいた贈り物はそっくりそのまま、年間1000枚書いて全国の皆さまにお届けしている直筆はがき代に充てさせていただきます。

これからも筆文字シリーズをご贔屓に😛
2
地域を明るくする超行動派理学療法士として、日々必死こいています。 筆文字で書いたスケッチブックを用いて行う講話は延べ300回、6000人以上が参加して下さるまでに拡がってきました。 ご覧になった方が、『勇気と元気とやる気とパワーが湧いてくる』筆文字を毎日投稿していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。