孤高の天才牧田亮介

物心つけばペットショップは家業になっていた。 生死にまみれた職業であることに気づいていたのにここにいることは、運命というには陳腐な表現だけどそれを認めたくないだけで3年後くらいには肯定しているんだろうな。 成し遂げるべきことがあるからというなら、それを終えるために革命を始めよう。

近日公開!捨てられた犬猫がペットショップを救う物語

もしペットショップが保護犬や保護猫を生み出す存在だとしたら、保護犬や保護猫がペットショップを救う存在になったら面白いし、結果的にもめちゃくちゃ良くないですか? …

生体無料譲渡契約はペットショップに新しい価値を生むエンタメだ。

最初に言っておきますが、今回の話は無茶苦茶長いです。10,000文字位ありますのでお時間がある時にゆっくり読んでくださいね。 ペット業界に革命を!というテーマで事業計…

ペットショップの生体販売は禁止ではなく無料譲渡にするべき理由

今日もお付き合いありがとうございます。 前回に引き続きペットショップに革命を起こすための計画について。 まずはペットショップの生体販売を無料譲渡にする件から。 保…

ペットショップ再構築計画。面白い未来を迎えに行く。

革命を起こす!とは言ったものの、これを読んでいる方からしたら こいつは一体何をする気だ? って話だと思うのでとりあえず目標は掲げておきます。 目標は「2024年まで…

ペット業界に革命を。ファンファーレを鳴らす時が来た。

はじめまして。ペット業界の異端児こと牧田です。 最近思うところがありましたので、自分の思いのたけをぶつけようとnoteを始めました。 とりあえず読んでくれているあな…