見出し画像

投資の楽しさ・素晴らしさって何だろう?-セゾン投信編-語り手:中野晴啓さん(代表取締役社長)

金融機関に投資の楽しさや素晴らしさを聞く突撃取材企画第一弾

最近、ニュースなどで「投資して将来の資産を作りましょう!」と聞くようになりました。ですが、投資って怖いですし中々踏み出せないと思います。

なので、角度を変えて、投資の楽しさについて掘り下げていきたいと思います投資の楽しさをみんなで発見してシェアすれば、きっと世の中の投資に対する見方も変わるはず

というわけで、投資の楽しさを金融機関にヒアリングする企画をスタートさせました。

記念すべき第一弾のゲストはセゾン投信の社長中野晴啓さん

セゾン投信は、独立系運用会社です。社長の中野さんは、日本に資産形成文化を根付かせるべく精力的に活動されています。そんな、金融のプロならきっと投資の楽しさについても熟知しているはず!

ぜひ、投資の楽しさを語っていただきましょう!

語り手:中野晴啓さん
セゾン投信代表取締役社長。1987年、現在の株式会社クレディセゾン入社。セゾングループの関連会社にて債券ポートフォリオの運用業務に従事した後、投資顧問事業を立ち上げ運用責任者としてグループ資金の運用や海外契約資産等の運用アドバイスを手がける。その後、2006年セゾン投信株式会社を設立。現在2本の長期投資型ファンドを運用、販売している。「セゾン資産形成の達人ファンド」は数々のファンドアワードで最優秀ファンド賞を連続受賞。顧客数約15万人、預かり資産額は3,000億円を超える。一般社団法人 投資信託協会理事 公益財団法人 セゾン文化財団理事。著書に『つみたてNISAはこの8本から選びなさい』(ダイヤモンド社)等多数
インタビュアー:TOYOHISA(@toyohisa_jp)
合同会社ユメともCOO。関西学院大学経済学部卒。FP資格を習得し独立後、誰もが"夢と友に"歩める社会を創りたいと合同会社ユメともを創業。趣味は作曲。インタビューで事業者の想いを聞くのが大好きだが、休日はゲームとインドア派。

投資の楽しさって何ですか?中野社長教えてください!

-TOYOHISA-
「中野社長は、"投資の素晴らしさや楽しさ"についてどのようにお考えですか?」

画像1

-中野社長-
「投資というのは自分のお金を経済活動に働きを出すこと。つまり、自分がお金を通じて経済活動の参加者になるということです。」

「傍観者から社会の担い手になるんです。その意識に気がつけば、世界の経済にお金を働きに出すってことは、世界経済を支えている人になるということです。」

「こういうふうに思うだけで投資って気持ちのいいものになるんです。」

「投資はどこかから富を奪ってくるものではなく、そのお金でみんなが豊かになる。生活や人生を実現する糧となる。そのために一生懸命お金が働いているんです。その結果、ありがとうございましたと、増えた分からリターンを貰うのが投資のリターンになります。」

「なので、投資は堂々と気持ちよく、みんなを幸せにする、誰も不幸にしないものなんです。この原理原則を理解して欲しいわけです。」

「これが投資の本質なんです。」

投資ってずっと続けた方がいいの?

-TOYOHISA-
「そう考えると、投資ってずっと続けた方がいいんですかね?」

画像2

-中野社長-
「そうですね。自分が何歳になったからもう投資はやめるという考えって実はおかしいんですね。」

「自分が働いている時は、自分が経済の担い手にいるけど、年を取ったら年金を中心に生きていくことになります。」

年金を貰うというのは、社会から支えてもらう側に回るということです。ですが、その時に身体はヨレヨレかもしれませんが、お金は全然ヨレヨレになっていないですよね。」

「だとしたら、持っているお金を自分の代わりに、もっと素敵になれよ!と働きに出して次の世代を支えていこうと思ったら、死ぬまでずっと気持ちいいんですよ。」

-TOYOHISA-
確かに、それは充実した人生を送れそうですね!」

「ですが、一般的な資産運用では、老後は40,50,60歳になったらどんどんリスクを抑えて、投資はやめていきましょうみたいな風潮あるじゃないですか?この考えって実は違うのかもしれませんね。」

-中野社長-
「確かに、それはちょっと変ですよね。」

画像3

-TOYOHISA-
「むしろ自分の体を動かせないからこそ、お金を働きに出して、自分の体以上に働いてもうらっていう考えの方が素敵ですよね。」

-中野社長-
「これは投資の本質を知っていれば、絶対にそういう気持ちになると思うんですよね。なんで投資するお金を減らさないといけないのか?」

お金に働いてもらっている間に、自分が必要な分だけ取り崩して使えば、それは消費という形で経済活動の担い手になる。」

「つまり、何歳になっても社会循環の当事者なんです。それを、タンス預金で溜め込むのはいかがなものでしょう?銀行に入れること自体も今ではゼロ金利ですから、タンス預金と同様になっているんですね。」

-TOYOHISA-
「銀行が僕たちの預金を活用して、ちゃんとどっかの企業に貸して経済が回り、金利も徐々に上がっていれば、預金も良い選択肢だとは思うんですけどね。」 

-中野社長-
「だからタンス預金もゼロ金利ですし、銀行預金もゼロ金利なんです。」

-TOYOHISA-
「逆にタンス預金が世の中の為になることってあるんですかね。(笑)」

-中野社長-
「タンス預金も子供や孫がどんどん使えばいいかもしれませんね。浪費ってよく言いますけど、浪費も立派な経済活動を担っているんですよ。その人にとっては無駄なことでも必ずそれってビジネスの中に入っているので。」

-TOYOHISA-
「消費でもビジネスが回っていますからね。」

-中野社長-
「浪費は、貯金より世の中の為という視点ならいいのかもしれませんね。」

預金ってぶっちゃけどうなんですか?

-TOYOHISA-
「預金について、ぶっちゃけどう思っていますか?」

-中野社長-
「もちろん預金をすることは意味がないというわけではないですよ。」

すぐに必要なお金はある程度持っていないといけないですから。その機能を担うのこそ、銀行の預金ですよね。でも、たくさんは必要ないでしょう。何千万円もいっぺんに使う人なんかほとんどいないんですから。」

-TOYOHISA-
「そうですね。そんな大金いっぺんに使うのなんて、どこぞのyoutuberか起業家くらいですもんね。笑」

-中野社長-
「現在、預金はお金が本来果たすべき機能を十分果たせていないので、むしろお金がかわいそうなんですよ。」

画像4

-TOYOHISA-
「でもどうしても預金が良いって風潮ありますよね?」

-中野社長-
「なぜ20世紀にみんな預金をするのはいいことだと思っていたのかというと、当時は銀行に預金することが社会の担い手になることだったからです。この発想って、当時の人は考えていないけど、それが社会的正義だったんです。」

「今はどちらかといえば、預金はその役割を果たせていないのではないか。これは日本という国の経済ステージが変わってしまったからですね。」

「これだけ日本の経済ステージが大きな変化をしていることに、僕ら自身の価値観がついていってないんですね。」

「だから、それをみんなに気づいてもらって、社会全体の価値観をアダプトしていくのが僕らがやらないといけないこと。僕らは、それをセゾン投信を通してやっています。」

-TOYOHISA-
「やっぱりこういったことってちゃんと世間の皆さんに気づいて欲しいですよね。どうしても投資は儲ける、儲けないと投機の考えが強いですよね。それって本質じゃないですよね。」

画像5

-中野社長-
「それって人の欲望を煽っているだけですよね。欲望に火をつけると人は行動しますよね。今のビジネスは人の欲望に取り入ってビジネスチャンスを物にするものも多いですから。」

「そうではなく、僕らは人の善良な部分に火をつけるこれをやっていくことで全く違う結果って出せるはずなんですよ。」

「僕らはこれをこれからも情熱を持って続けていきます。」

-TOYOHISA-
「ありがとうございます!本日は、とても勉強になりました!」

TOYOHISA のあとがき

画像6

セゾン投信の代表取締役社長中野晴啓さんに"投資の楽しさや素晴らしさ”について語っていただきました。

投資の本質は、自分がお金を通じて経済活動の参加者になること。しかも!老後も継続して投資をした方が世の中の為になる!という驚きの真実も知ることができました!

投資ってどうしても怖いイメージがありますよね。

要は考え方だと思うんですね!自分のお金が社会の為に役立っているならそれってとても素敵なことじゃないですか!でも減るのはやっぱ怖いですけど(笑)

ちょっとの勇気と考え方ですね!

この記事を読んで、投資に興味が出た方は、こちら「【インタビュー】セゾン投信中野晴啓社長-日本人が資産形成(投資)をすべき理由とオススメの投資手法について-」にて、日本人が資産形成(投資)をすべき理由やオススメの投資方法まで語っていただいています。

公的年金の今後や銀行の現状まで、丁寧に解説してもらっていますので、ぜひ目を通してみてください。とっても勉強になると思います!

この記事を読んで「よかった!勉強になった!」という方は、ぜひSNSなどでシェアしていただけるとありがたいです。

それでは、また次回の企画でお会いしましょう!

TOYOHISA(@toyohisa_jp)


<セゾン投信の公式ホームページ>


<なぜこのnoteをやるのか?について>


↓下記もぜひよろしくお願いします↓

当記事が挿入されたマガジン。
今後も様々な金融業界のプロとの対談を予定しています。

初心者がゼロから資産運用を始めてステップアップしていくマガジン!初心者目線で読者と一緒に成長することを目指します!一緒に一歩を踏み出そう!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7
マネとも!noteは、金融サイト「マネとも!(https://monetomo.com)」のnoteです。"金融に想いと楽しさを"というコンセプトのもと、お金についてエモーショナルに楽しく学べる記事を掲載します。運営:合同会社ユメとも

この記事が入っているマガジン

お金のプロフェッショナル×マネとも!取材&対談編
お金のプロフェッショナル×マネとも!取材&対談編
  • 4本

日本を代表するお金のプロフェッショナルたちとマネとも!の取材&対談コンテンツです。事業者の熱い想いをたくさん感じることが出来ます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。