見出し画像

ヨーロッパを旅した100の感想:2.日本って本当に治安がいいの?

はじめに言っておきますが、私は生まれも育ちも大阪で仕事のために東京の高円寺に4年間住んでいました。ついでに長野や山梨などの田舎の方にも仕事で住んでいたことがありますし、仕事柄日本全国幅広く行ったことがあります。なので比較的日本の治安が如何様なものなのか相対的に分かるつもりです。

 世界から見た日本の安全度

以前CNNのニュースでこのようなものが出ていて驚いたのを記憶しています。

イギリスのエコノミストがまとめた世界の安全度ランキングです。​世界の主要都市60をデジタル、衛生、インフラ、治安について100点満点で評価したものですね。

正直、私がこれを見た感想は「日本はそこまで安全な国だとは思わない」ということでした。ただ、このランキングの10位に入っている国に今回の旅では一つも行ったことがないので比較のしようがないのが残念です。

このランキングを見ると東京が1位、そして大阪が3位でしたが大阪の安全度が東京よりも低いのはなんとなく分かります。

ただこれは、衛生面やインフラも加味されているのでこういった順位になるのはまあ自然かもしれません。日本をほとんど知らないヨーロッパ人でも日本についての最低限の知識として「清潔な国」というイメージは持っている方は多かったので。

画像2

旅した国の治安について

私は今回10ケ国(実際は12ケ国)をほとんど一人で旅をしていました。

数カ国は友達や先輩が一緒でしたが、ほとんど一人で過ごしていたので治安に関しては人一倍気をつけていたつもりです。そんな私のその地域の治安の測り方は二つあります。

一つは街のグラフィティーアートの数。やはり町中に落書きがされていたら、それだけで街として整っていない感じがしてしまいます。これは、世界的にというよりも日本でもそうです。街の落書きの数で夜の外出を控えようかどうしようかの判断基準の一つになることは大いにあると思います。

もう一つは直感ですね。街に降り立った瞬間ヤバみを感じる時は絶対に暗くなってからは外に出ませんし、人気のない通りは昼であっても通りません。ベルギーのブリュッセルとイギリスのマンチェスターがこれに当てはまりますね。要は、街の雰囲気なんです。街を歩いている人々の活気や淀みを感じて判断するという感じです。

もちろんこれは私の感覚なので、決してこの街が危ないから気をつけろといっている訳ではありません。昼間と夜間で表情が変わる街なんて日本でだってたくさんあります。しかし、用心するに越したことはないんです。特に海外の一人旅は。

ただもう一つ治安を判断する番外編として紹介すると、留学中に会ったクラスメイトから判断するというものがありました。

私がロンドンに留学していた際に、同じクラスにチェコ出身の子とトルコ出身の男の子がいたんですが、その子たちはロンドンの街のど真ん中で留学初日に財布を盗まれるという悲劇にあっていました。二人の見た目は、大柄で明らかに厳つそうな感じだったので、失礼ながら私は外国の人も外国で盗難にあうことがあるのかと面白く思ったのを覚えています。しかし財布をどこから盗まれたのか聞いたら、二人ともズボンの後ろポケットに入れていたところを盗まれたと言っていて、ロンドンでそのお財布の管理法は明らかに迂闊だと私でさえ分かりました。

ただ同時に、トルコやチェコはそんな風に財布を持っていても盗まれることがないくらい治安がいいのだなと感じましたね。

その後、チェコに行った際に確かに夜でも一人で歩けるほど治安の良い国である印象を受けたを覚えています。

画像1

もちろん、ヨーロッパは日本よりも比較的治安が悪いというのは共通認識としてどの国に行くとして持っていて正解だと思います。

フランス、スペイン、イタリア、イギリス、その他どの国の人にも「あなたの国は治安がいいですか?」と聞いたら絶対に「最低限の注意は必要だが、首都以外は大丈夫だ」って答えてくれるんです。

ただ、これはその国の人の場合の話だと私は思っています。

私は見るからにアジア人です。それだけでヨーロッパでは異質な存在で、狙われる確率が格段に上がるんです。彼らの言葉を参考にしてもいいですが、いつだってアジア人としての用心は必要です。

そして当たり前ですが、首都は人も物もあらゆるもので溢れかえっています。何もせずとも絶対的に注意しなければならない場所であることは間違いありません。東京もです。

私の感じた違和感

ここで冒頭私が話した「日本が安全だとは思わない」という理由についてお話ししておきます。

私は生まれも育ちも大阪で、東京に仕事で4年住んでいました。だからこそ言えます。この2つの都市に住んでいて安全だと思った事はほとんどありません。

もちろん、夜でも一人で歩き回ったりする事はできます。しかし、そんな事はドイツでもチェコでも、なんなら田舎のイタリアやイギリスでも可能なんですよ。日本だけではありません。日本にいても、大阪や東京では常に細心の注意は払いながら生活をしています。

画像4

大阪では、もちろん地域によりますがガラのよくないところでは昼間でも直感的に危ないと感じる場所は存在します。ヤクザもいます。そして心斎橋や難波ではひったくりやスリだっているので人混みのなかに行く時は少し緊張します。

東京も最近の歌舞伎町は比較的マイルドになったとは言え、初めて上京してきた子を連れて行けるほど安全な場所には感じません。最近は観光地化しているので、整備されてはいるでしょうが一人で通るのが怖いときもあります。そして、私が住んでいたあたりも時々中国人が刃物を持って深夜に走り回ったりしていたこともあるので、暗くなってから外に出るのが怖かった時もありました。

私が大阪にいた時によく近所の人たちから言われていたのは、「東京は鬼のようなところだから住むようなところじゃない」ということでした。

というのも当時たまたま近所の知り合いの中で、東京に就職で上京した娘さんたちが東京で強姦被害にあって大阪に帰ってくるという事件が立て続けに起こっていたせいもあると思います。もちろん、全員そんな被害にあうとは言いません。しかし、一人だけじゃなく何人かが近所でそのような被害にあったら東京の印象は一気に悪くなってしまうものです。

私も4年程東京に住んで、怖い思いをしたことがないかと聞かれるとゼロとは言いきれません。しかし知り合いが近くに住んでいたこともあり、なんとかなっていたこともあり、泣いて大阪に帰るような事態にはなっていません。

これだけ聞くと、「治安のいい日本」像が覆ると思いませんか?もちろん日本の全てがそうだとは言いませんし、大阪や東京にだって穏やかで治安のいい地域はたくさんありますよ。

それと同じように「外国」の全てが日本よりも治安が悪い訳ではないと思ってしまうのです。

私の感じる治安の良さとは

ただ海外の人から日本の治安について聞かれた場合、私は間違いなく「東京でも大阪でも治安がいいから大丈夫」と答えるでしょうね。

人間の毒はいつだって弱いところに出ていくものです。いつだって立場が弱い人間や、弱そうに見える人間が被害にあうんです。女性や子供、高齢者、障害を持つ方やホームレスなど。こういった方達は、いつだって屈強な成人男性よりも被害にあう確立が高いでしょう。

そういう点から見た時に、「外国人」というものは被害に会いにくいのではないかと思います。特に日本では。

画像3

なのである意味では冒頭で紹介したエコノミストのランキングは正しいのでしょうね。「外国人観光客が感じる治安の良さ」というのはそいうことです。

もちろん、名古屋や京都や他にも安全な日本の地域はいっぱいあると思うんですよ。でも、世界的に認知されている主要都市として紹介するならその二大都市というだけで。

「日本人あるいはアジア人であっても安心して歩けるほど穏やかな街」は、相当田舎に行かないと存在しないようにも思いますが。


もちろんこれはあくまで私の一意見です。

全て「人による」し「地域にもよります」。ということをお忘れなく。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

毎日不安で書き続けている私の原動力です。ありがとうございます!
3
東京で映画人をやっていた大阪人。イギリスのスコットランドが大好き。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。