見出し画像

言葉が軽くなっていく。

初投稿になります!
おはようございます、こんにちは、こんばんは。ももしぃです。
普段は、SE(システムエンジニア)として働いている、社会人3年目だよ。

アイコンcyann (2)


突然ですが、私の口癖は「ごめんなさい」です。
人によっては勇気を出して言う言葉だと思うし、何が問題なんだ?という感じかもしれない。
大人になればなるほど、謝罪はできなくなってしまうと聞いたこともある。
ただ、私の場合、これは間違いなく悪癖です。

何か悪いことをしてしまった時、例えば、遅刻とか失念とか。
そういった時、「やってしまった!申し訳ない」という気持ちが、まず真っ先に出てくる。
ただ、そのあとに、「ごめんなさいって連絡しなきゃ」という思考になる。

謝罪する状況に、慣れてくる。
すると、だんだん、頭で考えずに、定型文みたいな連絡ができるようになる。
話す言葉が空虚になっていく。
そして「ごめんなさい」以外の言葉も、感情と乖離して口をついで出るようになる。

最近ついに、LINEで友達と会話をしていて、どう返したら相手が喜ぶか適切な言葉を選ぼうと考えている自分がいて、ゾッとしました。
そんなの楽しくないし、相手にも失礼。(←これは、こう書かなきゃって思って書いてるんじゃないよ!)

この状況から抜け出すためにできること、それは、まずは「ごめんなさい」を言わなきゃいけないような状況をつくらない、ということだと考えました。
期限は守るし、遅刻はしないし、忘れ物もなくす。
自分にもごめんね、って言いたくないから、やると決めたことは気持ちを誤魔化さずにやる。

時間かけてもいいから、克服していきたいなあ。
きちんといろんなものと向き合って、言葉にこだわっていきたいなあ。
ぬけだそうと、思います。


※この記事は、前田デザイン室ぬけだ荘」プロジェクトに関するものです。↓「ぬけだ荘」の詳細はこちら!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
13
キラメキラリ✨|本業SE|コピーライター| ▶前田デザイン室39期▶コッピ―TV工場▶磯島クラス