宅建士の資格試験勉強や更新に役立つ教材本

宅建士の資格を取得するため試験勉強に便利で有利な役立つ本を作成!私と同じ宅建士合格を目指す仲間の助けや道しるべになる教材本を独自作成。宅建士証の更新時の法定講習にも参考に♪ 宅建士の教材や本⇒ https://tousi.fc2.net/blog-category-10.html

宅建士の資格試験勉強や更新に役立つ教材本

宅建士の資格を取得するため試験勉強に便利で有利な役立つ本を作成!私と同じ宅建士合格を目指す仲間の助けや道しるべになる教材本を独自作成。宅建士証の更新時の法定講習にも参考に♪ 宅建士の教材や本⇒ https://tousi.fc2.net/blog-category-10.html

    最近の記事

    宅建業者になる

    1,宅建業法ってなに?A,宅地建物取引業の定義 ・免許が必要な宅地建物取引業とは、 「宅地」や「建物」の「取引」を「業」として行うこと。 そして、免許を受けて宅建業を営む者のことを 「宅地建物取引業者」という。 「宅地」の定義 1.今現在建物がある土地は「宅地」 2.建物を建てる目的で取引をする土地も「宅地」 3.用途地域内になる土地であれば「宅地」 用途地域内にある土地であっても、現に道路、公園、河川、水路、広場の用に共せられている土地は「宅地」から例外的に除かれる。

      • 契約を結ぶときに問題となること(売買契約時)

        1、契約ってなんだろう~契約の成立要件など~A、契約の全体像 ・「契約」とは「約束」のこと。 代金と不動産の交換、支払う義務を負うこと。 ・契約の成立に必要な要件は、 お互いの「申し込み」と「承諾」が「一致」することで成立します。 したがって契約書を作らなくても、たとえ「口約束」でも契約は成立。 ・契約は申し込みと承「諾」だけで「成」立する契約 ということから諾成契約(だくせい)と言う。 ・契約の「有効」とは、効果があること。 ・契約の「無効」とは、効果がないこと

        • 不動産に関する税金

          1、不動産に関する税金の全体像A、税金が課せられるさまざまな場合 ・不動産取得税---不動産を取得した時の税金 ・固定資産税---固定資産を保有した税金 ・取得税---売却した時の儲け・譲渡所得や利益を得た時の税金 ・印紙税---売買契約を結ぶ際に契約書に貼る印紙の税金 ・登録免許税---所有権を移転登記する税金 ・贈与税---BがAに無料タダでもらった場合の税金 B、税金の分類 ・国税と地方税の2つがある ・国税---「所得税/印紙税/登録免許税/贈与税」 ・地方税-

          • 都市計画法

            1,街づくりの出発点~都市計画法の目的等~A、都市計画法の目的 ・都市計画法の目的は、住みよい街をつくることです。 積極的に住みよい街をつくっていくところが都市計画区域です。 ◆街づくりの流れ ・「都市計画区域等の指定」場所を決める ⇒「都市計画の決定」方針を決める ⇒「都市計画事業・都市計画制限」様々な事業や制限が行われる B、都市計画区域の指定 ・都市計画区域の指定権者。原則は、都道府県。 例外は、2以上の都府県や市町村にまたがる都市計画区域の場合は国土交通大臣